ギリトラワンガンへの旅@バリ島からはなれて~ 1日目 | ばりばり通信 バリBAGUSらいふ

ばりばり通信 バリBAGUSらいふ

バリ島から発信中。バリ島でのゆる~い生活をゆる~く書いてます。別名のんべい日記。


テーマ:

日本からの友人がきてまして、2泊3日の旅にでておりましたー。


 


ギリトラワンガンは、バリ島の隣ロンボク島にある離島のひとつ。


バリからスピードボートで1時間半とアクセスもよし。簡単にいけてしまいます。


スピードボートの会社がホテルまで迎えにきてくれるので、楽々。


 



クタから約1時間半くらいでパダンバイにある港につきます。そこからスピードボートに乗船。


そんなにゆれることもなく、寝てる間についてしまいました。


 


バリ島は雨季の真っ最中ですが、ちょっときただけで全然天気が違うのですよねー。


 



アグン山も途中見えましたが、ご機嫌よろしい様子。


 



 


最後にギリにいったのがもう10年くらい前かな?なので、ずいぶんかわったと話をきいてたので


きっとかわったんだろうなーと思ってはいたんですけどね。


たしかに店や宿は増えてました。でも、まだまだ素朴さがのこってて安心しました。


 


まずは宿に向かう前に腹ごしらえってことで、船着場近くのカフェへ。



こういう離島って、ローカル飯以外は期待できないよなーって思ってるんですけど、最近のギリトラワンガンはすっかりインターナショナルになってて、こういうごはんもおいしくいただけました。


 


 



島の移動は馬。チドモと呼ばれる馬車。これが、結構なお値段してましたけど


まぁ、島の物価は高いんだろうし、どの人にきいても同じ値段だったから、まぁ、こんなもんなのかなと。


 


宿は島の裏側へ。馬車に乗ること20分くらい。


 



 


今回の宿は『Le Pirate』です。


かわいいエコロッジ。部屋の中はシンプルですが機能的。シャワー、テラス部分にハンモックがかかってたり


お昼寝できそうなクッションがあったりで、室内はせまいですが、くつろげます。


目の前はビーチ。



きれいーーー。で、こちらはサンセットを見れる側にあるので、サンセット期待しておりました。



若干水平線に雲がありまして、はやめに沈んでしまいましたが、きれいでした。


 


で、夜は再び、チドモにのって、にぎやかな船着場のほうへ。ナイトマーケットがにぎわってるというので、


行ってまいりました。ローカル屋台がでておりまして、ナシチャンプルやらもたべれるんですけど


チキンのサテーやら、シーフードがならんでまして、焼いてもらっていただけます。


一皿にごはんと串刺し2点と惣菜1品で50,000ルピア。



こんなかんじで、シーフードの串刺し。暗いから何食べてるのかよくわからなかったですけど


おいしかったです 笑


 


翌日はアイランドホッピングしてシュノーケリングへ~!


ってことで、つづきます。


 


 


ラブラブぽちっとお願いしますラブラブ


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村


 


 


ギリトラワンガンへはWAHANA社のスピードボートで。

まきまき0614さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス