困った、困りましたと、大騒ぎをしたい方 | 不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!

ご自宅で玄関マットを使用しているという方、そうで無い方、ポチっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

有難うございます。
玄関マットは、外から持ち帰った不必要なエネルギーを吸収してくれています。
気が付いた時にでも、お手入れをなさった方が良いと思います。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

 私は、鑑定後、ご縁を頂いた方々と、メールのやり取りをさせて頂いております。

ご連絡頂く中には、「先日、ある証明書を持っている方に視て頂いた所、私には良くないものがあるということで、今まで上手く行っていたのに、ショックでした」とのことが記されていることがあります。

そして、「やんちゃさんの鑑定を、もう一度受けた方が良いのでしょうか」と、ご連絡を頂くことがあります。

私は、そのような方には、「再鑑定は、謹んで辞退させて頂きます」とのみ、返信をさせて頂きます。

理由としましては、「良くないものがある」と仰った方に、それが何なのか、どうしたら良いのかを尋ねたら良いことであり、その方に聞け無い理由が、どこにあるのかということです。

これまで、上手く行っていたことを捨ててまで、支えてくださっているチームの方々の心を踏みつけてまで、その方の言葉を信じるのであれば、その方に伺ってみたら良いと思います。

何故に、私に聞いて来るのか、そして、その理由を知る為には「再鑑定が必要であれば」との駆け引き。

本当は、「メールのやり取りの中で、事が解決できることを知らせてくれたら良いけど、それを言ってくれないのならば、鑑定を受けますということなのでしょ?」と思います。

そのようなお心の方の再鑑定をさせて頂くつもりはありません。

人様を視させて頂くことに、証明書などありません。
その証明書に、何級、何段とあるのであれば、増々、おかしな話です。

それは、領収書というものです。

本当に、それが真の証明書であるならば、むやみに人を脅かすのではなく、術を伝えるはずです。

術も話さず、「あなたには、悪いものが~」と仰るのであれば、その方は、鑑定師気取りの人でなしです。

ですが、そのような方だけに非がある訳では無く、そのようなことの見極めも出来ない方にも非があると思います。

チームの方々と繋がっていたはずなのに、「困りました。困っています。大変です」と仰られても、そのことは、ご自身が選んでなさっていることです。
心に迷いが起こるのも、ご自身の問題です。

人に駆け引きをするような心があるから、そのお心に相応しい方に「貴方には~」などと言われるのだと思います。

「困りました」「大変です」の前に、チームの方々が、事を上手く運ぶ為に、どれ程の心で、どれ程のお力添えをしてくださったのかを考えた方が良いと思います。

私事で言わせて頂くと、チームの方と繋がった方々は、その心を裏切ることなく信じていらっしゃる方は、パートナーが出来たと仰られ、結婚すると言い出し、ご懐妊の運びとなるわ、お子が誕生されるわ、転職するわ、引っ越すわ、その度に、そのようなご連絡を頂く度に、ご祭神様方が、「やんちゃ、これを」「やんちゃ、私の心を」と、私に、あれをして、これを送りなさいと言われ、そのことだけで、私は自宅と郵便局を行ったり来たりです。

不満も、負担もありません。
心よりお祝い申し上げますし、何よりも、お相手のチームの方々が喜んでいらっしゃる、心躍っていらっしゃることが、私自身、とても深い学びとなっています。

ですので、心よりも、証明書というものを重視なさるのであれば、証明書を持っている方の言葉を信じ、私に聞く必要など無いと思います。

私に、尋ねる前に、仰ったご本人に、お尋ねになられた方が良いと思います。
証明書に従った言葉を返してくださると思います。

そのことが言えぬ方の言葉に踊らされ、「困りました」と仰るのであれば、それは、ご自身が、ただ、その状況を楽しみ、相手の方の言葉に振り回されることも楽しみ、大騒ぎしているにしか過ぎないのですから、悪ふざけは、別でなさって頂きたいです。

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ポチっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.