これはとても実践的な良い方法です。

わたしも今は毎日この方法を心がけています。

 

こんなに一日を細分化するということは考えていませんでした。

でも、こうすることで、一日行うことがルーチンになったり、

マンネリ化したりすることがなくなります。

そうしても仕事は、ルーチンの部分も多くあります。

それを、ため息混じりで行うのと、節目ごとに意識しするのでは

人生の感じ方がだいぶ変わってきます。

 

こうすることで、何か良くないことが起こっても

それを引きずらずにすみます。

 

******************************************

1日は多くの節目に分かられるし、まったく同じ節目にいる人は誰もいない。

また1日の節目はどれも違っていて、どれも素晴らしい。

この節目を硬直的なスケジュールにする必要はない。

重要なのはある節目から別の節目に移るとき意識すること、

そしてある意図から別の意図に移るのを確認することだ。

 

たとえば、朝目が覚めたとき、あなたは一つの節目に入る。

目覚めた後ベットから出るまでの時間、それが一つの節目だ。

次の活動の準備をしている時間。それも一つの節目だ。

 

自分が新しい節目に移ると気づいたとき、一瞬立ち止まり、

はっきりと声にだして、あるいは心の中で、次の節目で自分が一番望むことを

確認すれば引き寄せの法則によって、自分の意図に調和する思考や状況や出来事、

あるいは会話や他人の行動が引き寄せられてくるだろう。

 

目覚めた後ベットから出る節目で、その節目の意図を確認しよう。

意気揚々と胸を弾ませて一日を始めたい。そう確認すれば、ベッドから起き上がった

頃には今日一日に対する新鮮な期待がわくだろう。