小あじの南蛮漬けレシピ。 | ふぐ・毛がに・まぐろ・はも・こだわり、ふぐ魚料理専門店、東京、浅草・蔵前 予約制の店「三代目魚熊」

ふぐ・毛がに・まぐろ・はも・こだわり、ふぐ魚料理専門店、東京、浅草・蔵前 予約制の店「三代目魚熊」

こだわりふぐ・魚料理専門店【三代目魚熊】の三代目ブログです。

こだわりのふぐや魚料理を、紹介します。

こんにちは、東京都 台東区 蔵前、魚料理 


【三代目魚熊】の三代目です!





今回、改めて小鯵の南蛮漬け、レシピを更新しました。


是非チャレンジしてください。




下町・浅草蔵前 (自称極旨魚料理)三代目魚熊で働く三代目による魚だけの     魚しか紹介しない三代目魚熊極上魚日記!

   


   


材料(5人前)




    


A 豆アジ30匹位 (大きくても良いが タバコ位のサイズが良い)




    


B たまねぎ (1個)


  にんじん (少々)  




    


C 小麦粉(適量)


  片栗粉(適量)




    


D 特製南蛮酢




      だし汁  (4) かつおだし、こぶ、煮干などの和風だし(既製品代用でも可)     


      お酢   (3)


      みりん  (2)


      薄口醤油(1)


      砂糖   (1)


      鷹のツメ 少々


     


      例  だし汁 200cc  お酢 150cc みりん 100cc 薄口醤油 50cc 砂糖50g 鷹のツメ 


     


    


E 揚げ油(サラダ脂など)


     


    作り方


   


    


1)Aの豆アジを手で上記写真のアジのようにアゴの付け根からエラ内臓を取り出し、硬い骨も取り除き、最後に歯ブラシ等でよく水洗いし全体に水気を取る


    


2)Bの玉ねぎ、にんじんを上記写真のようにアジになじませるため、細かく千切りにし良く水でさらし ざるに上げて置く(お好みでピーマン、しし唐なども良いが色がくすみやすいので注意)


   


3)Dの特製南蛮酢を合わせ火にかけ沸騰する前に火を止める(だし汁は例の分量より多く作ったほうが良い)


    


4)Cの小麦粉 片栗粉を同量にし混ぜ Aの豆アジに付け余計な粉を落としEの揚げ油180度ぐらいの油で5分位上げる(アジの大きさにより時間はバラバラ)(一つ揚げたてを食べてみればよい)火傷に注意!


    


5)大き目のバットなどにBの玉ねぎ、にんじんを半量敷き詰め 4)で揚げた豆アジをキレイに並べ Dの特製南蛮酢を再び火にかけ熱々の特製南蛮酢をかけ再度Bの玉ねぎ、にんじんを半量を上から敷き詰め熱いうちにラップを上から空気を抜くようにかける、荒熱が取れるまで冷蔵庫には入れず冷めた後冷蔵庫に入れると日持ちする。




    


『あとがき』


熱々の出来立てもまた格別な旨さで、また冷蔵庫にしまい冷たい南蛮漬けも酒のつまみに最高です。






下町・浅草蔵前 (自称極旨魚料理)三代目魚熊で働く三代目による魚だけの     魚しか紹介しない三代目魚熊極上魚日記!



カリスマモデル、『くみっきー』事、舟山久美子さんも、アジの南蛮漬けにチャレンジしましたよ♪




東京都 台東区 蔵前、魚料理 


【三代目魚熊】の三代目でした!