過ぎた日々に拘り続けることは、今後の豊かさを捨てることになる | 不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!


テーマ:
最近、喉が痛むのよね~という方、そうで無い方、ぽちっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

有難うございます。
喉の痛み、不具合というものは、風邪以外に、言いたいことを呑み込み、言葉を選び過ぎる時にも起こります。
喉に良い色というのは、水色です。
何かしら、水色の物を、持つようになさってみては如何でしょうか。
喉の痛み、不具合が、緩和されるかもしれません。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

 私が、ご縁を頂く方々は、過去のお辛い体験を、お話くださる方も多いです。

「あの時のこと、忘れられなくて・・・」「思い出す度、辛くなります」と、お話くださいます。

この世で生きていれば、そのような経験は、どなたにでもあると思います。

ですが、過ぎた辛い日々に拘り続けると、今後の豊かさが蝕まれます。
ご自分の今後の豊かさに、過去の辛い日々を持ち込んではならないと思います。

ですので、過去の辛い日々を捨てるのか、今後のご自分の豊かさを捨てるのか、どちらか選択なさることだと思います。

過去の辛い日々を捨て、ご自分の今後の豊かさを選ぶのであれば、その時の状況、関わった方に対し、心を向けぬことです。
「ああ、あの時のこと、本当に嫌だったし。あの時の人、どいつもこいつも嫌な奴だったな」と、心をはっきりと決めることです。

「あの人にも、色々事情があったのだろう」と、優しくお相手の方の事を考えることは、その時を捨てられないことです。

相手に優しくても、自分に優しくないということは、今後の豊かさを捨てることになります。

人生の岐路に立った時は、自分優先で良いと思います。

決別の覚悟を持って、人生の岐路を乗り越え、ご自分の豊かさを感じた時、「どいつもこいつも嫌な奴だった。嫌な時間だった」と思っていたことが、「まあ、今となっては、あの方、この方との時間も、私が磨かれる体験だったのかも」と、心が変わると思います。

過去の辛い日々の中に、今後の豊かさを生み出す力はありません。

一旦、捨ててこそ、その時間は、今後の豊かさの中に、再び、経験として生きてくるのだと思います。

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ぽちっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.


やんちゃ姫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス