京都はなかなかお手軽で美味しいお寿司屋さんが少ないのです。

それでも何とかリーズナブルな(回らない)お寿司屋さんを開拓中。

そして、知人の料理屋さんご夫婦に教えてもらったのがこちら

やまびこさんです爆  笑

でもあまり教えたくないので、サラッとね。

こんな感じの老舗です。

 

とりあえず初めてですので「お手軽コース」を。

これが何と祇園で3500円!!

まずは芋のソーダ割を頂きながら

最初にフグ皮ポン酢を。

というか、予定よりも早過ぎて到着したにもかかわらず

ほぼ待たされずに、一品目が出てくる。

このテキパキさが、お寿司屋さんには大事というか、そういうお店が好きふんわりウイング

 

そして銀鱈の西京焼き酔っ払い

大好物。焼き加減も皮目がパリッとしてたまらん。

身はふんわりとろけるよう。

で、おでん!

うれしいですね~お寿司屋さんのコースでおでんが出てくるなんて。

しかも京都の薄味のおでんではなくしっかり色がついた沁み沁みおでんラブ

このこんにゃくがかなりうまい笑い泣き奥まで味がしっかりグッ

あれ、順番逆だったかな。お造り盛り合わせも素敵です。

カンパチ、こうでなくっちゃね~~~という食感ですよちゅー

 

で天麩羅盛り合わせまでおいで

芋系は苦手なのですが、カボチャが小さいの一個入ってきただけで

後は全部たべられる♪この率はなかなかないのでうれしいルンルン

すでに、もうお酒を飲みながらお腹いっぱいになってきましたが

ここから握りですニヒヒ

うぎゃっっ大好きな蟹だ乙女のトキメキ乙女のトキメキ乙女のトキメキ

 

このお寿司のラインナップも素敵ですが、とにかくネタ良しシャリ良し、

めちゃ好みの感じですね。シャリはやや多めですので食べごたえもあり

腹パンですが、せっかくなので、もう少し追加してみて赤出汁を、もうちょっと後に。

シソ巻き頼んだら、「山芋入れましょうかウインク」とのお声でいれてもらいました。

こういうのも嬉しいですね。

 

 

このあなごがもうフワトロで酔っ払い

知人がマグロと穴子は食べておいたほうがいいとのことでしたが

食べてよかったよーーー笑い泣きお腹いっぱいだーー―アセアセ

 

そして赤出汁で〆ました。なぜかニコちゃんニコニコ顔になっていたので、

それも何だかほっこり。幸せハートハートハート

 

 

日本酒や芋ソーダをいくらかお代わりして

追加分も含めておひとり6000円ほどですよラブ

もうお腹死ぬほどいっぱいになりましたし、焼き物揚げ物と

どれも堪能できるこのコースは断然お勧め。

 

ただし、あまり写真をバシバシ撮る感じではないので

(撮っちゃいましたが恐縮しながらでした)、

それとご常連の年配の方たちの憩いの場でもあるので

その雰囲気を壊さないほうがいいかも。

わたしも白髪になってから「ここで、ワインと寿司、

最後にちらしをお持ち帰りで」なんて粋な感じで訪れたいウインク

 

その後常連さんが頼んでいたちらしを撮らせていただいた(恐縮です)

 

これこれおいで

海鮮ちらしはこんな感じが大好きなので、これ今度食べたいなぁ。

これお持ち帰りか、すごいなぁ照れ