管理栄養士&フードコーディネーター&ジュニア野菜ソムリエの

コーゲヨーコです。



ここ最近巷で噂になっていた

上院510法案「食品安全近代化法」

(Food Safety Modernization Act)

について書きますね。


この法律が通ると、
家庭菜園で育てることや

販売、種子を持つ事が違法

なるかもしれないということで、

「自由の国アメリカが?」

「きゅうりを家で育てたら、捕まるの?」

「地産地消で売っている朝市とかもなくなるの?」

「オバマ大統領夫人は、家庭菜園や学校菜園を訴えているのにどうなの?」

「日本も影響受けるの?」と

先週はぐるぐる頭を巡らせていました。

詳しいお話は、コチラ

      ダウン

====================

家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する食品安全近代化法の票決迫る!
Senate Bill S 510 Food Safety Modernization Act vote imminent: Would outlaw gardening and saving seeds
マイク・アダムス(ヘルスレンジャー)

By Mike Adams, the Health Ranger

2010年11月16日

上院510法案「食品安全近代化法」 (Food Safety Modernization Act)は、

「米国の歴史で最も危険な法案」言われている。

この法律により、人々が食べ物を栽培し、売買し、輸送する権利に対し、
米国政府は新たな権限を得ることになる。

ビッグブラザーに、あなたの家庭菜園のトマトを取り締まる権力を与えることになるのだ。

直売所でキュウリを売る人を逮捕・投獄する権限が認められることになる。

連邦政府の独裁的な規則を遵守せずに有機製品を輸送すると

犯罪になる。

「これは、人々が自由な選択によって農産物や食べ物を耕作、

売買、消費することに対し、最も攻撃的な権限になるだろう。

憲法に反するだけでなく、自然法にも反している。

もっと言えば、神の意思に反している」とカナダ・ヘルスの告発者

Dr. Shiv Chopraと述べている。

http://shivchopra.com/?page_id=2



この暴政的な法律では、全ての食糧生産(家庭菜園で作った食べ物も含む)が国土安全保障省の管轄下になる。

かの全裸スキャナーで乗客に痴漢行為をしているTSA(運輸保安局)を所轄しているのと同じ国土安全保障省である。

この法律により、家庭菜園でレタスを栽培し、地元の直売所で販売しただけで、重罪犯人(密輸業者)として逮捕する権限が米国政府に与えられる。

また、これにより、米国は、世界貿易機関(WTO)と国際食品規格(Codex Alimentarius)に自国の食糧供給に関する主権を売り渡すことになる。

さらに、種の貯蔵も犯罪になり、代々受け継がれた種を貯蔵して家庭菜園をしている人は一般犯罪者になってしまう。

これには、明らかに、モンサントなどの企業に種子を独占させる意図がある。

小規模な食品生産者に不当な書類作成の負担を課して廃業に追い込み、食糧供給の能力を大規模な多国籍企業に一層移すことになる。

  http://tamekiyo.com/documents/healthranger/bill510.html より転載

=====================


映画「フードインク」にも,関連した話がリアルにでてきます。

よくFDAという名前ききませんか?

昨日のブログ「遺伝子組み換え食品」にも出てきましたよ~。

この機会に、皆さんも覚えておいてくださいね。

====================

アメリカ食品医薬品局=FDAとは?Wikipedia)より

食品医薬品局(しょくひんいやくひんきょく、FDA; Food and Drug Administration)は、食品や医薬品 、さらに化粧品 、医療機器 、動物薬、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行うアメリカ合衆国 の政府機関である。



食品安全・応用栄養センター Center for Food Safety and Applied Nutrition (CFSAN)

CFSANは食品一般に関する安全性を追求することによって国民の健康に資することを目的とする。

また、

遺伝子組み替え食品の安全性についてもCFSANは評価している。

FDAは遺伝子組み換え食品の安全性について十分に研究し、抗原性がないこと、食品中に毒素が増えていないこと、許可されていないような食品添加物がないこと、重要な栄養素は減少していないことを挙げ、すなわちこれらの遺伝子組み換え食品はその組み換え以前の食品と比べても安全で遜色のない完全な食品であると言うことを主張している。

====================


映画「フードインク」の中にもありました。

現在アメリカの牛や豚・鶏肉の生産は、

わずか4つの巨大企業が独占していて、

それぞれが、行政に大きな影響力・圧力を持っています。

食料と医薬品の安全を管理する政府組織FDA

(食品医薬品局)の役員は、

食品会社や薬品会社の重役が兼任していて、

管理能力は、どん底に低下しているそうです。


だから、昨日の「遺伝子組み換えの謎」も、

いいのか悪いのか、あきらかにしないのも

そういう背景もあるのでしょう。

そういうところからも、「フードインク」観てね!



管理栄養士コーゲヨーコの「バランス喰楽部」-hu-doinnku

   画像、クリックしたら見れるよ!


さて、冒頭の話ですが、

この週末いろいろ調べたところ、

この法案の目的は、食べ物の安全性を高め、

食品会社の信頼性を高めるためのもので、

食品安全関連の法案としては、1930年以来の

大きな改定だということです。

FDAの権限を高め、食品施設の検査の回数を増やし、危険性についての分析を要求し、予防も要求するというものです。


一番の関心事だった「家庭菜園」については、小さい企業や個人の栽培してるものについては、例外となるということです。

詳しく言うと、

食品ビジネスによる年間50万ドル以下の収益の小さい会社や、農業などを営んでいる拠点から、275マイル以内の顧客やレストラン・スーパーマーケットに直接売っている会社などは、今回の法律の対象からは除外されるとのことです。

なので、家庭菜園で作った野菜などは、この法案の対象にはあたらないそうです。

  転載先→http://noguchiseed.com/



合格最後まで 読んでくださってありがとうございました。
ランキングに参加しております。

大変恐縮ですが、クリックをお願いいたします。ダウン
3つあります。(毎日の励みになります音譜

     ダウン          ダウン

管理栄養士ヨーコさんの「バランス喰楽部」脱カロリーで正しい食事指導教えます!-ランキング 健康ダイエットブログランキング参加用リンク一覧

     ダウン
管理栄養士ヨーコさんの「バランス喰楽部」脱カロリーで正しい食事指導教えます!-栄養士

本日「人気ダイエットランキング22位
「健康ダイエット第4位

「栄養士ブログ第1位

いつもありがとうございます!

頑張りますので、

またよろしくお願いいたしますm(u_u)m

ありがとうございます。

管理栄養士コーゲヨーコの「バランス喰楽部」-hu-doinnku


管理栄養士コーゲヨーコの「バランス喰楽部」-1

「フードインク平野氏のダイエットブログ」