NYだより◇-ZERO-②「奇跡の木」 | 板東靜オフィシャルブログ《BANDO SHIZUKA official Blog》

板東靜オフィシャルブログ《BANDO SHIZUKA official Blog》

とある音楽家の地球生活のカケラたち

ばんどうしづか やで☺︎

 

 

NYだより

グラウンド・ゼロ編のつづきです。 

 

 

{B822C5A1-399A-4600-AACB-37AE79D2EEB6}
 
 
 
 
9.11モニュメントを訪ね、祈りを捧げてフィールドレコーディングしました。
 
ここのおみやげ屋さんで、驚くべき出会いがあったので是非シェアさせてください!!
 
 
 
 
私はガイアシンフォニーと縁があり、
ガイア第8番の出演者ヴァイオリンドクターの中澤さんの工房で先月までお仕事させて頂いておりました。
 
 
 
 
中澤氏は、ヴァイオリン製作者であり、ストラディバリウスなどの名器の修理調整、鑑定を手がける第一人者です。
 
彼は3.11東北の大震災の流木、瓦礫から
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、二胡などの「TSUNAMI楽器」を製作され、
私はそのプロジェクトをしばらく担当しました。
 
 
これらの楽器の内部、「魂柱(こんちゅう)」と呼ばれるパーツには
陸前高田市の奇跡の一本松が使用されています。
 
あの津波の中、一本だけ生き残った奇跡の木です。
 
 
 
 
 
 
さて、ここNew Yorkマンハッタン、ワールドトレードセンター跡にて出会ったのは、
 
The Survivor Tree(生き残った奇跡の木)でした…!!!
 
 
 
 
同時多発テロの爆撃の中、唯一生き残ったoakの樹が、
 
’奇跡の木’としてセンタービル跡のそばに大事に植え替えられ、
 
元気に育っているということを初めて知りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸前高田の一本松の兄弟・・・
 
この木に出会えたことと、
 
ひとつだけ生き残る植物さんのお役目に感銘を受けました。
 
彼らはどんな記憶を秘め、何を伝えたいのかな。
 
 
もしかしたら、、、
 
この他にも、自然災害や人災を経験しながらも
唯一のサバイバーとなった記念樹の存在が
世界にはもっとあるかもしれない!
 
 
木は何千年も生きられるのだから、調べるとなにかわかるかも・・・!!
 
そんな考えが浮かびました。
 
 
 
 
 
 
偶然の驚くべき出会い。
 
ホテルに帰るとすぐに、
 
関係者にこの事をシェアすると、
 
お互いにまだまだ存在を知らないことが分かりました。
 
 
 
 

 

 

 

 

奇跡のsrvivor treeを見つけて、世界をつなげていったら、どうだろう??
 
木のお医者さん、植物とお話できる人、森と共に生きる人たちetc.と
 
こういう木を囲んでコミュニケーションしたら、どうなるかな??
 
ワクワク研究欲に火がつきました。

 

 

 

 

奇跡の木の兄弟の存在

 

帰国してみんなにシェアしたかったことのひとつです。

 

 

 

 

 

from SZ