人助け系にょろ | えみちゃんのアニカやってます!

えみちゃんのアニカやってます!

いやしの技術アニカで起こった私の心と周囲の変化、
アニカマスターコースで学んだこと、
子育てなど日々の生活での活用法を少しずつ書いていきます。


テーマ:

稚拙な私のにょろ考察ですが、リクエストを頂きましたので、《人助け系にょろ》についても書いてみたいと思います😅

《人助け系にょろ》の一番の特徴は、どこにでも誰のこころにもいる可能性がある、ということかもしれません。

人助けをしたいと思う人の動機は様々ですが、「善良で優しく、思いやりのある方」が実はものすごいネガティブの持ち主の場合もあるんです。

(それなら、自分さえ良ければいいという人間の方がいいのか、という話になって、この世の中が殺伐としたものになってしまいそうですが…

そうではなく、心身共にですが、真の人助けは人のためでも自分のためでもなく、自他の区別がないのではないかと思います。)

本音は自分がして欲しいのに人に一生懸命にしてあげたり、自分の辛さを紛らすために人に尽くすのなら、自分勝手の方がまだマシではないでしょうか。

「私は我慢しているのに」
「私はこんなにやっているのに」

と思っていると、それをしない人を非難し相手の自由を妨げることになります。

(はい、かつての私です💧今もまだあるかも😱)

また母親が、我慢強く忍耐強く辛抱強くあることを良しとして生きていると、子供にもそれを強いていたり、そうでなくても子供が知らず知らず我慢を溜め込むようになってしまいます。

(私のお母さん、あなたのことですよ💧)

結局《にょろ》というのは、《霊能系にょろ》にしろ《人助け系にょろ》にしろ、自分の本当の姿を見ない人のことですね。

それは、「過去世や御先祖様などルーツも含めての自分」の苦しみだったり犯した罪だったりもしますが、《にょろ》は人の苦しみをも捏造してしまいます。

アニカを始めた頃に「感じればすぐ分かる」と先生に言われたことがありますが本当にその通りで、《にょろ》のウソもすぐバレます(笑)。

せっかくの善意がネガティブとなり、後世にマイナスの置き土産になってしまわないよう、アニカで《にょろ》消滅を目指したいと思います🙋


《人助け系にょろ》の判定基準のひとつは、

『自分を優先することに罪悪感がある』

です🐍🐍🐍



追記

これは情と愛の違いでもあり難しいのですけど、人のために一生懸命に生きてすでにお亡くなりになった方が、明るいところにおられることもあります。

人のために生きるその生き方が悪いと言っているのではありません。

ただ、今までの地球ではなくこれからの地球での生き方として、今の私達がにょろについて理解することが重要ではないか、と私は感じています🐍🐍🐍













 

えみもんちゃさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス