ACL予選 上海上港戦 ~名前優先の起用はやめましょう~ | Fの戯言~フロンターレと48の日々~

Fの戯言~フロンターレと48の日々~

川崎フロンターレと
AKB48グループの
応援ブログです


テーマ:

ゼロックス杯の後にも書きましたが、開幕から5試合ぐらいはこんなもんだと覚悟しておくべきです。

僕はとっくに覚悟してるので、こんなクソみたいな試合を見せられても今さら屁でもありません。

というか、クソみたいな試合になるのは当然っちゃ当然なんです。

だって、コンディションが全然整っていないんだもん。

コンディションが悪いと一つ一つのプレーが遅れがちになって、その分相手に詰められて焦ったり判断が遅れたりしてミスが出ます。

今のフロンターレが、まさにその状態だと思います。



この試合では、とにかくファーストタッチがことごとく決まらないというシーンが散見されました。

ファーストタッチが決まらずボールが流れた分、相手に詰められて焦ってミスを連発。

そんな状態で中央を崩そうとしても、無理。

というか、そもそも憲剛とネットというセンターラインのコンディションが最悪なので、この二人を経由してしまうとミスどころか相手にボールをプレゼントしてしまうという悪循環に陥る始末。

この二人をスタートから使うというオニの判断は、まったく支持できませんね。

今の状態ならネットのところには守田、憲剛のところにはヨシトで、残り20分ぐらいから憲剛投入というのがベストだと思います。

今は、この二人をスタートから使っちゃダメです。



攻撃のところで言えば、ニアゾーンをまったく攻略できていないのも問題だと思いました。

サイドの深いところからクロスを上げるまでは行けているのですが、そこからさらに中央に切り込んでニアゾーンを攻略するというシーンはほとんどありませんでした。

中央のユウがまったくボールを収められない以上、ニアゾーンを攻略できるか否かに全てが掛かっていると言っても過言ではありません。

それがゼロックス杯に続いてまったくできていなかったのですから、これは意外と重症なのかもしれないなぁ、などと思った次第です。



守備に関しては、奈良ちゃんの状態が気になりました。

失点は、奈良ちゃんが繋げないのに無理に繋ごうとして判断が遅れた結果、相手のスローインになったことが原因でした。

奈良ちゃんはロングボールの目測を誤ってあわや失点の大ピンチを招いたりと、その球際にガツガツ行く派手な見た目とは裏腹に、看過できない凡ミスを何度か犯していました。

ゼロックス杯でも散見されたことであり、それがまったく改善されていないのは問題だと思います。

次あたりはエドゥーを使ってみたほうがいいかもしれません。

谷口は目測を誤って失点の直接的な原因を作ってしまいましたが、どうやらあれは直前にコンタクトが外れるという不運があってのことらしいので評価は保留といったところですね。

相手DFラインの背後を狙ったスルーパスでノボリを走らせ何度かチャンスを創出するなど、谷口の出来自体はそれほど悪くなかったと思います。



他にも色々問題山積みなのは間違いないのですが、一つだけ良かった点がありました。

それは、ゼロックス杯では皆無だった前線からの守備意識を改善して来たことです。

まったく仕上っていないと断じたゼロックス杯から、たったの中2日でコンディション面が改善されるわけがありません。

改善できるものがあるとしたら、それは意識の部分だけです。

そこをちゃんと改善して来たわけですから、これは褒めてあげないと。

よくできました。



最後に良かった点をもう一つだけ。

ノボリ。

ノボリが本当に良かった。

コンディションが整っているのはノボリだけといった感じで、守備ではフッキを相手に互角以上にわたり合い、攻撃では積極果敢なオーバーラップでチャンスを創出するという、まさしく出色の出来。

普通に、次もノボリが先発でいいと思いました。

ゼロックス杯の車屋を見る限り、今は圧倒的にノボリのほうが状態はいいです。

状態のいい選手を優先的に使うという姿勢を明確にしないと、後々調子がいいのに使われない選手の不満が溜まって内部崩壊の引き金になりかねませんからね。

今のところ、オニは状態よりも名前優先で選手を起用しています。

最悪に近い状態の憲剛やネットを使ってるわけですからね。

こういった采配を続けちゃうと、内部をまとめるのは難しくなると思います。

ただでさえ巨大戦力はコントロールが難しいのに。

オニにとって、今年の巨大戦力が文字通り「鬼に金棒」となるのか、それとも「豚に真珠」となってしまうのか。

「鬼」と恐れられるのか、「豚」と嘲られるのか。

果たしてどちらに転ぶのか。

試されてるなぁ~、オニ。

Fさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス