「霊媒体質です」「憑依体質です」という方とは、距離を置くこと | 不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!

最近、喉が荒れているように思うのよね~という方、そうで無い方、ポチっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

有難うございます。
喉に効果がある色は、水色です。
何かしら水色の物を身に着けるようにしてみては如何でしょうか。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

「私は、霊媒体質なんです」「私は、憑依体質なんです」と、仰る方がいらっしゃいますが、そのようなことを口になさる方のお言葉の響きは、どこか、「私は、特別」という心が含まれているように思います。

そのような傾向にあるならば、改善をなさったら良いことなのに、その気も無く、そのことは、ご自分の個性であり、ご自分は特殊であるという印象を人につけようとしているにしか過ぎないと思います。

大変ご無礼な言い方になりますが、どなたにでも体に触れることを許す、だらしの無い方だと思います。

私は、ブログの最初にも、憑き物が憑いていたということを書かせて頂きました。
私自身も、だらしのない人でした。

何の手も打たず、受け入れておりましたし、感覚が完全に麻痺した状態でした。
ですので、次第にことが深刻になって行き、心当たりのない痣が体に出来るようになり、その痣は、はっきりとした指の形になっていきました。
また、ある時は、自分の意思でも無いのにベランダから転落し、またある時は、体を取られ、後頭部を八針縫う怪我をしました。

命を落とすことになるかもしれないと、真剣に考えるようになりました。
だからと言って、何をして良いのかも分かりませんでしたが、「おかしいんだ」「私、おかしなことになっているんだ」と認めた時から、事が変わり始め、周りの方、寺社のお力添えを頂き、憑き物を、曾祖母所縁の寺で祓って頂きました。

ですが、直ぐにことが改善された訳では無く、触れられる状態を完全に断ち切らなければならないと思い、寺社に伺いながら、浄化を始めました。

寺社に伺い、浄化を続けるうちに、事は変わって行き、私は、未成仏の方に触れられることが無くなり、私を支えてくださるチームの方々と心を通わすようになりました。

私に起こったことは、何も特別なことでは無く、この世で過ごしている方なら、どなたにでも可能性があることです。

私は、「霊媒体質、最高!」「憑依体質で良かった♪」という方の言葉を聞いたことがありません。
「霊媒体質」「憑依体質」と、自らが口になさる方は、真の怖さを知らず、「私って、大変な人なのよね~」「特別な人なのよね~」と、人の気を引きたいだけなのだと思います。

ですが、そのような方が気を引けるのは、人ではなく、憑き物だけです。
「霊媒体質」「憑依体質」というものには、何の価値もありません。

ご自分の幸せを考えず、本来の目的を放棄し、人に不幸を撒き散らすような方とは、距離を置いた方が良いと思います。

この世を甘く見ていると、うっかり命を落としてしまうこともあります。
そのような方と接触をして、巻き込まれでもしたら取り返しがつかないことになります。

ご自分の幸せを望むなら、不幸を誇示するような方との接触は控えた方が良いと思います。

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ポチっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.