革を彩る MA1SON n ° 312

革を彩る MA1SON n ° 312

大正レトロな 「築 約100年」のビルヂングからお届けする工房の日々。
手縫い(cousu sellier )で革小物のブログ。


テーマ:

友人の知り合いにプロのマジシャンがいる。

 
 
その方が愛用している手品の道具が壊れて、自分で接着剤を使い無理やり使っている。
 
底が抜けてしまっている
 
同じものも生産が終わってしまったようで新たに購入する事ができない。
詳しく話を聴くとその道具かなり気に入られている様子。
 
たまたまその道具が革でできていた事もあり作ることができないか?と聞いてきた。
 
底もバラバラ...
何度も貼り直した?
 
その道具は「チョップカップ」と言うもの。
 
どんなマジックかは説明するより動画をみて頂いた方がわかりよいだろう。
 
作りは違うがこんなマジックだ。
 
まさしく私のような一般人がイメージするような手品だ
 
この先マジックの道具を頼まれてるコトなどないと思うので引き受けようかと思う。
 

テーマ:

 

少し前のお話ですが、こちらにボトルインクホルダーの記事が載っておりましたのでご紹介しておきますね。

写真もきれいに撮影していただいて光栄です。

 

写真は自分で撮影すると、どうも目で見た感じと画像の雰囲気が違うので撮影する気が削がれてしまいますが、

ちゃんとお仕事でされている方はやはり違いますね。

 

 

 

 

 

雑誌「趣味の文具箱」連載でもお馴染みの文具ライター・武田健さんによる

文具ライター武田健のHAPPY INK TIME

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス