たまには本気で管釣りを遊びましょう | トイプはドッグウォークしない?
2018-02-21 08:36:44

たまには本気で管釣りを遊びましょう

テーマ:釣れましたっ
前回のカットウフグが渋々だったからね

何か景気の良い釣りがしたい。
とは言え、2月、今年は特に寒いし。

こんな時は東山湖ですね。
お友達とお茶会、お喋りしながら
も、良いけど

たまには本気で遊ばせて貰いましょう。
朝一から受付。
とりあえず釣りの前にあけゆく富士山を鑑賞(笑)
ここは小田原からの朝日が富士山を染めて見事なんですよ。

今回のプラン
・スモーク用のコーホー確保。
・ルアーとフライ半々
・100匹釣るまで帰れません

寒くたって朝は活性高いです。
先ずはルアーから。

ワンダーで表層探ると最初から
コーホーがお出迎え。

バイトが無くなったら
ミノー⇒クランク⇒ロングビルとレンジを下げて、飽きたらスプーンも少々。
プラッキングが好きなんです。

7時位にスローリトリーブしてるとガイド凍りましたが、それ以降は暖かい日でした。

立ち上がりは時速10匹くらいか?
全部コーホー。ニジは狙って無いと言うのもありましたが、低水温が続いて活性が低いのかな?コーホーはめちゃくちゃ元気。

気温が上がってラインに氷が着かなく成ってきたのでフライを投入。

地形から風が巻くのですが
桟橋で変化していく風向きを気にしないために
UFM アフィーレ♯8のパワーで押し切ります。

パターンは「あぶぶ氏」直伝のガム。
四個巻いてきました。
こちらも水深1.2~1.5mでパワフルなコーホー、
ボトムまで探ればニジ。

低水温に強いコーホーでも
流石にアタリは弱く、回遊待ちにも成るので
苦戦。
既に9時でしたがまだカウンターは26(^_^;)
コーヒーと遅めの朝食で休憩。
ハイシーズンでは無いので覚悟はしてましたがこりゃ当分帰れそうにありませんね。

キャスト後のフライを放っておくと
反応出るのにかなり時間がかかるコンディション、
数度誘いを入れて反応無ければ打ち返して

反応もモゾモゾとした弱さ
フッキングのタイミングが良くないか?
ここであわせてもまず掛かりません。
そこから更に「逃がし」をかけて
結果、リアクションなのかなぁ
ガツッリ頬張った所でようやく掛かります。

結構時間かかるし、細かいつりです。
たまーにイワナ?アメマス?
狙ってサイズを出せる釣り方でも無いので
今回は中ニジまで、残念。
対岸では常連さんや取材班?が賑やかで
丸太のようなイトウも時折上がってました。
羨ましい。

大鱒狙いってステインながらシャローのサイト
かと思いましたが
どうやらブラインド、ひたすらキャスト系。
後は桟橋テクトロ。

一発大物はラクでは無さそうです。

フライだからと言って時速10匹を越える事も無く、
逆にルアーでハマると3連続、5連続もあったり
たまにしか来ないので、効率よく
とは行きませんね。

コーホーが回ってきたら
虎の子、スカジットのローチ
コレはレーベルのジョイントでも
手前が終わったらピーナッツで遠投。

それ以外はクラピーのボトムクランキング、
SCシャッド、TDロングビル、ファットラップ
でボトム叩き。でもボトムのニジは狙うほど
活性無かったかな。

ん、全部古い品ばかり。使いなれてるから。
最新の管釣りルアーはもっと釣れるんでしょうね。
お昼とおやつ休憩以外は
かなり集中しましたが16時でここまで。
時間切れ未達。
まぁ、食材も十分ですし、

集中して本気で遊ぶってのは
なかなか良いもんです。

いつもだと疲れちゃうね。

Baitさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス