〈痛い〉のベビーサインでこんなやりとりができる! | 一宮 子育て応援 ♡ ベビーサイン教室 ぐーぱ

一宮 子育て応援 ♡ ベビーサイン教室 ぐーぱ

小さなお手てからしあわせに♪
ベビーサインのこと、たくさんの人に知っていただけたら、と思っています


テーマ:

こんにちは

ベビーサイン教室のよしいみゆきです。

 

3月も中旬。もうすぐお花見?というころになって、この寒さとは!きょうも雪がちらついていてもうびっくり!でした。

 

11月スタートのベビーサイン教室は8回目を迎え、この日はてってちゃんのお歌に合わせてベビーサインをしたり、てってちゃんのお口に食べ物をどうぞしたり。

 ※てってちゃん…日本ベビーサイン協会公式キャラクターです

 

キラキラボトルも作ったのですが、お写真を撮り忘れる、という残念な展開。

 

でも、教室生さんからうれしい近況報告があったのでご紹介しますね。

きょうは〈痛い〉のサインのエピソードです。

 

Mちゃん(1歳5か月):「いたた」など言葉も少し出るようになった。痛くなくても、わざと寝転んだりして、ベビーサインと一緒に「いたた」と言う。
     ↓
〈痛い〉のサインができるようになったのがうれしいんですね。(見て見てー。できるよ)という気持ちが伝わってきます。

お茶のボトルを転がして〈痛い〉のサインをして、ボトルを直して、よしよし、とするまでが1セットです。
     ↓                                     
たおれた(たおした)お茶のことを〈痛かったね〉→〈よしよし〉ってしているんですね。
なんてかわいい!
こんなしぐさを見たらきゅんきゅんしちゃいますね。

 

ちゃん(1歳4か月):私(Aちゃんのママ)の髪の毛を思いっきり引っぱるのでAの髪の毛を軽く引っぱって〈髪引っぱる〉〈痛い〉をジェスチャーとベビーサインで見せながら伝えました。
しばらくしたら、自分で髪を引っぱって〈痛い〉のサインをするので、「そうだよー。髪を引っぱると痛いんだよー」と〈痛い〉のサインを見せました。そのあとに「痛いからやめようね」と何度か言い聞かせました。
      ↓
1歳4か月の赤ちゃんでも、ベビーサインがあるとこんなふうにやりとりできるんですよね。
Aちゃん、もうママの髪の毛を引っぱったりしないと思います。
 

 

まだ言葉を話すことができなくても、赤ちゃんはいろいろなことを考えています。

ベビーサインがあることで、赤ちゃんの気持ちをギュッとキャッチして、またボールを投げ返すことができますね。

 

まだまだこれからも楽しい毎日が続いていく予感!

 


▼ 現在、受付中の教室


★ 生後6ヶ月を過ぎた赤ちゃんのママへ

 ベビーサイン教室3月スタート生さん募集開始

 次回募集は5月下旬から6月上旬を予定しています。

 4月開始ご希望の方は個別にご連絡ください。

★ 生後6ヶ月までの赤ちゃんのママへ

 レ・ベビーサイン教室 随時開講 お問い合わせください。


ベビーサイン体験会 in スギ薬局

 詳細・お申し込みはこちらから


 


0・1・2歳の赤ちゃんとお手てでコミュニケーション
愛知・一宮 ベビーサイン教室 「 ぐーぱ 」

日本ベビーサイン協会リーダー認定講師

petapeta-art®(手形アート)アドバイザー

よしいみゆき

LIINE@でも教室の開催情報を受け取れます
お気軽に友達申請してくださいね!
facebookページではブログの更新情報を受け取れます
「いいね」ボタンでフォローをお願いします!
インスタグラムは気ままに投稿しています
フォロー大歓迎です!

姉妹サイト

一宮 ベビーサイン&手形アート教室 ぐーぱさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ