妊娠するために 妊娠したい私がしている事 妊活ブログ

妊娠するために 妊娠したい私がしている事 妊活ブログ

2012年に結婚、2014年から子供が欲しいと意識し始め妊活をスタート
妊娠に向けて私が実際にやっている事
葉酸サプリやマカ、ルイボスティーをはじめ、妊娠するため、体のために色々やっている事を紹介したいと思います♪
2015年4月 妊娠・胎嚢・心拍確認
2015年12月 出産

流産を乗り越え妊活を経て妊娠!基礎体温や妊娠検査薬 サプリなど、妊活中私が実際にやった事をブログに載せています。高温期など、その日の症状も細かく記録していますので参考になればと思います!

 
Instagram
↓↓↓
 
 
 
インスタやってます
覗いてもらえたら嬉しいです
 
 
 
 
 
+ + + + + +
 
 
 
 
 
 
 
9月10日(土曜)
 
 
 
 
 
ICU入院2日目の面会に行ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手洗い、除菌を済ませ、ICUの中へ!
 
 
 
 
 
看護師さんに案内され、昨日と同じカーテン前へ到着。
 
カーテンを開けると旦那はすぐに私に気づき
 
 
 
「ぉお〜」
 
 
 
と声をかけてくれました。
 
 
 
 
 
背もたれを少し上げたベッドに寝ていました。
 
 
 
 
 
 
「おはよう!体調は大丈夫?」
 
 
まぁたぶん、大丈夫じゃないんだろうけど、一応挨拶がてら聞いてみる私。
 
 
 
「うん」
 
 
旦那はニコリと答えてくれます。
 
 
 
 
 
 
この何気ないやりとりだけでジィ〜ン…と感動してしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
旦那の顔色は、昨日よりもいいみたいです。
 
 
 
 
「今日はすごい良い天気だよ」
 
 
「そうなんだ」
 
 
 
 
ICUだとカーテンで仕切られているので、昼なのか夜なのかも分からない状態です。
 
窓の外ではカラリとした青空が広がっています。
 
 
「今何時なのかもわかんないんだよね」
 
 
「そうだよね…」
 
 
 
カレンダーも時計も置いてありません。
 
 
 
 
看護師さんが気をきかせてくれて、カーテンを少しあけ、窓の光が少しでも入るようにしてくれました。
 
 
 
 
 
「いや〜、どうしてこうなっちゃったんだろう…」
 
 
 
「働きすぎなんだよ…」
 
 
 
「今までこんな事なかったのに…あ、歳か??」
 
 
 
 
腕を頭のうしろに組み、ポーッとつぶやく旦那。
 
 
 
 
 
「あのさ、ここってなんていう病院?」
 
 
 
「△△病院だよ」
 
 
 
「どこだ?それ…」
 
 
 
「◯◯市にある病院だよ」
 
 
 
「へぇ〜…」
 
 
 
 
 
 
なんだかずっとフワフワしてる様子の旦那。
 
 
いや、普段からフワッとしてる人なんだけどさ。
 
 
 
 
 
 
 
「手術したのは覚えてる?木曜に会社で倒れて、救急車で運ばれて、緊急手術して、それから入院してるの」
 
 
 
一連の流れを説明しました。
 
 
 
 
「ぇえっ!手術したの?」
 
 
驚く旦那。
 
 
 
 
「いや〜、覚えてないわぁ」
 
 
 
 
昨日たくさん説明しましたが、記憶がないようです。
 
 
 
 
 
 
 
も、もしや…
 
 
 
 
 
 
 
 
「昨日、私がここに面会にきたのは覚えてる?」
 
 
 
 
 
 
 
おそるおそる聞いてみると。
 
 
 
 
 
 
「えっ、昨日来たの?覚えてないなぁ〜」
 
 
 
 
 
 
ズッコォーンッ爆弾
 
 
 
 
 
 
笑い泣きまさかの覚えてない!
 
 
 
 
 
 
こ、こいつ…
 
 
あの、感動的な涙の再会ををぉぉ…。
 
 
 
 
 
 
普段デレたりしない私の情熱的なハグを
 
 
 
 
 
 
叫びわ・す・れ・た・だ・とぉぉぉ…炎
 
 
 
 
 
 
 
 
怒りなのか悲しみなのか、なんとも表現しがたいこの感情
 
 
痛々しい手術跡が残る胸元に、ビシッとつっこみをいれたい気持ちになりますが。
 
 
 
 
 
 
でも…生きていてくれたから、なんでも許す…。
 
 
 
 
 
結局、そこに行き着くんですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
「こんにちは、主治医の◯◯です」
 
 
 
そこへ、白衣を着た主治医の医師がやってきました。
 
 
 
「あ、どうも…!お世話になっております」
 
 
 
私は深くお辞儀をしました。
 
 
手術の日、私に手術の説明をしてくれた男性医師でした。
 
 
 
 
 
 
 
「旦那さん、術後意識が戻って、体も問題なく動くようで良かったです」
 
 
 
「はい…っ、ありがとうございます」
 
 
 
「今回の手術、心臓の血管が裂けてしまって、そこを人工血管に置き換える手術をしました。ここに運ばれてきた時にはもう意識はなかったので、最悪意識が戻らない可能性もありましたが…。こうして意識も戻って、回復してる様子で本当に良かったと思います」
 
 
 
症状、手術内容、一連の流れを改めて説明してくれました。
 
 
 
 
「ぇえっ!そうだったんですか…!」
 
 
 
そんなこと、はじめて聞いたといわんばかりに驚く旦那。
 
 
 
 
 
きっと、旦那が目が覚めてから毎日説明はしてくれてるんでしょう。
 
 
 
 
術後の影響やせん妄なのか、まだ記憶や意識はハッキリしないみたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
「まだお若いですし、回復も早いと思いますよ。これからは血圧を気にしてもらうようにして、栄養バランスのいい食事と、特に塩分に気をつけるようにしてくださいね」
 
 
 
「はいっ」
 
 
 
 
 
あと、少し気になることが…。
 
 
少しじゃなく、かなり気になること。
 
 
 
 
 
 
「あの、意識が戻った事がもう奇跡的だと思うのですが…。今後、リハビリをして回復していけば、前のように生活ができますか…?」
 
 
 
「そうですね、リハビリも頑張って頂ければ」
 
 
 
「たとえば、車の運転だとか、仕事の復帰だとか…」
 
 
 
 
 
「車の運転も、仕事も問題ないと思いますよ」
 
 
 
 
 
 
 
ふぁぁああ…っっ!!(震)
 
 
 
 
 
 
その医師の言葉を聞いた瞬間、膝からガクンと脱力する私。
 
 
 
 
 
いやいやいや…
 
 
目を覚ましてくれた事がもう十分すぎるくらいなんだけれど…
 
 
 
 
 
でも、やっぱりそこ気になっちゃうでしょ?
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな重体な旦那さんを、もう働かせようとしてるのかこの人、鬼嫁かっ…て思われたかな?
 
 
 
 
 
 
 
「そうですね、今後、物忘れがあったりだとか、簡単な計算が急にできなくなったり…という事があるかもしれません。でも今後の回復次第ですね」
 
 
 
 
「はい…」
 
 
 
 
「まだ術後なので、痛み止めとして微量の麻酔を使ってるのですが、それの影響で今はボーッとしている状態になっています。1日1日、回復を見ていきましょう」
 
 
 
「はいっ、わかりました」
 
 
 
 
 
若干気になる症状もありますが、全ては今後の経過とリハビリ次第!
 
 
 
 
 
 
 
心臓の血管が人工血管になったわけですから
 
今後の状態次第では、障害の可能性や労働に制限があるかもしれない。
 
 
 
 
 
障害…という言葉に身が引き締まる思いですが
 
今回はそれの一歩手前まできてたのだから。
 
 
 
しっかり、頭に入れておかないと…。
 
 
 
 
 
 
 
 
医師と私の話をベッドで寝ながら聞いている旦那。
 
 
この内容をどこまで今理解しているのかはわかりませんが。
 
 
きっと、数分後にはポワッと忘れてしまうかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
今は1日1日の回復を見ていくしかありませんが
 
 
どんな状態になっても、旦那を支えていきたいと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ん?あれって、俺のパソコン?」
 
 
 
医師とのお話が終わった後、旦那がつぶやきました。
 
 
目線の先にはテレビがありました。
 
 
 
 
「あれはテレビだよ」
 
 
 
 
「そういや会社はどうすればいいんだ?仕事が…」
 
 
 
 
こんな時まで仕事の心配とは!
 
 
 
 
「今は仕事の事は心配しないで、治療に専念してくださいって、会社の◯◯さんが言ってたよ?」
 
 
 
 
会社の人も相当心配してくれてるみたいで、そう連絡がありました。
 
 
 
 
 
「そうかぁ〜、でも、あの更新とかどうするんだろう…」
 
 
 
「・・・」
 
 
 
 
「まぁいっかぁ…」
 
 
 
「うんうん!あんな大変な手術をしたんだから、今はしっかり休まないと…」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ぇ?手術?俺が…??」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このくだり、永遠に続くのかな??笑い泣き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログランキングに一応参加してます
応援していただけると励みになります