2024 明治安田J2 第21節

ブラウブリッツ秋田 3-1 清水エスパルス


両チームの選手、スタッフ、サポーターならびに審判団の皆様、お疲れさまでした。


快勝でした。


AABで観戦。


清水に勝つなら押し込まれた時間を我慢してワンチャンス活かす、昨年のawayのような展開を予想していたのですが、全く違った勝利を見せてくれました。


立ち上がりから自分たちのリズムで試合を進め、その時間帯に梶谷が見事な先制ゴール。


その後もCKのチャンスに小柳がドンピシャヘッドで相手ゴールを襲ったり。


そして前半終盤には青木のボールキープから佐藤、蜂須賀とつないでクロス。ファーで村松が頭で合わせ、権田に弾かれたところに梶谷が詰めて追加点。


しかも後半、最初のチャンスで大石のCKに青木が頭で合わせて3点目。


後半に1点は返されましたが、見事に勝ちきってくれました。


前半はほぼパーフェクト。後半、交代カードを切って圧を強める相手に押し込まれる時間もありましたが、集中を切らすことなく戦いきってくれました。


え、こんな戦い方出来るの?と驚きました、正直なところ。素晴らしいパフォーマンスでした。2トップが揃ってゴール。一時期に比べてパワーが下がり気味と思っていたサイドハーフも攻守両面で大きく貢献。ボランチ・DF・GKも集中切らさず。


今日のMOMはやはり梶谷ですね。先制ゴールも抑えの効いた素晴らしいシュートだったし、プレータイムを通じて安定したプレーでチームに活力を与えてくれました。


いや、本当に素晴らしい戦いぶりでした。出来ますれば次節も今日のような戦いを見せてほしいと思います。


最高の日曜日をありがとう!


We are AKITA!秋田一体+!