深海

テーマ:


2400年前の沈没船を発見、驚きの保存状態
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/102500460/

ヨーロッパとアジアの境界に位置する黒海で、きわめて保存状態の良い古代の沈没船が発見された。見つかった場所は、ブルガリア沖の水深2000メートルの海底。2400年前のものと推定されているが、驚くことに、漕ぎ手が座るためのベンチやマストといった船の装備まで残されている。

 今回の発見は「黒海海洋考古学プロジェクト(MAP)」によるもので、英紙「The Guardian」が第一報を伝えた。MAPは3年にわたって黒海を調査し、60隻以上の古い沈没船を発見している。

ギャラリー:2016年に発表された黒海の沈没船 写真6点(写真クリックでギャラリーページへ)

中世の沈没船。黒海の特殊な水のおかげで、41隻の沈没船は驚くほど良好な状態を保っていた


 カメラを搭載した無人潜水機(ROV)で記録したこの沈没船は、全長約23メートルで、古代ギリシャの器に描かれているような商船とよく似ている。船体の一部を回収し、放射性炭素を用いた年代測定を実施したところ、紀元前5世紀ごろの船であることが明らかになった。古代ギリシャの都市国家が地中海と黒海沿岸の植民地を行き来し、盛んに貿易を行っていた時期だ。

 さらに古い時代の帆船が古代エジプトの埋葬地から見つかったことはあるが、今回のものほど保存状態の良い沈没船が海底で見つかるのは珍しい。理由は黒海の特殊な水質にあると考えられる。黒海の水の90%近くは酸素が欠乏した状態で、有機物の腐敗に必要な物理的、化学的プロセスが妨げられる。

 ナショナル ジオグラフィックの考古学者フレデリック・ヒーバート氏も協会の支援を受け、黒海で沈没船を探査した経験がある。そのヒーバート氏は今回の発見について、黒海の深海は「驚くほど豊かな人類史の博物館」であることが再確認されたと述べている。

「黒海は歴史の保存という点で、ほかに例がないほどの可能性を秘めています。世界の文化の交差点として、何千年にもわたって重要な役割を果たしてきたためです」

「この沈没船は本当に素晴らしい発見です」
(参考記事:「失われた人類の財産 財宝船サンミゲル号」)



とても
神秘的ですね。


黒海の海水が特殊だということを今日初めて知りました。
90パーセント酸素が欠乏!!!!
生き物生きていけないですよね?!
わーっ!
興味深いですね。

P.s
お休みがないと疲れちゃいますね。


りあ