ネイサンと奨学金 USA Today | BABE Collection feat. ネイサン・チェン ~Nathan Chen~

BABE Collection feat. ネイサン・チェン ~Nathan Chen~

ネイサン・チェン選手の魅力を伝えたい!
ネイサンチェン選手が気になったら見にきてください♪
~Nathan Chen Fan Blog~

ネイサンもう旅だった頃かな~ルンルン
と思っていたら、
カリフォルニアはまだ金曜日でしたチュー

さて、こちらはUSA Todayの記事。
ネイサンが奨学金を受けてスケートを続けてきてことなどが書いてあります。

またまたGoogleさんにお願いしましたニコニコ

ーーーーーーー
Nathan Chen elevates U.S. hopes for figure skating gold at Winter Olympics




ネイサン・チェン、冬季オリンピックでフィギュアスケート金メダルを狙う


5人兄妹のうち最年少の、ソルトレイクシティで育った小さな男の子がスケートをしようと決めたのは約15年前です。彼の家族は彼用のスケート靴を買うお金を持っていなかったので、彼は上の姉の白いスケート靴をお下がりで履きました。

彼がそれを超えて成長したとき、父親はあることを思い付きました。
父親は、3回の全米チャンピオンと2回にわたるオリンピックアメリカ代表のマイケル・ワイスが有望な若いスケーターに奨学金を与えていることを聞きました。
彼の息子は若すぎて、ワイスの奨学金を申請することはできませんでしたが、とにかく助けてくれると言い、その男の子の最初のスケート靴の代金200ドルを彼の家族に与えてくれました。
 
少年の進歩が目覚ましいようになったので、ワイスの財団は彼のスポーツを助けるために、次の10年間で約75,000ドルを送っていました。

それは理にかなっていました。フィギュアスケートとネイサン・チェンはもう途中で離れられなくなっていました。


先月、フィギュアスケートで2度目の全米大会を優勝した後、この話を聞いたチェン(18歳)は、笑顔を浮かべていた。

「マイケルが私の若いキャリアをスタートさせるお金を与えてくれました。」とチェンは語った。 「正直なところ、それがなければ、私が今どうなっていたか分かりません。」

一世代に一度の才能と才能豊かなアスリートと熟練したアーティスト。チェンは今シーズン、世界で唯一無敗の男性フィギュアスケーターです。彼の幸運と滑りやすい氷の上で彼の着氷が決まれば、憧れのメダル、おそらくは金メダルを狙って彼は平昌に向かいます。

「オリンピックについて考えてみると、時々私はちょっと神経質になる。」とチェンは語った。
「すべての競技会で、私は自分自身にまるで世界の終わりかのような多くのプレッシャーをかけるが、そうではないことを私自身思い出さなければならない。 
最終的には私はその瞬間を楽しむように努力し、そこを楽しむたびに、私はプレッシャーをはねのけて、幸せを感じられるし、ベストなスケートをすることができます。」

チェンのランクアップは驚くほど安定していた。彼は2010年バンクーバーオリンピックの時に2度のノービスチャンピオンであり、2014年のソチシーズンのジュニアグランプリシリーズで2度優勝した国際チャンピオンであり、国際的なメダルも揃っていました。彼は毎年ワシントンD.C.地域で開催されたワイスのスケートショーに出演し、群衆から拍手で歓迎された。この子供は、間違いなく道を歩んでいた。

わずか2年前、彼は2016年の米国選手権で初シニア(オリンピックレベル)で銅メダルを獲得しました。


彼はショートプログラムで2つの4回転ジャンプを決めたアメリカ人初の男性となり、フリープログラムで4つの4回転を着氷させた世界初のスケーターになりました。
しかし、その日の後、エキシビションでは、彼は三回転ジャンプの間に左股関節を負傷し、手術を受けなければならず、彼のシーズンは終わった。まるでスケートの神々が、スローダウンしなさい、まだ若いんだから、と言っているかのようでした。

「それはふりだしに戻った」とチェンは語った。

「人生の観点からみて、私は学業に少し遅れていたので、それは私を軌道に戻しました。私は何をしたのかを考え、まだ来ていないことすべてに感謝することができました。」

彼は復活して、2017年の全米選手権で1つの4分半のフリープログラムで、5度の4回転ジャンプを行う国際スケート史上初めての男になった。彼はまた、ショートプログラムで2度の4回転を決めました。それが彼が2018年の全米選手権にも勝つためにやったことでもあり、彼がオリンピックにいくのにふさわしい資格があり、それはまた彼が試合でやろうとしていることです。

これらの統計の重要性は、うわべだけ見ていると失われる可能性があるので、考慮する必要があります。
わずか8年前、バンクーバーオリンピックではアメリカのEvan Lysacekが一つも4回転を跳ばずに金メダルを獲得しました。

しかし、チェンはジャンプだけではありません。
フィギュアスケートにも芸術性が求められています。これは、チェンのユニークな幼年期が重要な役割を果たします。
7歳でソルトレークシティーのバレエ・ウェスト・アカデミーに入学しました。そこで6年以上、週6回のレッスンを受けました。今日の彼の洗練された氷上での動きは、バレエスタジオの形成期にまで遡ることができます。これは、チェンがオリンピックに向うにあたり、強力なジャンプとエレガントな芸術の絶妙なパッケージです。



1988年のオリンピック金メダリスト、ブライアン・ボイタノは、「彼のジャンプと4回転は非常に精密で、すでに彼のスタイルを持っていることは素晴らしいことだ。」と語った。「この男は、積極的に行動することができます、私は本当にそれを信じています。」

ジャンプしたいだけの若いスケーターとは異なり、チェンは振り付けとプレゼンテーションについて深く気遣っています。
オリンピックシーズン、彼はフリープログラムのために有名な振付家ローリー・ニコルと仕事をすることに決めました。

2017年5月下旬のある日、ニコルはテキストメッセージを受け取りました。

「私はここにいます。」

チェンは、彼女と仕事を始めるためにトロントに到着したとニコルに伝えました。

問題は、翌日までニコルのスケジュールが空いてなかったということ。彼は一日早く到着した。

「それは私のキャリアの中では初めてのことだ」とニコルは笑いながら語った。

その若々しい体の中には、古い魂があります。 「私が年を取るにつれて、私のスケートのキャリアは永遠に続くことはありません。せいぜい、私がスケートをするのはあと8年ぐらいだし、スケートの外には大学を含めてやりたいことがたくさんある。」

他にも色々あります。ワイスが彼のためにしたことは、彼が他の誰かのためにやりたいことです。

「これは若いスケーターを助けるために、私が実際にやっていることに非常に興味があります。マイケルが私に同様の道をたどるように促したのは間違いない。私はいつかやりたいと思っています。」


スケートのジャンプやスピンはすべて完全な回転をしている。言い換えれば、一周して元の位置に戻っていく、ということだ。

ーーーーーーー

照れ

彼がここまでブレずにフィギュアスケートに打ち込むことにした理由の一つに、ずっと奨学金を受けてきたことも関係あるのかもしれませんね。
そして彼自身が今度、若い次のスケーターを助けてあげたいと思ってるなんて。
ホントに人間としても立派ですねおねがい


さて毎度のことですが、この記事とリンク先の動画でネイサンが話してる内容はまったく別ですえー
イケボで「another one , another one…」って言ってるのしかわからなかったタラー
ので、可愛いいネイサン置いときます。
また見に行ってみてください。




それにしても…

「来ちゃったウインク

と言ってニコルの前に現れたネイサンキラキラ

想像するだけで…ラブラブラブ