【小学校受験を終えて】小学1年生になりました。 | 3児ママのドタバタblog

3児ママのドタバタblog

子供たちのこと。

またまた久々の投稿になってしまいましたが、
娘が保育園を卒園し、




無事に入学しました。



ホッとしたのも束の間。

ワーキングママの私には多忙な日々が始まりました。


小学校の送迎です。


娘の小学校は、4月末までは親の送迎が必須。
9時登校、11時30分下校でした。



一度帰れる距離ではあるものの、
時間と電車代をかけて帰宅してまた来るのも大変だし…
と結局毎日どこかで時間をつぶしていました。

カフェでpc作業(次男小学校のPTA作業とか…)をしたり、
時にクラスのママたちと附属大学の学食でお茶をしたり。


(※その間の仕事ですが、理解のある会社なので、
送迎がなくなるまでは午後からの出勤にしてもらいました!)


5月からの送迎は任意なので、
5月になったら1人で行かせよう。
と、4月は付き添いながら、段階を踏んで
訓練してきたつもりだったのですが、
うーん。まだ無理なんだな(^^; と気づいた4月末。


初めて1人で行くことに挑戦した5月GW明け。


バレないようにうしろからついていこうと、
時間差で家を出たら、あれ?家からすぐのバス停にいない!!


なんで?え?と焦り、キッズケータイのGPSで調べると、
反対側に表示される娘の所在地マーク。


なんと、家からすぐのバス停にも辿り着けていない。。。
はい、また付き添い。



翌日、今度こそはがんばろうね!と、後ろからそーっと尾行。

駅まで行けたものの、反対側の電車のホームに行こうとしていたり。。。

一度失敗させてみようかと思いつつ、
時間もないので、声をかけて、やはり付き添い。笑

 

その翌日から朝は娘と同じ7時に出て、
最寄駅のホームで電車に乗るところまでは付き添うことにしました。


まだ夫、兄2人が朝食を食べる前に家を出ていたので、
朝の洗い物もそのままにし、
娘を見送ったら、私も次の電車で早めに出勤という日々。
(仕事から帰宅すると大量の朝食の洗い物と格闘!笑)


娘は、まだ漢字も読めず、
時間も時計ですぐに把握ができず、
どの電車に乗ればいいのか、判断ができなかったので、
いつになったら1人で行けるの?と不安になりましたが^_^;


できることを褒めたり、
小学校1年生のお姉さんだものね!と少しプレッシャーを与えつつ。


そしていよいよ5月最後の週。
今日から1人だよ。と言ったら、若干不安そうにしていたけど。

大丈夫!絶対できるよ!
絶対大丈夫!と暗示をかけて。笑


その日は娘のうしろを、一定の距離を保って尾行。




電車によっては、朝の通勤ラッシュで混みすぎて、
降りるべき駅で危うく降り損ねそうになることもあるようで。

なるべく空いている「○○行き」の電車をめがけて歩く娘のあとを、ついていく母。

時々、「ママがいる気がする!!」というような顔をして、
クルッと振り返る娘に、
ひいい😱とドキドキしながら自販機の陰に隠れたりして。

かなり怪しい、不審者でした。笑


でもひとりで電車に乗る娘を見て、
成長したんだなあ、と嬉しくもあり、
可愛くて、うるうる感動しちゃう私。



午後は私は仕事なので、
娘の様子を確認することはできないのですが、
最寄駅が同じお友達もいるし、大丈夫だろうと思っていた矢先、
私が仕事中に、1度だけ泣きながら電話がかかってきました。


最寄駅で、南口に出てバスに乗り、学童へ行くのが毎日の流れなのですが、
ボーっとしていたのか、北口に出てしまったらしく。



ロータリーにはバスがあるけど、なんだかいつもと雰囲気が違う?と思い、
目の前のバスの運転手さんに「○○に行きますか?」と聞いたら
「行かないよ」と言われ、いつも乗ってるバスはどこ?!とパニックになっている様子の娘。笑


電話で説明しながら、南口へ行かせると、
バスあった!とホッとして、学童へ向かったことがありました。



間違うのも、大事な学習ですね✨


そんなこんなで今は慣れて、
6時すぎには起きて、自分で支度をして、7時すぎには1人で家を出ています。



家からバスで駅まで行き、
1人のときは○○行きの電車が来るまで、駅ホームのベンチで待ち、
お友達とたまたまホームで会えた日は、
ぎゅーぎゅーの電車でも、その時に来た電車に乗る、と電車も使い分けているようです。


子どもの成長はすごいなー!と毎日感心です✨