国土交通省は23日、茨城空港(茨城県小美玉市)で21日午前、ソウル・仁川空港発のアシアナ航空168便エアバスA321機が着陸時に滑走路を約30メートル越えるオーバーランがあったと発表した。11日に開港した茨城空港で初の運航トラブル。乗客乗員計93人にけがはなく、機体の損傷もなかった。

 国交省によると同機は21日午前11時45分ごろ、着陸時に駐機場に向かうため、南進していた滑走路をUターンする際、オーバーランに備えた過走帯(約60メートル)に進入した。同航空は原因について「着陸する際に南側にずれてしまった」と説明しているという。

 国交省百里空港事務所は発表の遅れについて「事実関係の確認に時間がかかった」としている。

【関連ニュース】
茨城空港:開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
茨城空港:採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ
茨城空港:4月からスカイマーク神戸便が就航 初の国内線
増える空港 かさむ赤字/1 狭い国土に98

足利事件再審 菅谷さん、法廷では笑顔なく(産経新聞)
<足利事件>菅家さん無罪へ、26日に再審判決公判(毎日新聞)
生方副幹事長に辞任迫る=執行部批判を問題視-民主(時事通信)
子ども手当法、きょう成立 外国人申請殺到も 財源いまだ綱渡り(産経新聞)
京都大 卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)