「お客様の声」ありがとうございました | 新宿占い館バランガン占い師 美和明のブログ

新宿占い館バランガン占い師 美和明のブログ

新宿バランガン占い師 美和明(みわあきら)です。いろいろ書いてます。暇つぶしに最適です。

こんにちは

スピリチュアルカウンセラー
新宿バランガン 美和明です。


いつも新宿バランガンへ
お越し戴きありがとうございます。



なかなかブログで
ご紹介出来ずにいますが、

バランガンホームページ
「お客様の声」にも
感想をお寄せ戴き
ありがとうございます。



本日は
「お客様の声」に
お書き寄せ戴いた

お客様の声について
書きたいと思います。


都度 皆さまからお声を戴き
感謝の日々です。

戴いたお声を
全てをこちらに
書かせて戴きたいのですが、

書きたい事がたくさん有るのに
なかなか追いつかない状況のため



時間が経ってしまい


しばらく後に
同じ方が違う内容の
ご相談をくださったり

状況が良くも悪くも
変わっていたりして

ブログ掲載のタイミングが
ちぐはぐになってしまいました。


そのため
ツイッターで
時々
お礼をさせて戴くに留めています。



ですが

今回はお詫びも込めて

また美和の鑑定に対する思いを
書かせて頂ければ と思います。







nwd23様へ


この度は
苦しいお気持ちに寄り添う鑑定が出来ず
大変申し訳ございませんでした。



初めて鑑定に来てくださった時

彼とのことを
お話しする表情が美しく

心から
応援したい気持ちになりました。



良いカードが並び
心から応援しました。


でもこの時点で
私の占いは
逸脱していたかもしれません。



私もたくさんの恋をし
実ることもあれば 
破れることもありました。


結果も大事ですが

恋によって自分自身が
成長させてもらえた
と思うので


恋するお客様全員に
心から
お祈りさせていただいています。


ただし

応援すべきは
占いが終わった後です。



私の場合

占い中 お客様に
良い結果が出てほしいと
思いが強くなる
自覚があったので


「占いは平常心。
常にニュートラルな気持ちで」

という鉄則から
離れてしまいがちです。


時々熱が入り過ぎるのを
日々反省しておりますが

今回は特に猛省しております。



2度目の鑑定に来て戴いた数日前に
ご自身の結果を 

別の先生を経由し
お手紙でくださいましたね。

お辛い気持ちの中
私に書いた下さったお手紙は

今も大事に私の家に保管しています。



今回「お客様の声」を読んだ後
戴いていたお手紙を
改めて読み

nwd23様のお気持ちや
私の良くなかった点を
思い出していました。

言い訳になりますが

手紙を戴いた後のご来店2度目の時

吹っ切れたように映りもしました。


同時に

目の奥に
悲しみや苦しみも感じました。


今までの恋を
こんな苦しい気持ちなのに
それでも応援し続けるべきか?

新しい恋を応援すべきか?

どうすればnwd23様が
より幸せになれるのか?を考えるも

頭の中は
正直混乱してしまいました。

これは私の未熟さ故にです。


悩んでいらっしゃるのは
目の前のご相談者様。

占い師は
占いの結果を伝え

どうすべきかを一緒に考えます。



最終選択はご相談者様。



だからこそ占い師は
占いの結果に肩入れしてはいけないと
思っています。


例えるなら
占いは
見えない天秤にも思えます。

天秤(タロットやあらゆる占術)を持つ
占い師が、
片方のお皿に おもり(個人感情)を、
占い師の思いを足してはいけない
と美和は思います。


でも占い師も人間です。

お話をお伺いして
ご相談者様の想いが深いほど、
目の前のご相談者様が大好きなほど

平常心でいるのは正直難しい事です。



「切り替えが早い」と言った件については


やりきったから
切り替える気持ちになったのかな?
いろいろな気持ちを

乗り越えようとしていらっしゃるのかな?
思いを巡らせていました。

そんな中で発した
この言葉を私も覚えています。


全ての思考が
私の中で止まってしまいました。


占いは

ご本人の中にある運や
強みを見つける事。


結果は
お客様ご自身の思考と
神のみぞ知る事…。


うまくいってほしい為に
その聖域に踏み込み過ぎ、
どう表現してよいか迷いつつも

平常心に
集中しようとした結果、

言葉として表現出来ずにいました。


私の態度が様に対し
冷たく出た印象を与えてしまい
本当に申し訳ございませんでした。


お心に添えなかった事
傷ついたお気持ちを

結果
さらに傷つけた事を
お詫びいたします。

もしいつか 
鑑定させて戴ける事があれば
大変嬉しく思います。

勇気を持ってお声を寄せてくださり
ありがとうございました。


美和 明