馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:

お久しぶりです!テッペイです!

ブログは二ヶ月ぶりの登場となります。

2年も研修から一時帰還して

久々に顔を合わせて学校で活動しています。

今回はブログのスパンが短いですな(笑)

(僕、中央です↓)

 

また、少しすると別々の研修地へとみんな

でかけていくのでバラバラになるんですけど。

 

さて、それでは今回のブログは

この二ヶ月の間に経験してきたこと、

改めて学んだことをご報告したいと思います。

 

私は9月の中旬から10月の中旬までの

約1か月間鳥取県にある大山ヒルズさんに

研修に行っておりました!

 

(↑※大山ヒルズ公式HPより施設画像をお借りいたしました)

大山ヒルズさんでは充実した施設に

約800メートルの坂路もあります。

(↑※大山ヒルズ公式HPより施設画像をお借りいたしました)

自分は研修中に

坂路での調教に乗せていただきました!

 

坂路で乗っているときは

800メートルが非常に短く感じました。

 

最初坂路に乗る前は恐怖がありましたが

スタッフの方にアドバイスをいただき

 

走っているときは、馬に乗るのに

必死で恐怖心はありませんでした!

 

乗り終わった後は乗り切ったという達成感と

楽しかったという感情が出てきました(笑)

 

坂路で馬に乗せていただき

貴重な体験ができました!

 

また大山ヒルズには、約150頭の

現役競走馬がいました。

 

その中には中央の重賞で走っていた有名な馬も

多くいて驚く毎日でした!

 

そんな馬達を扱い、日々調教をつけられている

2名の東関東馬事専門学院の先輩たちも

活躍されており「自分もそうなりたい!」

と身近に感じることもできました。

 

まだ、僕は精神的にも

技術的にもまだまだ足元にも及びませんが・・・・

 

でも、目標にすることや

お手本にさせて頂くことは、

自分のレベルアップには必須ですよね。

 

研修期間は、時々テンパる僕を

温かくサポート頂き

スタッフの皆様には感謝しております。

本当に、ありがとうございました!

 

今回の研修でもそうですが

行くたびに実感することは、

職場で実力の足らない

自分達に最低限、必要なこと・・・・・・

自分達には何が「大切にするべきか」

ということも分かってきた気がしました。

 

当然、馬に乗れる、乗れないの技術も

もちろん大切なことかもしれませんが、

馬乗りは一筋縄で簡単には習得できません。

 

それよりも基礎的で大切なことがあります。

それは人としての

挨拶や礼儀ではないのかと思いました。

仕事を任せられる上での最低限の

「責任」でもあると思います。

 

挨拶の声、ハキハキとしているのかしていないのか?

職場に自分という人間を

会社の一員として置いて頂いているだけで

たとえ僕が研修生であろうが、

そこにいらっしゃるお客さんや

オーナーさんからは

そこで働くスタッフとして見られます。

 

挨拶や返事くらいできないと、

人として好感どころか嫌悪を覚えられ

その職場の雰囲気を落とすことにもつながります。

 

もともと、挨拶はコミュニケーションの

基礎ですからできて当たり前

であるべきこと・・・・・

 

自分は、先輩方やスタッフさんの話を聞くことや

会話することで、学んだり、

アドバイスを頂けたりしました。

 

アドバイスやサポートをして頂けるから

実力や自信の足らなくて不安な研修地でも

新人や研修生として

一緒に仕事をしたり、生活ができたりするんだ

と思います。

 

作業での一つ一つの行動が機敏なのか、どうなのか?

もちろん見た目の印象もあるとは思いますが

それでなくても、馬は繊細で突発的、

瞬間、瞬間で色々なこと学ぶ、動物です。

 

それを扱おうという人間が

しかも僕たちのような、まだ馬を始めて

1年そこそこの

未熟な者が馬を扱う以前の歩きや行動が

ダラダラ、ノソノソ動いていたら

馬の感情や動きをとらえることは

できなくて当たり前!

いざ!という時に反応できない事にもつながります。

 

それは事故や人馬の怪我にもつながるので

そんな危ない人材には馬や仕事は

任せてもらえないですよね。

 

また、よりよい環境や運動、管理を目指すにも

見ている人からの第一印象は信頼される上でも

非常に大切でも大きく影響していきます!

 

様々な研修先に行くことで

人として大人として

当たり前のことを当たり前にできることが、

まずは

最も大切であるということがわかりました!

その上での努力や向上心、研究心かな

・・・と思いました。

 

これからも自分はまだまだ様々なことを

学び吸収していかなければなりません。

それをすべて吸収して自分の糧にしていきたいと思います!

 

卒業までは、これからは

新しく厩舎に仲間入りした

1歳馬の馴致も始まり来年のデビューにむけて

馴致と調教を頑張っていきたいと思います。

 

そしてバジガクの競走馬たちも様々な競馬場で

走っているのでその馬たちの

学校に帰ってきたときのケア等も引き続き

頑張っていきたいと思います!

 

今回もブログを最後まで見ていただき

ありがとうございました!

 

これからもよろしくお願いします!!

 

馬の仕事を学ぶ学生ブログ!

今日も、東関東馬事専門学院学生ブログを

ご覧頂きありがとうございました。

 

彼ら、彼女たちは馬の職業を目指す学生です。

将来は厩務員や生産、育成牧場で働く競馬関係者だったり

競技会や乗馬クラブで活躍する

乗馬インストラクターや馬術競技選手かもしれません。

 

馬が大好きなので、観光地やイベント会場で

馬の素晴らしさを沢山の人々に伝える、

馬事振興の現場で活躍する

ホースマンの一人かもしれません。

 

または学校で引退競走馬たちの

怪我や故障の治療やケアーを

毎日、細かく、携わる中で身に着けた

知識や経験を生かして

養老牧場やグルームとして馬の

お世話をする人になってるかもしれません。

 

今はまだ、学生で未熟だったり、

つたない文章かもしれませんが

各々の学生がが自分の夢と将来の目標の為に日々

東関東馬事専門学院で活動する中で

思い、考え、感じたことを書いています。

 

東関東馬事専門ブログ(毎週水曜日公開)を

ぜひ、来週もお楽しみください。

 

次回は11月2日(水)

ここで、ちょっと一休みを兼ねて

前回、近藤先生のブログが好評でしたので

専門学院の担当講師の

河島先生に書いてもらいましょう。

 

学生に伝えたいこと・・・・・

馬を仕事にしたいと思う人に伝えたいこと・・・・・

今も馬の仕事で働く卒業生に伝えたいこと・・・・・

などなど書いてもらいましょう



いいね!した人  |  リブログ(0)

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります