パートナーの憑き物に、憑かれる方 | 不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる

不思議なことはまだまだ起こる。
この言葉が私の頭の天辺からつま先までを抜けた。
この日から、私は自分の人生が自分の思うがままに生きられることを知った。人生って最高!


テーマ:
最近、何だか、同じ寺社の名前ばかり見るのよね~という方、そうで無い方、ぽちっと、応援お願い致します。


スピリチュアル ブログランキングへ

有難うございます。
呼ばれているのだと思います。
身を整え、伺ってみては如何でしょうか。
良き、ご縁に繋がると思います。
ささっ、本文を読んでくださいませ。

 私が、ご縁を頂く方の中には、憑き物が憑いている方もいます。
ご本人が原因の憑き物もあれば、そうで無い場合もあります。

そうで無い場合というのは、パートナーに憑き物が憑いていて、その憑き物が移動してしまう場合です。

憑き物が憑く目的は、肉体です。
自分には無い、体を使いたいからです。
ですので、精神バランスを崩し、意のままに操ろうとします。

私は、そのような方々と、ご縁を頂いたことが何度かあります。
その時、私が、お相手の方にお尋ねすることは、「立ち入ったことを伺うようですが、貴方のパートナーの方は、貴方と体を重ねることを、極端に求めていないでしょうか」ということです。

「そうなんです。拒めば、とても不機嫌になってしまいます」と、仰る方は、『まだ、大丈夫。静かに事を進めれば、少し時間が掛かっても、なんとかなる』と思います。
そのような方は、まだ、品を落としていません。
ですが、「そうなんです。昨夜は○回、今朝も○回で、もう、私を求めて止まないんです」と仰る方もいらっしゃいます。
こちらとしては、そのような傾向があるのではと、お尋ねしているだけであり、どのようなことを、何度しているのかなど聞いている訳ではありません。
ですが、パートナーの憑き物に、深く入られている方というのは、「私が魅力的だから」と、お考え違いをなさり、そのことを誇示なさいます。
憑き物に憑かれると、品が無くなります。
ですので、同性、異性に関わらず、ご自分の性的魅力というものを、相手に見せようとなさります。

そのような方には、「貴方が、ご自分に魅力があるから、パートナーの方が、貴方を求めているとお考えになるのは違います。貴方を求めているのは、パートナーだけでは無く、パートナーに憑いている憑き物も、貴方を求めています。体を重ねるということは、エネルギー交換がしやすいです。パートナーも、お辛いのだと思います。ですので、貴方に少しでも負担を被って欲しいのだと思います。これは、無意識のことです」と申し上げます。

そう申し上げて、ある程度、ご理解をくださり、「では、どのようにしたら良いのでしょうか」と、お話くださる方は、まだ、見込みがありますが、「私が、何かしたら、相手も上手く行きますか?」と、お話くださる方は、とても難しいと感じます。
完全に、共依存の域に入っているからです。

そのような方には、ご自身で、事の深刻さを感じて頂くしかありません。
「貴方が今、パートナーに求められているのは、憑き物を、貴方に移動させたいということです。そして、極端に、体を重ねる行為に至るのは、お相手の憑き物が、貴方に、マーキングをしているということです。お相手がどうかと考えるより、今、ご自分を、お考えにならなければ、取り返しのつかないことになります。貴方の自由を奪ってまで、事に耽るということが、愛情でしょうか。良く、お考えください」と、申し上げます。

その上で、私の知人の話を、させて頂きます。
「私の知人は、憑き物が憑いていた方と一緒に過ごし、事を、拒んだ時、突発的に、自分の体を刃物で切りました。その傷を、私に見せてくれた時、彼女には、どこか誇らしさがあると感じました。愛情を、別の形で見せたという誇らしさです。ですが、そのようなものは愛でも何でもないです。ただ、その時に、憑き物が、『マーキングを拒むなら』ということで、彼女にさせたことです。彼女は、そのようなことをした時、意識が飛んでいたということも話してくれました。その彼女は、その後、パートナーと、お別れしましたが、体に、大きな傷は残っていますし、その傷を見たご両親にも、大変深い心の傷が残っています。貴方は、今後、ご両親、ご自身の心、体に傷をつけずに、過ごせますでしょうか。今なら、取り返しがつきます。貴方が美しくないと申し上げたのは、貴方の心や、身なりのことだけではありません。懸命に育ててくださったご両親に、ご心配をおかけするようなことになっても構わないと、身勝手に振舞っていることに対し、美しくないと申し上げているんです。真の愛が何なのかも分からずして、求められるままに、体を重ねることで、どのような愛を感じていらっしゃるのでしょうか。良く、お考えくださいませ」と、申し上げます。

私は、体を重ねることが、いけないことだとは思いません。
安心感を得られますし、互いを確認できることでもあると思います。
また、その中で得る、快楽というものは、肉体を持った魂にしか得られないものです。

ですが、物事は、極端になってしまうと、得るものが違って来るということもあります。
ご自分の在り方、また、相手の在り方を、確認した上で、事に至るということが、最も、効果的で、温まるものだと思います。

沢山の方々に読んで頂きたく、参加させて頂いております。
ぽちっと、応援頂ければ幸いです。


スピリチュアル ブログランキングへ

いつも応援頂き有難うございます。
心より感謝申し上げます。


浄化の習慣

発売日:2016/02/20
出版社:KADOKAWA

http://www.blue-planet.tokyo.jp
私たちは宇宙の一員であり、学びの達人である。We are the members of the universe.

やんちゃ姫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス