馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:

茨城県の研修から帰ってきました。

2年のなべちゃんです。

牧場への研修は今回が2回目でした。

一回目はサンシャイン牧場にいきましたが

その頃はまだ馬に慣れていなくて

モタモタする場面も多かったです。

 

しかしそれから約7ヶ月。

馬を扱えるようになり、

騎乗の面でも成長してきました。

 

そして2回目となった研修先が

茨城県にあるグロースフィールドさんでした。

 

グロースフィールドさんにいた

馬のほとんどがJRAに出走している馬ばかり!

 

さらに現役の調教師の方も

ちょくちょく馬を見にこられたりもしていました。

 

これまで遠い存在だったJRAの馬たちが

何十頭といたり、

最近まで牧場にいた馬たちが

JRAに出走していたりと、遠かったJRAが

少し近づいたような気がしました。

 

しかし実際はそうあまくはありません。

 

何年も馬を扱ってこられたスタッフの方々と

たった一年ちょっと馬を扱ってきたぼ僕らとでは、

やはり作業スピードも馬の扱い方も違いました。

そんななかぼくが改めて感じたことは

「馬は人がつくる」ということです。

 

馬が人をなめてくることが結構あって

、ぼくもよくなめられて噛まれたり蹴ってきたりしました。

 

しかしスタッフの方を見ると

馬は人の指示をしっかり聞いていて

すごいなと思いました。

 

ダメなことをしたときに

しっかり怒ることも大事だと思いました。

 

騎乗面では現役馬に乗らせてもらいました。

学校の馬とは、比べ物にならないくらい

パワーがあって、思うように動かせませんでしたが

すごく貴重な経験になりました。

 

そして学校に帰った今、感じたことがあります。

それは学校の馬は扱いづらいなと。

これは自分たちの扱いが足らなかった結果なんだなと。

なのでまずは

学校の馬を自分の思うようにつくれるようしたいです。

 

自分の学校での生活もあと少し!

この課題に必死に取り組みます!

 

 

次回は、8月24日(水)

アカマが担当します!!

 

アカマさんには、2年目の学習面ついて

聞いてみたいですね。

2年目だから気づくこと

理解できること

お楽しみに♪

 




 

今日も、東関東馬事専門学院学生ブログを

ご覧頂きありがとうございました。

 

彼ら、彼女たちは馬の職業を目指す学生です。

将来は厩務員や生産、育成牧場で働く競馬関係者だったり

競技会や乗馬クラブで活躍する

乗馬インストラクターや馬術競技選手かもしれません。

 

馬が大好きなので、観光地やイベント会場で

馬の素晴らしさを沢山の人々に伝える、

馬事振興の現場で活躍するホースマンの一人かもしれません。

 

または学校で引退競走馬たちの怪我や故障の治療やケアーを

毎日、細かく、携わる中で身に着けた知識や経験を生かして

養老牧場やグルームとして馬のお世話をする人になってるかもしれません。

 

今はまだ、学生で未熟だったり、つたない文章かもしれませんが

各々の学生がが自分の夢と将来の目標の為に日々

東関東馬事専門学院で活動する中で

思い、考え、感じたことを書いています。

東関東馬事専門ブログ(毎週水曜日公開)を

ぜひ、来週もお楽しみください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります