今日はチビの学校の授業参観でした。

 

学年が上がるにつれ、参観にやってくる保護者の方もだいぶ減ってきます。

歳を重ねるにつれ、私の髪も減ってきます。

 

それはそうと、今日の参観はそれでも多いほうで10名くらいでした。

 

私はヒマなもんで、これまでチビが病気で欠席した時以外は必ず行ってます。

それは授業参観に限らず、保護者が見学可能な学校行事はすべてね。

だって、行かなきゃもったいないですから。

 

ま、もちろん時間があるから行けるだけで、そんなことは自慢できるようなもんじゃないけど。

 

ただ、もしも私が親権を持てずに子どもと離れて暮らしていたとしたら、わが子の学校行事に行くなんて夢のような幸せなことじゃないかと思うのです。

だからひとつひとつの機会を私は大切にしなきゃね、バチが当たります。

 

 

ということで、今日の授業は算数でした。

5年生にもなると、なかなか高度なもんです。

 

ある連続した図形をもとにその規則性を見つけ出して、それに当てはまる公式を作る、というもの。

 

けど、そんな難しい内容でも担任の先生の進め方が上手いので、子どもたちも皆しっかり理解してるようでした。

やっぱり先生の力量って大事だわ。

 

そんな授業中、ふと教室の壁を見ると、子どもたちが書いた「グラフをもとに考える」的なレポートが貼り出されていたのです。

どうやらテーマは自由で世の中にあるいろんな事象のグラフを用いて考えを発表するもので、チビが書いたのは「国内の殺人事件件数の推移について」だったのです。

スポーツやアイドルのことをテーマに書いている子も多い中、なぜ殺人事件??

読むと、ここ50年間で国内の殺人事件数はすごい勢いで減少している、というものでした。

で、チビなりにその原因を分析してたり、きちんと真面目に書いていて、父はとても感心したのです。

 

最後に、チビはこんなことばでそのレポートを締めくくってました。

 

「これから先もますます殺人事件はへってってほしいです。ついでに僕のお腹もへってます。」

 

 

えっ?

その最後の余計な一文は何???

 

僕のお腹もへってますって…。

まっっっっったく必要ない話しだし。

そんなものがドーンと貼り出されていて…あぁ、恥ずかしい。

 

でも正直言うと、その、最後にちょっと韻を踏みたくなる気持ち、わからんでもないんだよな。

この子、なんか俺に似てる。