LHJメソッドで不調から解放! 筋肉をゆるめリンパ液の循環改善すると体は何歳からでも変われます!

LHJメソッドで不調から解放! 筋肉をゆるめリンパ液の循環改善すると体は何歳からでも変われます!

コリやむくみ・たるみ、ボディラインの崩れ … LHJメソッド・さとう式リンパケアの施術とセルフケア講座で健康増進のお手伝い!

 

肩や腰が痛くて整形外科に行っても、

レントゲンなど検査に異常が見当たらないからと、

「異常ありません。痛み止めを出すのでそれで様子を見てください」

と不満と不安を残したまま帰された経験はありませんか?

 

これまでの医療では、「痛み」を診断材料としては重視する一方で、

検査で異常がなければ患者さんが痛みに苦しんでいても

治療の対象としては軽視されがちなところがあります。

では「痛み」自体を治療対象とするペインクリニックとは

どのようなことをする科なのか、

都立大ペインクリニック院長の新井由紀子先生にお話を伺ってきました。

 

 

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

ペインクリニック といえば治療の中心は「神経ブロック」。

これは痛みのある神経やその近くに局所麻酔薬を注射することで、

一時的に神経の興奮を抑え痛みを取る方法で、

硬膜外ブロック・星状神経節ブロック・関節内注射・トリガーポイント注射など

多くの種類があります。

 

でも、麻酔薬の効果は2時間程度だから、

それが切れたら元に戻ってしまうのでは??

ずっと疑問だったことを新井先生に尋ねました。

 

「そう思われがちですが、

神経を一時的にでも休ませることにより

痛みの悪循環を断ち切るので、

麻酔が切れた後も改善されている状態が持続します」

 

「痛みの悪循環」ってなんですか?

 

「痛みが続くと交感神経が緊張し、

血管や筋肉を収縮させ血の巡りが悪くなります。

そのため組織へ送られる酸素や栄養が不足し、

老廃物が蓄積します。

その結果、痛みを起こす物質が蓄積し、

さらに痛みを引き起こすことが繰り返されるようになります。

症状が慢性化すると、

もともとの痛みの原因がなくなっても痛みの悪循環が残って、

いつまでも痛みが取れなくなります。

神経ブロックで痛みを取るとそこへの血流がよくなって

痛みを起こす物質が洗い流され、酸素や栄養分、

自然治癒力を助ける免疫物質などを全身に供給するので、

麻酔が切れた後も

注射前と比べて患部が改善されている状態が持続するわけです。

ちなみに神経ブロックは基本的に健康保険で治療できます。

 

 

 

痛み止めの薬などで凌ぐのではなくて、

血液・体液の循環改善を促し

自然治癒力を高める

のが目的だったわけですね。

 

でも肩こりや腰痛の場合、神経ブロックで症状が改善しても、

元々の原因である「筋肉や関節を動かさない生活」をしていると

再発しやすいそうです。

メンテナンスのため定期的にペインクリニックを利用する方もいるとか。

最近だとコロナの影響で生活リズムの変調や運動不足で

症状が出た患者さんも来るそうです。

やはり普段から筋肉や関節を動かすセルフケアを

意識して行うことが大切だと思いました。

 

 

【参考資料:ペインクリニック診療対象例】

■どんな痛みに?

頭痛・顔面痛・肩こり・頸椎症・腰痛・腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・帯状疱疹・五十肩、膝の痛み・癌性疼痛など

■痛み以外

自律神経失調症・顔面神経麻痺・顔面痙攣・痙性斜頸・突発性難聴・更年期障害・多汗症など

 

 

 

 

 

 

 

まぶたが垂れ下がってしまう眼瞼下垂。

「たるむのは歳のせいだから…」とあきらめていませんか。

 

眼瞼下垂は先天性のものもありますが、

大半は加齢に伴って現れます。

目を開けようとするときに働く

「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」や

「ミュラー筋」が機能しない状態や、

まぶたの皮膚がたるんで被さる状態が原因で起こります。

最近ではハードコンタクレンズ長期利用の影響で、

40代でも眼瞼下垂になるケースが増加しているそうです。

 

ひどくなると視界が狭くなるため、

転倒や運転ミスなど事故の原因にもなり、

眼精疲労、頭痛、肩こり、腰痛、うつなどの症状を伴うなど、

生活に支障が出ることも。

 

上まぶたが視野に被さってくることから、

常に少しあごを上げた状態でものを見るなど、

無理な姿勢をとるようになり、

それに付随する筋肉が緊張して

肩こりや頭痛が引き起こされるんですね。

こういったケースでは、

まさか眼瞼下垂が原因とは気づけないですよね。

 

眼瞼下垂の効果的な改善方法は手術しかありません。

まぶたの手術というと、美容整形のイメージがありますが、

「眼瞼下垂症」という診断がつけば

病気として健康保険で治療することができます。

手術は片目で1時間程度ですが、

レーザーを使う医療機関だとさらに短時間で終わるそうです。

費用は状態により変わりますが、

両目で5万円程度(3割負担の場合)とのことです。

美容目的(自由診療)で同じような処置をしたら

10倍20倍の金額がかかることでしょう。

 

 

今回お話を伺ったのは、

JR大井町駅直結のアトレ内にある

アイクリニック大井町院長の

 

愛新覚羅 維(あいしんかくら い) 先生。

 

なかなかお目にかかることのないお名前です。

歴史に詳しい方はピンと察しがつくことでしょう。 

東京大学医学部附属病院、東京逓信病院などでの臨床経験も豊富で、

英語と中国語でも対応してくれるという才色兼備。

それでいて気さくにお話してくれる先生でした。

 

栗原クリニック東京・日本橋院長の

栗原 毅先生にお話を伺ってきました。

 

栗原先生は、慶應義塾大学や東京女子医科大学の教授を歴任された肝臓専門医で、

現在はクリニックで消化器、代謝系疾患全般の治療に取り組まれています。

 

今回のテーマは栗原先生が提唱する「糖質ちょいオフ」療法について。

多くの患者さんが実践して短期間に効果を出しているというのです。

 

実際の臨床データを見せてもらったのですが、

わずか3週間程度の実践で

 

中性脂肪(基準値150) 571 → 161 に改善したり、

 

糖尿病の目安になるHbA1c(理想値は5.5以下)

6.5から5.9に改善したケースもありました。

 

HbA1cは変化が出るのに通常1か月半かかるものなので、

栗原先生自身もこの変化に驚いたそうです。

 

この実例はMOOK『内臓脂肪を落とす名医のワザ』(宝島社)にも掲載されています。

 

 

栗原先生の療法には5つの実践項目があるのですが、

その一つ「高カカオチョコを食べる」は意外でした。

 

「えっ!? 糖質オフなのに、ダイエットなのにチョコを勧めるんですか?」

 

「そう!  ただしカカオ70%以上のもので1枚5グラムを1日5回ね」

 

これは1日25グラムの高カカオチョコを数回に分けて摂取し、

3か月間食べ続けた実験データに基づくもので、

カカオのポリフェノール量は赤ワインの数倍も高くて

 

脂肪を燃焼させる

血糖値を下げる

血圧を安定させる

肝機能やコレステロール値が改善

便秘を解消し腸内環境を改善

イライラ解消や認知症予防に役立つ

など幅広い健康効果が認められたとのこと。

 

ポリフェノールは体内にためておくことができないので、

25グラムのチョコを5グラムずつ、

毎食前とおやつの時間の5回に分散して食べるのが理想的なんだそうです。

 

「高カカオチョコはカカオ成分が高いほど効果も高く糖質も少ないけど、

食べやすいのは72%かな。多少甘さがあっておやつにちょうどいい。

続けられることが大切です」(栗原先生)

 

[参考]チョコレート効果CACAO  

 72%  →  1枚(5g)のカカオポリフェノール 127mg・糖質1.6g

 86%  →  1枚(5g)のカカオポリフェノール 147mg・糖質1.0g

 95%  →  1枚(5g)のカカオポリフェノール 174mg・糖質0.6g  

 

 

あまりチョコレートを食べることがない私ですが、

物は試しとさっそく「チョコレート効果CACAO  72%」を購入してみました。

 

個人的には5つの実践項目のうちの

たんぱく質をしっかり摂りアルブミン値を上げて筋肉を強くする

が参考になったので、

高カカオチョコと併せて取り入れてみようと思います。