前々から気になっていたこちら。醤油ベースに特化したラーメン屋さんだと聞いていたので、醤油好きとしては「ぜひ行かねば!」と勇んで訪問。

 

1階はカウンターのみ4席ほどで2階もある。縦に長い感じの面白い造りですね。

1階は満席だったので2階へ通されましたが、ここは2階の方が落ち着くかもチュー

上がるとテーブル席とカウンター席があって、窓もあり木のカウンターも清潔感があるしいいね。ミスチルも流れてる。音譜

 

そしてやはり醤油好きなら、一番黒い「黒竹」だろうと迷わず注文です。、醤油辛さとフルーティーの融合だそう。楽しみ♪ 

さて提供時間がまず早い!これは嬉しいですね。そして出てきたラーメンはただ黒いだけではなく、表面に脂がキラッと輝きメチャ好みのビジュアル。やや透明感もあり、そしてかなり好みの味でもあります。雰囲気としては関東の醤油と関西のお出汁文化を見事に融合させたようなバランスがすごい。(実際は京都のお醤油屋さんです)フルーティーさはブドウを隠し味に使っているとかいないとか。 

そしてまた麺が素晴らしい。超絶好み。京都ではやや太めになるかと思う麺の太さですが、全粒粉ではあるんです。でも弾力が!もちもち感が!昔タピオカを混ぜた麺というのがありましたが、まさにそんな風合いを感じさせる弾力は、癖になる。替え玉したいわ。 

みな麺類出身の大将のようですが、この麺は新しい気がする。昨年オープン以来、京都一美味いという声も、ちらほら聞くこちら。きれいな店内、行き届いたサービス。いやいや、ちょっとツボにハマりました酔っ払い