バカラはカジノを代表する大人気ゲームです。これについては、誰もが同意するところでしょう。バカラを一言で表すなら、野生の勘でしょうか。賭けを行うことで、その人は実際にゲームに関与することはできず、勝敗を予想することになります。バカラのルールそのものはシンプルです。

 

画像出典baccaratgames.net

しかし、だからと言って、全てのゲームが一様だとは限りません。そこで今回は、バカラの奥深さとして、そのレパートリーや個別の特徴をご紹介しましょう。例えば、バカラには「しぼり」というものがあります。バカラでは、カードをめくる際、しぼりという独特の方法を使って、カードをめくる人がいます。この「しぼり」とは、ただ普通にカードをめくるのではなく、端の方から少しずつのぞきこんでゆくというものです。

一般的に一辺が短い側からこの「しぼり」を行います。ただカードをめくるだけについても、このようなバリエーションが存在し、バカラの奥深さを物語っています。おおよそ、カジノ運営には寺銭というものがつきものです。寺銭とは、賭博を行う場所を管理している人や所有する人に対して支払われる費用のことで、過去、日本では、お寺が賭博の場所として利用されたことからこの名前がつけられました。

この費用は賭博事業を行う側からすれば非常に重要で、長期的に確実な利益が上げられるように考え設定されます。バカラにおいてもこのような仕組みは存在します。それがコミッションというものです。ベット額に対して控除率が設定されており、これがいわゆる寺銭の役割を果たしています。

 


つまり、目に見えた形で参加者が寺銭を払うというよりは、知らないうちに徴収されていることになります。バカラはもともと、プレイヤーよりもバンカーが勝ちやすい仕組みになっており、この時点でプレイヤー側の1%が控除率に使われています。

逆に、バンカーは勝率が高いものの、オッズは低いので、その分がまた控除率となっています。このようにしてバンカーとプレイヤー両方から実質的に寺銭を徴収している形となります。しかし、必ずしもすべてのバカラがこのように機能するとは限らず、他にもバリエーションがあります。コミッションを取らないと宣言するバカラもありますが、実際にはそのような場所では、通常のコミッション設定とは異なる規則が適用されているだけで、何かしらの形でコミッションは徴収しているものです。

例えば、ある数字によってバンカーが勝利した際には、コミッションを通常よりも多く徴収するという設定で、結局のところ確実な利益を確保していることになります。そのほかの場合にはコミッションなしと明言することができるので、感覚としては「このバカラはコミッションが存在しない」という印象を受けるのでしょう。なので、もしコミッションがゼロであるという謳い文句が使われていても、どのような条件でゼロになるのかを確認することが重要でしょう。

このようにコミッションの設定(つまり、どのような時にコミッションを支払う/徴収されることになるのか)が違うことで、色々な影響がプレイヤー側に生まれてきます。例えば、毎回ではなく、先ほどの例のようにある数字でバンカーが勝利した時にだけコミッションが多めに発生するという状況を考えて見ましょう。それ以外の数字ではコミッションが発生しない設定です。そんな時に、少しだけバカラをプレイするならば、プレイヤーは、一度もコミッションに遭遇することなくゲームを終える可能性があります。その際には、バンカーとプレイヤーの立場は対等であり、どちらにも同じだけの勝率が確保されていると感じるはずでしょう。しかし、ゲームを長く続ければ続けるほど、コミッションに関わる確率が増え、それだけ従来の(通常の)コミッション設定に近づいていくことになります。

そのような意味で、必ずしも対等とは限らず、この点をあらかじめ注視することは大事なポイントでしょう。ただし例外として、キャンペーンとしてカジノ(現実世界のカジノでもオンラインカジノでも)がプレイヤーを呼び込むために、非常にお得なコミッションを設けることはあります。

 


これはあくまでも一時的な仕組みであり、運営者側の損失はある程度覚悟の上で実施されることがよくあります。その際には、本当に実質コミッションがゼロになっていることは普通にあります。なので、キャンペーンやプロモーション中には、是非ともチェックしてみましょう。往往にして期間限定なので、そのようなチャンスは逃さないようにしたいものです。

実際、プロモーションやキャンペーンを機会に多くのファンの獲得が期待されるので、運営側はかなり力を入れるもので、だからこそ、そのタイミングでコミッションゼロまたは非常に低いコミッションを体感しておくのは賢いやり方です。このように一口にバカラといっても、様々なバリエーションが内包されているので、あらゆるカジノに足を踏み入れ比較してみるのがオススメです。実際に、海外などに足を運ぶのが難しい人は、オンラインカジノのバカラを気軽に楽しみながら比較するのがいいでしょう。

>さらに詳しく読む