「出来るようになったらする」「出来る時にする」は通用しない | 不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!

最近、肌がくすんでいるように思うのよね~という方、そうで無い方、ポチっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

有難うございます。
マイナスエネルギーが溜まってくると、肌がくすんで来ることがあります。
何かしらの浄化をなさってみては如何でしょうか。
元の肌の色に戻って来ると思います。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

「出来るようになったらしようと思います」「出来る時にしようと思います」と、お口になさる方がいらっしゃいますが、私は、『そんな時は来ない』と思っています。

事が上手く運ばないから、何かしら手を打つのであって、上手く運んでいるのであれば、特別何かをしようと考えないと思うからです。

事が上手く運んでいる上で、何かしらをなさっている方というのは、事を上手く運ばせる為に何かをなさって、そのことに対し、必要性を感じたから継続している方だと思います。

そのような方は、「出来るようになったらする」ではなく、「今しなければ、このまま時だけが過ぎてしまう」と、どこかで腹を括ってなさった方だと思います。

そもそも、「出来るようになったらする」とお考えの方は、チームの方々が、「そうよね~。ちょっとぐらい何かしてあげないと、うちの子やる気も出ないわよね~」と、何かしら手を差し伸べても、『ああ、何もしなくても上手くいくじゃない。この調子で何とかなれば良いのよね』と、何もしないという選択をなさると思います。
又は、『これぐらいじゃ、何かしようなんて気にならないわよ。もっと、私が望むようなことが起きなきゃ、動きたくもないわ。私は待ってるから、私が納得するようなことを持って来てよ』というお考えなのだと思います。

私は、過去のブログ記事にも、なさるべきをなさり、チームの方々のお力添えの元、事を上手く運ばせていれば、チームの方の人数は増えると書かせて頂きました。

何故ならば、魂の方々にも感情というものがあり、楽しそうに日々を過ごしている姿を見ると、「あの子を支えた方が、私も楽しいわ」となるからです。

魂の方々の支えは当たり前ではありません。
担当になったとは言え、いつまで経っても動こうともせず、丸投げにされていては、離れたくもなります。

全ては、表裏一体です。
味方を増やすも、敵を増やすも、お心一つだと思います。

敵を増やすということについてですが、この世を生きる私たちには、魂の方々の支えを頂けることもありますが、肉体を持った魂として、動けること、出来ることを放棄しているような人は、エネルギーが冷えてきますので、そのような冷えたエネルギーを好む未成仏の方が寄ってきます。

未成仏の方も、元はこの世で過ごした人ですので、こちらが何に弱いか、何に心が動くかを良くご存知です。
ですので、未成仏とは知られずに、成仏した魂になりすまし、近づくことは容易いことです。

また、日頃から、事任せ、流れ任せにしている方というのは、エネルギー循環が良いとは言えませんので、感覚も鈍っていて、必要、不必要の判別がついていないと思います。

人は、その判別がつく状態で有れば、未成仏の方々との接触を防ぐことは出来ますが、感覚が麻痺していると、その判別がつきません。
事が深刻になってから、慌て、要らぬ動きをして、空回りを続けるのだと思います。

祖母が話してくれたことがありました。
未成仏になられる方が、時と共に増えているということです。

折角、この世に来て、様々体験出来て、そのことを持ち帰ることが出来るにも関わらず、動こうとしない。
自分が動かなかったことが原因であるにも関わらず、この世を過ごした時間に納得がいかないと、大本に戻ろうとしない。

私たちが、この世を過ごさせて頂いているのは、「私たちの支えって、何かしら貴方の役に立った?」「楽しい時間過ごせた?」「一緒に、事を進めた時間は、どうだった?思い出話、感想を聞かせて欲しいのよ」と、私たちの土産話を楽しみにしてくださっている方々の為でもあります。

良く、「私の役割はなんでしょうか」と、お尋ねくださる方がいらっしゃいますが、「役割が分かればやるけど、分からないから出来ない」と仰っているようにも聞こえます。

そして、そのような方に、「ご自分が今を生きること、豊かに生きることです。先ず、身を整えることです」と申し上げても、「役割が分かれば、そのことをしようと思います」と、仰られますので、「では、貴方は、ご自分が幸せになることが、ご自分の役割とは思わず、ご自分が幸せでこの世を過ごすことで、その姿が人の支えになれるとは考えず、ただ、ただ、人から何かしらの感謝をされれば、役割を果たしたとお考えなのですよね」と、申し上げます。

また、私は、人様を視させて頂くようになってから、今日まで、とても多くの医療関係の方々とご縁を頂いて来ました。

開業医の医師に対しては、「先生、患者さんの人数では無く、この方を診ると体がお辛いということはありませんでしょうか」とのことに、「まあ、そのようなことはあります」と、真のお心を話してくださり、ご無礼を承知で、医師としての誇りについて話させて頂きました。

「先生は、技術を持っていらっしゃると思います。人の体を元の状態に戻せるお力があると思います。ならば、整った身で、患者さんに触れて差し上げてくださいませ。先生の技術に加え、先生の身が整っているならば、患者さんは回復も早く、先生のお力、お心で、患者さんを病から引き離して差し上げることが出来ると思います。もっと、商業的なことを申し上げると、先生は、医師であっても、開業なさっているということは、経営者です。スタッフの方々の生活を保障しなければならないお立場だと思います。会社は、経営者のエネルギーそのものです。お忙しいことと思います。ですが、患者さんの為にも、運営の為にも、毎日身を整え、月に一度だけ、たった一度だけでも、寺社に足を運んでくださいませ。『行けたら良く』『出来たらする』とは言わないでくださいませ」と、申し上げました。

その後、先生の奥様から、「診察を受けに来る患者さんが増えました」や、「○○検査の予約が増えました」と、ご連絡を頂きました。

患者さんが増えたことは、病を患う方が増えたのでは無く、何れどこかの病院にお世話にならなくてはならない方が、その病院(=身が整っている医師)を訪ねただけのことだと思います。

エネルギー状態と、経済的なことは直結しています。
経営者がエネルギーダウンを起こしていて、会社の運営が上手く行っているという話は聞いたことがありません。

医師、開業医、経営者に限らず、個々を考えても同じだと思います。

自分の幸せを強く願い、行動に移さないような方が、豊かさを得られているということは無いと思います。

自分を大切になさろうとしない方に、周りの方々が手厚くなさる訳はなく、神仏のお力添えを頂くにしても、同じことが言えると思います。

「出来るようになったらしようと思う」ということは、お膳立てをしてくれたら動こうと思うけど、そうで無いなら動きたくないというお心であり、誰もお膳立てをしてくれないのであれば、現状を受け入れ続けるということなのだと思います。

そのような方は、受け入れ続けたら良いのだと思いますし、幸せを然程望まぬ方なのですから、神仏、魂、人の支えなど心から求めていないのだと思います。

積極性を持ってこそ、事が変わるのであり、積極性を持たぬ人に、力を貸そうとなさる方はいらっしゃらないと思います。

「出来る時にやる」と、「いつか、いつか」と思われて、限りある時間の中、何も動かず、ご自分の幸せに対し、積極的にならない方は、それで良いと思います。
周りも、「積極的になって」とは言わないと思います。
皆、自分のことで精一杯だからです。

ですが、結果として、大本に戻る時を迎え、「こんなんじゃ納得いかないわよ」と、未成仏になり、周りや、事を恨み、覚悟を持って、この世を生きている人の足を引っ張るようなことは控えて頂きたいと思います。

この世は、リハーサル無しの一発勝負です。
その為に、使える体を与えられ、「いつだって、頼って良いんだからね。一人で考えることは無いんだからね」と、魂の方々が支えてくださっているのですから、体も上手く使おうとせず、心も考えないような方は、「動かない」という信念を貫き、それと同時に、人が幸せを望む心には、一切手を触れないと、決めて頂きたいと思います。

「出来るようになったらする」という方と、「出来る人になる」という方とは、全く心が違うのですから、違う心を、同じにすることは出来ません。

このようなことを同じとしたならば、大本の根幹が揺るぎます。

そのようなことを、確かに分かっていらっしゃらずとも、言葉で聞いていらっしゃらずとも、大本から来た誇りを持ち、ご自分がこの世で豊かさを得る意味、意義を、肌で感じていらっしゃる方は、時を、「いつか」とはせず、「今こそ」とお考えになり、事を動かしていらっしゃるのだと思います。

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ポチっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.