福岡☆北九州発 赤ちゃんとの暮らしアドバイザー               ★ クッキーのつれづれなるままに


ベビースリングを作るのに適した生地を教えてくださいと良く聞かれます。

元々、一緒に作る会をしていたときはソコを教えていたのですが

最近はミシンを持っていない方も増えているようで作ってくださいと

言われる方が多くなりました。


適した生地の絶対条件は自然素材であることです。

それ以外は・・・ひとつひとつを触って、見て、チェックしていきます。


スリングに適している生地かどうかを判断できるようになったこと

生地と数種類あるリングの相性を見極められるようになったこと

出来上がるとイメージが全然変わるスリングの、この生地で

スリングを作ったらめちゃくちゃ素敵!という出来上がりが


想定できるようになったことは私の宝物かなラブラブ



でも、生地を見ただけでは絶対にわかりません。

たとえば綿100%と言うだけで分かることなんて素材が


綿100%なことだけです。当たり前ですが・・・汗

スリングに適しているかどうかは

通気性や柔らかさ、布の強度、伸縮率なども絡んできます。



福岡、北九州の手芸やさんで

布を手で触りながら縦横斜めに引っ張ったりクシュクシュ


している人がいたら・・・


それはわたしかもしれません。ニコニコ




こんなことを繰り返しているうちに

AD

今夏、ひろがれ!弁当の日」竹下和男先生、佐藤剛史先生


の講演会主催します。



今、自己肯定感の低い子どもたちが増えています。

どうせ自分なんか・・・そんな風に思っている子どもたちが


増えています。

先進国の高校生の中で自己肯定感が最も低いのが日本の


子どもという統計も出ています。

こんなに慈しんで育てているのに・・・。



思われがちな食を通して体験する時間を意識して作ること


にあると伝えたい。

家庭の中や地域で、あるいは学校で、食を楽しむ、実践に


つながるいっぽなって欲しいと思います。




乳幼児のお母さんたちには


子どものできることをお母さんが決めるのではなく、


見守って育てると自主的に動く子どもに育つと伝えたい




小中学校の子どもをもつお母さんたちには


子どもに弁当を自分で作らせると、お母さんたちの苦労や、


自分が愛されていることを知るきっかけになることを。

そして弁当の日に子どもが自ら早起きして弁当を作るので、


子どもの成長が嬉しい、感動的な朝が迎えられることを


伝えたいです。





子どもが大きくなってしまった人や、独身の人にも



弁当と言う小さな枠の中に思いを詰め込めてと伝えたい。



食事の準備にかかる時間は、食べる人のために命の時間を


使ってくれているのだと、佐藤剛史先生の著書の中に


書かれています。


一人だからと手を抜いた食事は自分を粗末に扱っている


一緒だと剛史先生に言われた日から、私の食への


思いは変わりました。

本当に作るのが辛い日は全く何もしないこともありますが、

出来る力のある日には、自分や家族や友達をもてなす


気持ちを忘れずに作ろうと思うようになりました。




竹下先生は誰も賛同しない中で弁当の日を始められた


弁当の日の第一人者です


だから…このお話を聞いて学校の先生が「私たちもやって


みよう」とってくださったり、学童クラブの先生が「土曜日の


お弁当を子どもたちが作る試みが出来ないか」考えてもらったり、


幼稚園や保育園や託児所でも、子どもたちの糧となる日々の


食で、自己肯定感を高められるきっかけを作って貰えたら


いいなと思います。




今、食は時短、手抜き、栄養価、価格が注目されています。


危機的状況です。


こういう食の簡素化で育った子どもは給食の時間になっても


目が輝かないばかりか、給食を拷問のように感じている


そうです。

すでに
そういう子どもたちが増えている実感があると小学校の


先生が言われています。



生きることは食べること。



その中でも作る体験を通して感じられることは、子どもの心の


栄養となり、大好きな人に手作りのものを食べてもらう喜びを


体験させ、誰かと食べられる幸せの基盤を作ってくれると


信じています。



どうかこの講演会を通してたくさんの親子に、愛のある食の体験を


やしてほしいと心から思います。




==================================




日時:2013年8月24日(土曜日)

  

開場:13:30


開演:14:00

会場:ウエル戸畑 大ホール(北九州市戸畑区汐井1番6号)

           http://www.wel-tobata.jp/map/index.html


参加費:前売り 1000円 (当日1500円)

     高校生までは無料(中高生は学生証確認要)

     大学生前売り 500円 当日 800円(学生証確認要)


託児: 先着20名まで 

    (生後半年未満の赤ちゃんはご一緒にお入りください。)


主催:エンジョイ子育て実行委員会


申込み、問い合わせ先  山下
      ymrnet21★ybb.ne.jp (★を@に変えてください。)
      必ず件名に「広がれ弁当の日講演会について」と

      ご記入ください。








今日は次女の高校の入学式でした。

大学に準じる学校なのでいろいろと厳しいところもあり

また自主性に任せているところもあり。


親としては

高校でも大学でも

楽しんで学校生活を送っていられたら

それだけで感謝です。



小さな赤ちゃんをお持ちの方は

きっと日々の暮らしだけで精一杯だと思います。

私もそうでしたから・・・。



でも

ほんの少しでいいので

この子が大きくなったら

どんな大人として生きていって欲しいか

どういう信念や

どういう仲間がいて

どんなことに喜びを感じて欲しいとか

期待ということではないんだけれど

一度夫婦で話し合ってみてほしい。




そこを見つめると

自分の子育ての柱が決まります。


今の、今日の子育ては

その日のための積み重ねだと

だから自分はこういう風に育てるんだって

言えたら楽になるんですよ。

比べなくなるから。




私たちは子育てを通して

日本の文化を後世に伝える仕事をしています。

母親業ってそういうもの。



自分の子育ての柱を考えてみませんか?

福岡☆北九州発 赤ちゃんとの暮らしアドバイザー               ★ クッキーのつれづれなるままに-DSC_3141.JPG