バリ島 アセンションの旅⑥ 胃痛 で苦しんだ末 見えた世界 | 大阪、淀屋橋、本町、肥後橋のバリニーズマッサージ・痩身エステ Bali Luxe (バリ・リュクス)

大阪、淀屋橋、本町、肥後橋のバリニーズマッサージ・痩身エステ Bali Luxe (バリ・リュクス)

大阪、淀屋橋、肥後橋、本町のプライベートサロン
たった1回で癒されながら痩せるバリニーズ痩身でダイエット。
バリニーズマッサージとデトックスと体質改善、小顔矯正、フェイシャルも好評です。スクールでは技術、理論、経営学を学んでいただけます。

 

大阪バリエステサロン&スクール

 

Bali Luxeの濱田です。

 

 

 

 

胃痛にくるしんだ3日目、ちょっとリアルなお話です。

 

 

 

 

 

3日目の途中から胃の調子がおかしくなり(前兆はずっとあったのですが)途中で帰ろうとするも、車で揺られるのもしんどく、何度も車を停めて吐き、車を停めて吐きして帰るまでにもう10回くらいは吐いて、脱水症状。

 

持っていたお水も全部飲み干し、バリ島の山の方ですからお水を買うのも一苦労。何十分も脱水で胃酸で口の中が焼けるように痛く非常に苦しい状態。

 

 

 

 

 

今までバリ島で気分は悪くなったことはあってもこれは初めて。

 

ここで色んなことに自信を持てなくなってきました。

 

 

 

 

 

今回バリ島に来るまで非常に迷い、本当に私一人で行っていいか、変更したスケジュールがこれでいいか、何度も迷ってきました。

 

2日目のペニダ島の参拝も、この3日目の登山やムルカットも、この順番でよかったのかどうか。

 

また、旅の後半には離島にいく手配をしていて、それが予算を上回るプランになったことに無茶がなかったかどうか。

 

 

 

 

 

体を壊した時って、何事も自信がもてなくなるんですねチーン

 

よけいなことがぐるぐるぐるぐる頭をよぎり、もうげっそり感MAX…

 

「今日は15時頃には帰るね」と言っていたのに、何度も休憩しながらヴィラに向かったので着いたのは18時を回っていました。

 

 

 

 

 

それでもヴィラに帰って2~3時間休めば体は回復するかな?と思っていました。

 

(胃だし…と侮っていました。)

 

 

 

 

 

ヴィラに帰るのが言ってた時間より遅くなったので、マネージャーさんもオーナーさんも結婚式や儀式が重なっていて外出中。

 

それはいいとしても明日も朝早いからもう今日のうちに宿泊代をお支払いしておかなきゃ…と一報を入れてベッドで休むことにしました。

 

 

 

 

 

あと、次の日からの旅のガイドさんに、「もしかしたら明日無理かもしれない」と一応連絡をいれておきました。

 

 

 

 

 

 

この時点で次の日どうなるかfifty fifty

 

 

 

 

 

どうしよう、明日からの離島行き、行きたいのに、行けないかもしれない。

 

行けたとしても、向こうでは船旅だから100%楽しめないかもしれない。

 

このまま、この居心地いいヴィラで休むほうが自分に優しいよね。

 

もしかしたら今回のバリ島の旅は、「何もせずに休む」という旅なのかもしれない。

 

…いろんな思考をめぐらせながら、ウトウトベッドで寝ていました。

 

 

 

 

 

目が覚めるとオーナーさんたちが結婚式や儀式が終わり、お部屋にきてくれていました。

 

薬をいただいたり、お隣に住んでいらっしゃるという看護師さんを呼んできてくださっていたり。

 

また、もし明日出ていけなかったとしても、ここに居てもいいとおっしゃってくださいました。

 

心配していただいて、体をマッサージしてくれたり、これまでずっと一人で考え、頑張ってきた私に、とっても深い愛情を感じました。

 

 

 

 

 

 

この時の状態だけだと、次の日、全く行けないことはないなと自分ではわかっていたのですが、ここ最近さぼっていることがありました。

 

それは 「自分で決める」 ということ。

 

 

 

 

 

自分の決めたこの旅に自信がなく、迷うことが多々ありました。

 

その迷いからか、バリ島に出発する前に、「その島に行くのをやめなさい」とお告げされる夢まで見ました。

 

 

 

 

 

だから、この時も、「誰かに止められたら行くの辞めよう」と思いました。

 

 

 

 

 

看護師さんに看てもらったときに、「胃にきてるね、何かにあたったとか、何かに感染しているのではない(下痢がないから)」と言ってもらったときに、「じゃぁ行けるかな!」と思ったり、「明日はやめておいたほうがいいよ」と言われ、さらにわからなくなりました。

 

「止められたら辞めよう」と思ったにもかかわらずね 滝汗

 

 

 

 

 

 

「どうしよう、どうしよう」と言っている私に、オーナーさんに言ってもらった一言。

 

 

 

 

 

「もう何も考えずに寝なさい」

 

 

 

 

 

その一言にハッとしました。

 

そう、疲れが出ているのは、確かに予定を詰め込んでいたのもあるけど、進むごとに、本当にこれでいいかな?と思ったり、これで正解だった!と答え合わせをしたり…

 

常に考えていたんですね。

 

 

 

 

 

そら寝ていても体も休まらないし、体の調子が整ってない時ならなおさら回復はしない。

 

 

 

 

 

今一番大切なのは、「考えない」こと。

 

明日起きた時に決めよう!と思い、すべてを委ね寝ました。

 

 

 

 

 

次の日からの飛行機も、船も、前日の晩だと何もキャンセルできない。

 

とりあえず、急な連絡になって迷惑をかけないように、ガイドさんには連絡だけをいれておいて、寝ることにしました。

 

「ギリギリまで大丈夫です」といってもらったのも救いでした。

 

 

 

 

 

朝、4時半ごろに目が覚めた時に、一番最初に

 

「行けるかも!!行きたい!!」と思いました。

 

昨日まで悩んでいたのがウソのようです。

 

 

 

 

 

曇っていた世界が、クリアに見えるようになりました。

 

 

 

 

 

それでも動くと少ししんどかったので、大事をとってもう1時間だけ休もうとベッドに戻り、うとうとしていました。

 

そしたら、5時半になって「トッケイ、トッケイ」とヤモリの鳴く音が耳の傍で聞こえました。

 

昨日の晩に、ヤモリが1匹お部屋に入ってきているな~(バリの田舎ではけっこう当たり前)と思っていたのですが、ベッドの傍まできていて、その鳴き声で起こされたのです。

 

 

 

 

 

時間を見ると5時半!!

 

シャワーを浴びてパッキングして出発するのにジャストな時間です。

 

 

 

 

 

これで確信が持てました。

 

目覚ましもかけずに寝てしまっていて、ヤモリにこの時間に起こされたということは、行っていい!!笑

 

 

 

 

 

病み上がりでいつもどうりには体は動きませんでしたが、「行きたい!」という気持ちを大切にして準備をしました。

 

 

 

 

 

そして6時半、ドライバーさんが迎えにきてくれました。

 

 

 

 

 

分厚い雲から脱し、濱田京子の冒険の第2章が始まります!!

 

 

 

 

 

 

 

今の私たちに必要なこと

 

今回、体を崩して気づかされたのは、将来のこと、今の自分のことなど、いろんなことに悩んでいる人も多いと思うのですが、そういう人たちにきているのは、体の疲れではなく、「考えすぎによる疲れ」ではないかと思うのです。

 

 

 

 

将来どうなるか、自分はどうしたらいいのか悩んでいる方が非常に多いです。

 

 

 

 

 

今、地球はものすごい変化を迎えていて、目まぐるしく情報や状態が変わっていっています。

 

今までの当たり前の感覚や固定観念にしばられていたニンゲンは付いていくのがタイヘン!

 

 

 

 

 

 

私もそうです。

 

何か事象が起こるとそれが起きた原因とか背景をさぐる。

 

本当にこのまま進んでいいかを試案する。

 

 

 

 

 

 

ちょっと前までは、やりたい事が明確で、もっと直感に基づき行動することができていました。

(狭い世界だったからね)

 

 

 

 

 

でもそこから世界は多様化しました。

 

さらにはSNSによる情報量の増加、そしてスピリチュアルな観点からの考えも溢れています。

 

 

 

 

 

色んな人の言うことが目に入るようになり、いろんな人の価値観が入るようになってきました。

 

 

 

 

 

いろんな人が固定観念を外し、多様化する世界、そこに地球の変化によるエネルギーの動きが入るから、すっごい気流の中を通過しているように感じるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

でも、どんな時でも、目を向けるのは、自分の心の中。

 

「その島に行くのをやめなさい」と夢の中で言われたのは外。

 

「明日はキャンセルね」と言われたのも外。

 

 

 

 

外で起こっていることに考えを張り巡らせるより、結局は自分がどうしたいか、どう生きたいか、というのを心の中をすみずみまで見てあげることが、人生にとって必要なことなんですね。

 

 

 

 

 

私が胃痛になったのは、「行きたい」という気持ちがあったにも関わらず、「本当に行っていいのかな?」とアレコレ考えすぎていたからだと思うのです。

 

 

 

 

 

オーナーさんが仰ってくださったようにあれこれ考えるのをOFFしたとき、本当に心も頭も体も休まり、起きたときに、「行ける!行きたい!」とスッとクリアな答えが自分の中から出てきました。

 

それでもまだちょっと自信がなく、決定づけたのはトッケイの鳴き声(外)なんですけどね、笑

 

 

 

 

 

その時のスッキリ感は今でも鮮明に覚えています。

 

だから、旅の後半、思いっきり楽しむことができました。

 

 

 

 

 

情報も、人の助言や価値観も大切ですが、まずはすみずみまで自分の心の中を見て、自分の世界を実現していく。

 

 

 

 

 

私は、好きな仕事、好きな旅をさせてもらっていますが、今回、改めて自分の「想い」に素直に従い行動することができましたし、苦しい時間を味わうことによって、皆さんにも「自分の中を丁寧に見て、その中の想いを叶えることの大切さ」 を、このバリ旅の記事を通して伝えられるんじゃないかと思い、ちょっとしんどかったこともこうして詳しく綴ってみました。

 

 

 

 

 

旅はいろいろあります。

 

人生も。

 

トラブルのような出来事も、これがあったから人の温かみにも触れられたし、後半はもっとぐっと楽しめましたよ♡

 

さぁ、バリ島ブログは後半に突入します。

 

これまでこのブログにはなかったようなワクワクする冒険。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

ご予約お問合せ      ホームページ

 

      友だち追加数  
           

 


 

 

 お客様のお声 はこちら口コミ
 バリニーズマッサージ の特徴は  こちら
 「バリニーズ痩身」 については  こちら
 ブライダルエステコース  こちら
 マッサージ・エステスクール 開業コンサル   こちら
 アクセス   こちら

 

 


大阪 肥後橋、淀屋橋、本町のバリエステサロン&バリニーズマッサージスクール
Bali Luxe  ― バリ・リュクス―
http://bali-luxe.jp/
大阪市西区京町堀1-7-22 8F
Tel:06-6441-4880
Mail:info@bali-luxe.jp
Open:12:00~22:00 (最終受付21:00)完全予約制
※施術中はお電話にでられないことがございます。ご了承ください。


アクセスはこちら
肥後橋駅7番出口から徒歩3分
淀屋橋駅12・13番出口から徒歩7分
御堂筋線 本町駅2番出口から徒歩8分
梅田や心斎橋駅からは地下鉄・御堂筋線をご利用ください。