ACL予選 メルボルン・ビクトリー戦 ※試合は見てません | Fの戯言~フロンターレと48の日々~

Fの戯言~フロンターレと48の日々~

川崎フロンターレと
AKB48グループの
応援ブログです


テーマ:

帰宅したら負けてたでござる。

まあ、そりゃそうなるよねぇ~って感じです(苦笑)

ガンバ戦のスタメン見たら、ここでリカバリーが効かなくて負けることぐらい完全に想定内でしたよ、ええ。

中2日で赤道またいで南半球まで行くわけですからね。

この試合を本気で勝つつもりなら、ガンバ戦では相応のターンオーバーがなされていたはずなんです。

でも、ガンバ戦はほぼガチスタメンだったでしょ?

つまり、ウチはこの試合よりもガンバ戦のほうが大事だと思っていたってことです。

そのとおりになっただけなので、別にことさら文句を言うようなことはないなぁって。



まあ、他人はとやかく言うでしょうけどね。

でも、そんなことは今に始まったことじゃないし、鹿島や広島あたりも散々言われてたことだし別にって感じです。

ここでギャーギャー喚いてくる連中は、例えベスト4ぐらいまで勝ち進んだとしても、そこで韓国のチームあたりに負けでもしたら結局ギャーギャー喚いてくるわけで。

そんなの、もう本当に知らんがなって感じですわ(苦笑)


DAZNマネー?


新体制発表会のときに藁科社長が言ってた言葉がすべてです。


「我々はまだ受け取る権利を得たということです」


権利を得る→使い道を考える→お上にお伺いを立てる→審査を通って認可が下りる→それではじめて使える、それがDAZNマネー=理念強化配分金です。

実際に金を受け取って使うまでに相応な時間が掛かるものなんです。

それを知らないというのは、単なる”情弱”です。

以上。



もう一つ、DAZNマネーの使い道についても藁科社長はこう明言しています。


「このお金を5年先、10年先にもフロンターレが強く、そしてフロンターレを支えてくれる皆さんが幸せになれるような使い道を考えていきたいと思っています」


つまり、今年1年かぎりのような短期的な使い方はしないと、社長自ら公の場で明言してるんです。

ACLの「A」の字もない。

それどころか、この文言を見れば、大物外国人獲得にDAZNマネーを投入するようなこともないことが容易に想像できるはずです。

いや~賢い、実に賢い。

大金を得た瞬間にパーッと散財するヤツにろくな人間はいませんからね。

そうでしょ?

宝くじが当たったからって言ってパーッと散財するヤツがその後どうなるか?なんて、ちょっと考えたら分かりそうなもんじゃないですか。

ウチのフロントは、そんな愚は犯さないということです。

実に賢く、そして誇らしい。

今回は現場が下手こいて残念ながらACL制覇の夢は露と消えそうですが、それとフロントの金の使い方をごっちゃにしてギャーギャー言ってくるヤツは”情弱”として切って捨てましょう。

ただでさえ負けて悔しいときにそんな輩の相手までするのは、精神衛生上よろしくないですからね。



まあ、試合の映像を見てないんで、今言えることはこれぐらいですねぇ。


一つ、完全に想定内の結果なんで今さらグダグダ言わないこと。

一つ、ギャーギャー言ってくる輩は精神衛生保全のためにも相手しないこと。



その他サッカーの内容や感想については、後日あらためて記事にしたいと思います。

以上、本日はこれにて解散!

Fさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス