三年寝太郎

テーマ:
寝太郎昔、昔あるところにいつも寝てばかりいる変な男が住んでいました。
人から悪口を言われても、子供からからかわれても一向に気にしませんでした。
それでも子供のときは普通の男の子でした。ある日とつぜん眠り始めたのです。
床から出てくるのは、どうしても我慢できなくなってお手洗いに行くときだけでした。
戻ってくるとまた眠ってしまいました。
ところで村は干ばつで困っていました。
神様に雨をお祈りしても無駄でした。
そこでみんなは寝太郎が寝てばかりいて働かないから神様が怒ったのだと思いました。
みんはは寝太郎をこらしめてやろうとやって来ました。
すると目を開け、床から起き上がると、あくびをしてぶつぶつ言いながら家を出ていきました。
山の上にゆっくりゆっくり登ると、寝太郎はぶつぶつ言いながら、大きな岩を押しはじめました。みんなはそれをみてこう思いました。
「あの岩を動かすのはとても無理だ。」
それでも寝太郎は一生懸命岩を押しつづけました。
すると岩が揺れはじめ、とうとう谷に向かって転がっていきました。
そしてもっと大きな岩にあたり、そしてもっともっと大きな岩にあたり転がっていきました。
そして川の流れをせき止めました。
川は流れを変えて畑に流れ始めました。
みんなは大喜びです。
畑は田植えの水で一杯になりました。
寝太郎はいつも干ばつのことをかんがえ、その良い方法を考えていたのです。
寝太郎は家に帰るとまた眠ってしまいました。
AD
サテライトオフィスパソコンやファックスの急速な普及とともに、ホワイトカラーが都心の職場ではなく、自宅近くに設置された小型のオフィスに出勤し、ネットワークを通じて職務を進めることもできるようになりました。
これがサテライト・オフィス制度であり、富士ゼロックスなどの一部の企業が実験を試みています。

最近は、会社組織ですが、オフィスビルは持たず、全国各地に散らばる社員たちが通信回線を介して結ばれ、互いの能力を活かして仕事をする企業形態も増えていて、これはSOHO(ソーホー)(small office/home office)現象と呼ばれています。

かくいう僕の勤めているオフィスもそうなのですが・・・。
AD