矢返し~放った矢の矛先が変わる~ | 不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!

最近、肌がくすんでいるのよね~という方、そうで無い方、ポチっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

有難うございます。
マイナスエネルギーが溜まって来ると、肌がくすんできます。
何かしらの浄化をなさってみては如何でしょうか。
元の肌の色に戻って来ると思います。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

 私が、ご縁を頂く方々の中には、ブログを書いていらっしゃる方も多くいます。
そのような方の中で、数名の方が、「やんちゃさん。ブログ書いていて、内容について言われることは無いのでしょうか。私は、非難のメッセージに耐えられないことがあって」と、お話くださいました。

私は、「ご意見を頂くことは、何度もありました。内容を拝見させて頂いたこともあります。ですが、『あれっ?』と思ったんです。意見と非難の違い。とても、特徴があると思いました」と申し上げ、私の体験を聞いて頂きました。

私が、ブログを書き始めた頃、「伯母」のことなどを書いていたのですが、その当時は、「叔母」という漢字で書いていました。
お恥ずかしい話ですが、私は、「伯母」と、「叔母」の違いを分からず書いていたのですが、ブログ記事を読んでくださり、私と「伯母」の親戚関係を見てくださり、「やんちゃさん。やんちゃさんのおばさまは、『叔母』では無く、『伯母』だと思います。漢字って、難しいですよね。素敵な伯母様との関係、良いですね」と、「伯母」と「叔母」の違いを丁寧にご説明くださり、伯母と私の関係を大切にと、教えて頂いたような気がしました。
今も、忘れられない有難い教え、お言葉でした。

また、別の時、私が「三和土には足をつけない方が良いです」と書かせて頂いたブログの内容について、ご連絡をくださった方。
一人の方は、「三和土なんて字は、読めないです。沢山の人が読むものは、こちらがわかる字で書くべきです」とのことでした。
今は、そのようなことはしませんが、その時は、「どのような方?」と思い、その方のブログを拝見させて頂いたのですが、ブログタイトルは「毒舌な私が~」というもので、『ああ、なるほど』と思いました。

お相手の方は、「毒舌」という言葉を示していらっしゃり、「毒舌な私が、沢山の人に代わって意見を言ってあげる」という思いで、ご連絡をくださったのだと思いました。
ですが、「毒舌であらなければならない」「みんなの代わりに、私が毒を放ってあげる」という感覚は、沢山の方に求められているものでは無く、ご自身が沢山の方という言葉を使わなければ言えないことなのだと思います。
まるで、ご自分の意見が、沢山の方の意見であるかのように仰るのは、ご自身の意見として仰ることが出来ないということです。

同記事を読んでくださった方で、ご連絡をくださった方との違いが明らかでした。
私に、ご連絡くださった方は、「やんちゃさん。私、三和土という字を初めて知りました。検索したんです。そして、勉強になりました。でも、出来れば、難しい漢字にかっこで、読み方を書いてくれたら嬉しいです。意味は、ちゃんと調べますから」と記してくださっていました。
ご意見有難く、お読みくださった方に対し、ご無礼であったと思いました。

私は、自分の体験を聞いて頂いた後、「人の意見には、善意と悪意があり、その悪意の中でも、最もたちが悪いのは、自分の意見を堂々と話すことが出来ず、あたかも自分の意見が、他の人を代表しているものだと述べる方です。その様な方には、特徴があるんです。ご自分の言葉だけでは無く、ご自分が納得が出来る他の方が書かれたことを書き記したり、その方の文面をコピペして、文章に取り入れることです。ご自分が説明がつかないから、人の言葉を引用なさるものであり、引用された方もたまったものじゃないと思います。書かれた方も、人を攻撃する為に書いたわけでは無いのに、武器として使われることは、決して望んではいらっしゃらないと思います。それを、『この人が言っているんだ!』と書かれ、片棒を担がされる。書かれた方が、どんな思いをなさるか全く考えていらっしゃらないのだと思います」と申し上げます。

私は、私の記事を「リブログ」してくださる方の記事を拝見させて頂くことがありますが、「私も、こう思ったから♪」「読んでみたら♪」という、決して、どなたかを攻撃するのでは無く、ご自身が感じてくださったことを共有しようねというお心を感じます。
また、そのお心に、『やっぱり、同じこと思ってたりするよね♪良いことも、そうじゃないことも、心には思っちゃうよね♪』と、心強さを感じます。
正しさは、人それぞれであり、自分にとっての正しさを求める力を持つことも必要だと思います。
それは、ご自分の生き方というものだと思います。

情報は、人を攻撃する為に使うのでは無く、手を取り合う為に使うものであり、意見が違うと思うのであれば、「参考に」と留めおいた方が良いと思います。

私は、「誹謗中傷」に傷つくと仰る方には、「貴方と、名も明かさずに、意見という言葉を使って、己の考えも持ち合わせない、聞いたこと、見たことを、その場しのぎで鵜呑みにして、言葉を発する方に何の違いがあるか分かりますでしょうか」と、お尋ね申し上げます。

人の意見に、いつも、その時ばかりで心が傾き、それが正義であると思い込み、ご自分の意見を見失い、ご自分が、ご自分の手綱から手を離し、隙間を狙う憑き物に身を委ね、人を攻撃する憑き物の手先になっているということ。

「見極めをつけてください。そのような方に、貴方の人生の時間を傷つけられる必要はありません。決して、貴方のチームの方々は、そのようなことは望んでいません。一つ、私から、ご提案があります。浄化をなさり、ご意見を頂く方の意図を瞬時に感じることです。短い文面、長い文面も関係ありません。ただ、長い文面を書かれる方は、貴方に対し心が向いていて、『これ読んだら、色々考えるだろう』と、『これも、これも書いてやろう』と、時間を費やし、読むだろう貴方の姿を想像し、ご自分の時間を使っているんです。毒が塗られている矢を受け止める必要はありません。受け止めれば、毒が回ります。読まずに削除するということは、相手が費やした時間を一瞬にして無駄にし、念入りに毒が塗られた矢を受け止めず、矢返しすることになります。こちらが、矢を放ったのでは無く、ご自身の放った矢が、ご自身に戻っただけのことであり、自らが、自ら放った矢で傷つこうが、こちらは一切、手を触れていませんので関係のないこと。ご自分の意見でもなく、人の言葉を使い、矢を向けるようなことは、沢山の方がと仰る通り、沢山の方を巻き込んで傷つけることになるのですから、致し方のないことだと思います。意見は、あくまでも、ご自分。ご自分の言葉で仰ることだと思います」と申し上げます。

私は、同じ、ブログを書くものとして、そんなくだらない理由で、傷ついては頂きたくはないですし、傷つく前に「矢返し」という対処をして頂きたいと思います。

3/13のブログに、お知らせを書かせて頂きました。
8/30まで続けさせて頂きます。
お読み頂ければ幸いです。
こちらです

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ポチっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.