【Handmade】お昼寝布団袋の作り方 | あおIRO日記

あおIRO日記

2011年12月1日生まれ あおの成長記録


テーマ:
二年ぶりですが…今回もまた作りました(・∀・)

{3568CA30-541E-437B-ACB1-70DE9371CBBF:01}


お昼寝布団バッグです!

サイズ:70×42×マチ14



大きいから作るの大変なのですが、2つめとなると要領を得てわりとラクに作れました。

作り方や私なりのコツなどご紹介したいと思います。


***


《用意する布》

キルトやキャンバスなど厚みのある布を想像しがちですが、そこまで立派な布でなくても大丈夫。
幼児の布団は軽いし、持ち運び頻度も二週に一回なので卒園まで充分もちます。
(キルトとか高いしね。)


・分厚過ぎず薄過ぎず
・テンションが低め
・防水性がある程度有る
・汚れが目立たない濃い色
・かわいい柄よりも無地が人とかぶらず良い

と思います。


私はこんな生地を選びました。
(ママ友さんの家に眠っていた生地をいただきました。)

{311DB4D1-6F18-45D3-9C9B-13701EF28123:01}

↑駅員さんの制服のような生地(?)
やや厚手の化繊です。


ちなみにあおの時は〈傘の布〉を使いました。




《作り方》

106×86に裁断し、マチ部分は14×8の四角形を切り取ります。

{8081FBEB-F2C9-4A8E-B9D1-1BD9C8A22BE8:01}



ワッペンと名前布を指定の場所に縫い付けます。
{99811537-47E0-4A16-A1F0-CD355B36377B:01}

ここで入れ口を三つ折り(2cm×2回)にアイロンかけておくのが良いです。



中表にして両サイドをダーッと縫い合わせて、マチを縫います。
{1BB6E4FE-3EBD-4374-9C8F-FA680A409AB6:01}




マチは側面布の縫い代を割ってから縫い合わせてください。
{16508EB9-ED10-42F2-A8BB-24181C5319B4:01}

布端処理はお好みで。
今回はミシンのオーバーロック機能を使いました。




入れ口は2cm×2回の三つ折りに。
持ち手(2.5cm×65cm)を入れ込んで縫います。折り返してステッチ。
{CEB339D3-97EC-4BF7-8C4F-0AB5AB0426C4:01}




表に返して完成です。

{F984889C-1904-428C-941F-AB1C51A6F1DD:01}




あおの布団袋(↓)と似てますが。笑


傘の布で作ったあおの布団袋
関連記事→Click

どうやら紺色の布に縁があるようです(^.^)




実際にお布団を入れてみました。
{4583872D-3D30-4215-B49B-6E23607F3A9F:01}

ピッタリ!
このままでも良いけれど…



フタを付けることにしましたひらめき電球


フタは35×30cmにカットした共布の二隅を丸くカットして…
{998E3473-9114-4287-B0BE-0C5B64C6B5DC:01}
シチュー皿のふちを使って丸くカットしました。


マジックテープを縫い付け、バイアステープで周りを処理して…
{B3676D0C-8302-4C9D-A124-DD1284B17839:01}




バッグ本体に縫い付けます。
{58CA9E62-346F-4847-AF53-610753586855:01}
中表にして布端から5mmのラインを一度縫い、上に折り返して1cmのラインを縫う。


フタがあったほうがカワイイし機能的ですね^ ^

{6B69752A-591F-43CA-9636-79E0BEA7404D:01}

これで人と絶対かぶりません{http://ucs-emoji.ameba.jp/img/user/hi/hiro-h828/4376840.gif}

ランキング参加中。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 子供服(洋裁)へ


 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ





midoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。