今朝の朝んぽで

さてどっちの方向に行こうかと

迷っていた貘です。

一生懸命鼻を使って進むべき方向をチェック

悩んだ挙句

黒柴のくうちゃんち経由で帰宅です。

くうちゃんのお家の前で

駐車場の小屋の側で寝ていたくうちゃん

前にあった時より痩せて見えました。

貘が通りかかっても気づかずに寝ていたのですが

貘がくうちゃんをいつもより長く見つめていたら

何かを感じたのかキュンキュン鳴いてました。

くうちゃんのお家を離れたら、

何となく寂しくなったオカンです。

あのばくちゃ~んドンが見れなくなったんだと

貘はイヤだったかもしれないけど

くうちゃんの貘への愛ある挨拶だったんだよ。

それが見れないなんて本当に寂しいよう。

オカンが悲しい顔をしてても

どうしたというお顔をしてくれない貘ですが

感じることがあったかな(願望)

ただ…オヤツが欲しかっただけ…か。

 

 

 

犬 2つのランキングに参加しています。1日1回応援のポチっをよろしくお願い

 

   にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ダルマ いつもありがとうございます ダルマ