犠牲者的な生き方から脱出しよう!! | 運命は遺伝する! 「こじらせ女子」を卒業しませんか?

運命は遺伝する! 「こじらせ女子」を卒業しませんか?

米国・中国・マカオで特許取得した「心のバランスを整えるための方法」
新次元思考テクノロジー ミロスを伝えることで、
見えない世界と見える世界の橋渡しをし、
生まれ持った本質に目覚めさせるオンリーワンナビゲーターとして、活動しています。

自立した強い女性♪だと思っていた
元祖「こじらせ女子」

新次元思考テクノロジーMIROSSで、
運命、目には見えない世界を、
高次な意識の視点で解き明かす!

オンリーワンナビゲーター
田坂美紀です♪




マンツーマンで、
悩みや問題をつくり出している
あなたの無意識に働きかけて、



ヒントや突破口を見つけだす
ミロスカウンセリング♪



どんなに探しても
見つからなかった答えが、


自分の中にあることを、
実感できます。




あなたの人生が
一気に紐解かれ、



無意識がつくり上げた
偽りの自分から抜け出し、



本来の自分に戻っていけるんです。




受講感想
カウンセリング
ありがとうございました。



このタイミングで
起きてる現象をはっきり知る、見る、



そして自分のプログラムを
認めるという体験をさせてもらいました。



自分のプログラムの
あまりの酷さ、醜さ、



そして親子兄弟姉妹関係の戦い、
葛藤が中々終わらず、



常に恐怖、不安に
脅かされてきていた私。





ミロスは自分を知る事、
プログラムを理解する事
と聞いてきたものの、



何度も繰り返す現象を見ると、
まだ終わってないのかと、
無意識に問題解決に
突っ走っていました。



常に過去に引っ張られ、
足に重石を乗せて、
幸せにならない様にと生きていました。




今回、カウンセリングの空間で、
自分のプログラムをはっきり知る、
認める、受け入れる事ができました。







母と兄を通して見ているのは、
自分の中の男と女
だと、



漸くノージャッジで、
不安や恐怖、抵抗感なく
見る事ができました。



カウンセリングの中で、
田坂講師から、



私が母に見たものを
自分の評価にしていた
という事を聞いた時には、



まさにそうだあ!と、
口がアングリとなりました。





あまりにも強烈で激しく、
酷く醜い!と強烈に嫌い、



見ない様に聞かないようにと、
耳も口も心も塞ぎ、




その中でいい子でいる事で、
納めよう、平和にしようとしてきた、
私のパターンが創り出した現象の中で、



自ら被害者を演じ、
背中にずっと罪悪感を貼り付け、




その為に、これまでずっと
手放す事ができずにいた
母子癒着の関係・・・






今回の体験で手放すと、
いままで私に何でも
押し付けていた姉達が、



すっと動いてくれ、
事が動きだしました。



母に感じていた
頑張っても報われないプログラムを、



自らも歩み続けてたんですね。

image


最後に田坂講師が
「あなたは自分の事を諦めて、
母を助けに行っていた。
自分が自分を諦めていた」




この言葉は、ズキューンと来ました。



正に正に、これまで自分を諦め、
ずっと母の為、人の為に生き、



できません!イヤです!が
肝心なところで言えず、



犠牲者的な生き方をしてきてました。





今回自分を生きる!!
と決めた事で、



母と兄に起きてる事を
動ずることなく観る事ができました。



そして、
今回のカウンセリングの空間で、



はっきり知る、認める、
受け入れる事ができました。



田坂先生、
ほんとにいつも寄り添い、
そしてはっきりとズバリ言ってくれて、



盲点をついてくれて、
ありがとうございます。




ミロスの愛の空間に、感謝です。




あなたは、どうなりたいですか?


こちらでお待ちしております。


次回カウンセリングは、

12/4(土)
12/5(日)
12/10(金)


お申し込みはこちらからどうぞ↓
田坂カウンセリング詳細・お申込みフォーム


個別に設定できる、
プライベートカウンセリングは、
ライン公式からご希望日時を
お知らせください。


LINE公式
ご登録お願いします!
↓↓


新次元思考テクノロジーMIROSSは、
米国・中国にて特許を取得しています。
☆米国特許番号:U.S. Patent No. 10814094
☆中国特許番号:China Patent No. ZL201780053422.7

文部科学省の「地域と学校の連携事業」に、
株式会社ミロス・インスティチュートが提案する
「いじめが消えるテクノロジー」が採用され、
文科省関連事業「学校と地域でつくる学びの未来」に掲載されました。



↓講師紹介ほか↓