LHJメソッドで不調から解放! 筋肉をゆるめリンパ液の循環改善すると体は何歳からでも変われます!

LHJメソッドで不調から解放! 筋肉をゆるめリンパ液の循環改善すると体は何歳からでも変われます!

コリやむくみ・たるみ、ボディラインの崩れ … LHJメソッド・さとう式リンパケアの施術とセルフケア講座で健康増進のお手伝い!


テーマ:

保健PR誌の企画で理学療法士の

笹川大瑛(ひろひで)さんの

関トレの撮影をしました。

 

6月に笹川さんの著書を読んで関心を持ち、

何度かお会いして理論などのお話を

いろいろ聞かせてもらいました。

 

関トレは筋肉の過緊張と筋力低下を一緒に解消するメソッドです。

 

単に筋繊維を増やしマッチョを目指すのではなくて、

症状改善を意図した筋トレといえます。

 

 

       

    肩甲下筋を〝促通〟しながら記念撮影!?

 

 

 

対象とするのはたった12の筋肉なので、

一度覚えてしまえばやりやすいことや、

立っても座っても横になってもできるので、

いろいろな生活シーンに取り入れやすいこともあって、

〝筋トレ嫌い〟なワタシですが、この半年間続けられています。

 

 

  

 

撮影終わりにカメラマンの柿崎さんも関トレを体験。

二人の表情のコントラストが秀逸です爆  笑

ほんの1〜2分のプチ体験でしたが、

「おっ!? 腰が軽くなってるびっくり

(個人の感想です 笑)

 

これは生涯続けられるセルフケアに加えたいメソッドですビックリマーク

 

 

 

 


テーマ:

最近、理学療法士・笹川大瑛さんの

筋肉の過緊張(コリや痛み)を起こす根本原因は

  特定の筋肉の筋力低下である」説について考察していたら、

不思議なことに眼科の取材でも

筋肉の過緊張・筋力低下というキーワードが出てきました。

 

先日「スマホ老眼」の取材で眼科専門医の

平松 類 先生にお話を伺いました。

平松類先生

 

目のピントは眼球の「水晶体」というレンズがあって、

それを取り囲む「毛様体筋」という筋肉が伸び縮みして

レンズの厚みを変えることで

手元を見たり遠くを見たりというように調整してます目

 

 

 

老眼とスマホ老眼の違いは大雑把に言うとこんな感じ。

 

老眼

→ 水晶体が硬くなって厚みを変えられなくなる毛様体筋という筋肉の「筋力低下

 

スマホ老眼

→ 水晶体は基本的に大丈夫で、毛様体筋という筋肉の筋肉疲労・過緊張状態。

 

スマホ老眼は主に毛様体筋の筋肉疲労ですから休んだりケアすることで改善可能ですが、

老化などで筋肉低下を起こす(筋肉自体が弱くなる)と元に戻すのは難しいそうです。

筋力低下、恐ろしいですね〜ガーン

(ボディの骨格筋の筋力低下は筋力トレーニングにより回復可能です!)

 

毛様体筋の筋肉疲労・過緊張状態が慢性的に長期間続くと筋肉低下を起こしてきます。

だから眼(視力)のアンチエイジングケアには

小まめな「毛様体筋の筋ユル」がとても大事なのですが、

毛様体筋はとても小さな筋肉で、

肩や腰の筋肉みたいにコリ・過緊張を自覚しにくいため

ついケアを怠りがちになり、近視や老眼が進ませてしまうのだとか。

 

平松先生はその毛様体筋をゆるめる「眼トレ」に加え、

ガボールパッチ」を推進されています。

これは、目に入ってきた情報を処理する脳を鍛える方法で、

いわば眼と脳の連携機能を高める「脳トレ」です。

やり方は、ガボールフィルタという縞模様をただ眺めるだけという超カンタンなものビックリマーク

今月平松先生の本が出たのでさっそく試してみたいと思います音譜


テーマ:

特定健診の結果が出た翌日、Iさんはニコニコしながらやってきました。

 

「いくつかの項目で数値が改善してると言われましたアップ

お医者さんは今年も良くなかったら薬の治療を始めるつもりだったと笑っていました。

まだメタボ該当は脱しきれていないけれど、

このペースを維持すれば生活改善だけで大丈夫と言われました爆  笑」

 

 

「おーっ、それはよかった。さっそく健診結果表を見せてもらえますか」

 

 

 

Iさんの検査結果を見ると、

昨年と比べ体重が5.5kg腹囲7cm減っています。

腹囲はあと3cm減らせばメタボ基準から脱します。

これまでに7cm減らせたのだから、

来年の健診までは軽々クリアできるでしょう音譜

 

肝機能血糖が大幅に改善しており、

糖代謝がよくなり脂肪肝が解消されつつあることがうかがわれます。

医師が評価したのもここの変化だと思われます。

 

中性脂肪は2ヵ月半で25%減少できたので、

もう少し日常の生活活動をアクティブにしてエネルギー消費量を稼げは、

自然と正常範囲に向かうはずです。

 

腹囲・血糖・脂質・血圧が正常範囲となれば、

次の健診では十数年ぶりの脱・メタボ達成となります。

 

「これまで意味のわからん数字の羅列だった健診結果表だけど、

検査の意味とかを詳しく教えてもらって改めて見てみると面白いもんですね。

こうして数値が良くなったからこそなんでしょうけどてへぺろ

食事とか運動とかも含め、

こんなに自分の体に関心を持ったことは、

これまでの人生でなかったです

 

「自分の身体を慈しむ気持ちが湧いてきましたか?(笑)

大切に扱っていけば中身も外見ももっと良くなりますよ。

目指すべきは長寿じゃなくて〝健康長寿〟ですね。

ところで奥さんは何かリアクションありましたか」

 

「健診結果を見たあとにボソッと

『あのメソッドってどうやるの?』

って初めて関心を示しました。

そのうちセッション受けたいと言ってきたらよろしくお願いしますビックリマーク

 

「Iさんのお腹がさらにスリムになったら『私もやりたい』って言いだすかもですねウインク

 

 

 

 

このたびの成果は

Iさんが努力を楽しみに変える工夫をしながらコツコツと

セッションとセルフケアを継続できた結果です。

慢性化・薬物治療を回避することができ、

脱・メタボへの道筋をつけられたことは

本当に良かったと思います。

 

(Iさんの生活改善サポート記 : おしまい)

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス