Verdyを中心に日ごろのサッカーに関連したニュースなどに対するコメント


テーマ:

詐欺容疑で逮捕され、現在保釈された小室哲哉容疑者が『チャンスという言葉を軽々しく使っていた』と言っていましたが、今のVerdyの関係者は『勝利』という言葉を軽々しく使いすぎているように感じます。


この1年(もっといえば、J2への降格が決まった3年前というよりも、歯車が狂いだした10年近く前からか)の試合を考えれば、勝つことがこのチームにとって容易いことではないのが分かります。


なんか、竅った見かたをすると、「サポータ相は、『絶対勝ちますとか勝利のために全力をつくす』って言っとけば大人しくしてるから楽でよいねぇ。」とか考えてるんじゃなかと感じます。


本気で勝つというのなら、優勝がかかっている川崎相手に次節は、得失点差も意識して勝利をして証明して欲しいです。

少なくとも、ジェフに抜かれて自動降格圏なんてことにはならんでちょうだいよ。



ちなみに、今年のJ2降格争いを見ていると、一つの特徴がありました。


現在降格の決まっている



自力残留の無くなった千葉



1年でのJ2復帰(!)の可能性のあるVerdy




この3チームのユニフォームはKappaだったりするんですよねぇ。

Kappaにとってはすごく縁起の悪い年になりそうですね。


って、なんか笑い話にしないと、精神のバランスが取れそうもないや。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうしても勝てないですね。


降格の決まっている相手に先制され、結局1-1のドロー。


結局、今シーズンに補強したレアンドロはこの大事な時に試合に出ていない。


天皇杯もディエゴが退場になった時に、絶対に勝たなければイケなかったのに、勝ちきれなかったため、出場停止処分がリーグに降りかかる。


なんだか、何をやりたいのかわからなくなってきました。


少なくとも、入れ替え戦でと思いますが、ジェフの対戦相手が、清水

一方、Verdyと川崎。

そして勝ち点差は2。


かなり微妙な綱渡りですねぇ。


柱谷監督の『(このままなら)100%落ちる』発言が、真実味を帯びてきましたねぇ。

こんな所で、発言の責任を取ってもらわなくてもよいんですが・・・。


何はともあれ、気合を入れなおして、応援しなければなりませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメブロのブログの方やペタの確認はそれなりにしていたのですが、ルームのBBSは全くチェックしてませんでした。


そのため、ジャンクのコメントが多くなっていてスゴいことになってました。もし、本心で誘っているなら小躍りしたくなるくらい、ステキなお誘いばかりでした_| ̄|○


それらのコメントを消去していて、複数のコメントを一編に消去できないので、とても時間がかかってしまい、不便だなぁと思いました。


確かに、コメントを複数消去するなんてのはあまりないことですが、ジャンク系のコメントは似たような時間にドバドバっと来るので、今後は複数のコメントを一括で消去する機能があっても良いのかもしれないですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずは、ベレーザV4おめでとうございます。

代表選手も多く、なでしこJAPANの勢いがそのまま出ていたように思う。


さて、ディエゴの残り4試合全ての出場停止が決まったVerdyですが、ここにきて今年のシーズンに向けての後手後手感が満載となった内容であったかな。


フッキポルトの色で表示)が川崎に復帰してしまうというにもかかわらず明確に引きとめず、さらに新たな外国籍選手も確固たる点取り屋タイプでない選手(一応ブラジルリーグの得点王)と他チームが契約延長しなかった怪我のMFの補強のみ。


また、折角Verdyに復帰したフッキポルトに移籍してしまう時も、さらにその後でもなんら対応もせずにそのままで過ごしてしまった。


各チーム残留に向けて、選手の補強や監督の交代(個人的には監督の交代はあまり効果が無いと考えているが・・・)を実行し、着実に結果を出していた。


その中で、今回のディエゴの出場停止による戦力のダウンは十分想定しうることであったのではないだろうか。

終盤戦になれば、総力戦になり怪我人やカードの累積で出場ができない選手が出てくるのだから、確実に戦力となるような選手の必要性は素人でも考えが付くはずである。


結局、選手の補強にはある種の投資としての部分が高く、いかにその分を捻出するかにかかってくるのだろう。しかし、今年ナビスコ杯を優勝した、は、特に補強に頼るのではなく自前の選手をしっかり育てると言う形で、結果を残したと言える。


今のVerdyは、自前の期待の若手が育っているだろうか。飯尾平本の両FWは、結局そこまでしっかり育ったとはいいづらいだろう。では、より若い世代の、河野、平、柴崎、福田についても、試合にはたまに出るもののスタメンを奪うような勢いや期待感がまだ持てない。河野はU19の代表に選ばれているもののそこで主軸となっているわけではない。


こうして考えると、どうしても残り試合で残留を確定することが可能であると言う計算が立たない。


Verdyとしてどのようなチームにしたいのか、監督やフロント、社長からの話が全く出てこない。の社長はそこはしっかり明示していた。


結局、今日の試合も0-2でホームゲームを落としてしまった。順位も入れ替え戦である16位となり、かなり微妙である。


次節の相手はだが、は今節の試合ではしっかりと得点を取っている。


さて、今後Verdyはどちらに進むのかもう少しビジョンの明示をしっかりして欲しい物である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

う~ん、ディエゴの退場による出場停止は何試合になるのかなぁ。最悪、2試合とかかなぁ。

あの、『家本』君だから、何を言うか分からんしね。っていうか、こんな風にサポーターからも信頼されていない主審がいてよいのだろうか。

今後、Jリーグが続いていく時の一つの解決すべき問題だろうねぇ。


哲さんを攻めている人がいるけど、ディエゴが退場しなければもしかしたらイケたかもしれない試合と考えると、今日のスタメンや結果はしょうがなかったように思う。


確かに、ファールトラブルや怪我を考えるとなんて意見もあるけどそれはあくまで結果論だしねぇ。


う~ん、こうなったら、若手や控え組に期待したいですね。この1年間の成長を見てみたいです。そして、ここで出てきた問題を元に、来年度の補強などの参考にして欲しいです。


もちろん、J1に残留することが前提ですが・・・。ただ、ちょっと覚悟しておかないといけないのかなぁ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日のナビスコの決勝は、12年ぶり2度目の優勝を狙う清水エスパルスと初優勝をねらう大分トリニータとの一戦でした。


12年前のナビスコの決勝は、ナビスコカップ開催からの4連覇を狙う我らがVerdy(当時は川崎)と初優勝を狙う清水エスパルスでした。

エスパルスは、2度決勝まで進みつつも一度も栄冠を勝ち取れずに3度目の正直と言う姿勢での試合でした。


当時は、エスパルスをシルバーコレクター(万年2位)と評されていましたが、オジー(オズワルド・アルディネス)のもと、歯車が狂いだしていたVerdy(こちらはレオン監督)に対して2点を先制するというゲームでした。しかし、残り5分からVerdyが2点を取り返し、延長線へ。しかし、延長前半にエスパルスが得点し、サドンデス方式で終了と思いきや、ナビスコは延長線を前後半やるというルールのため、救われたVerdy。結局同点に追いつきPK戦へ。確か、延長線の時に玄新哲が怪我をして、10人でのプレーになったような記憶が・・・。


はい、私は12年前の決勝ではスタジアムにおりました。バックスタンドから観てました。

結局、PK戦の末にVerdyは4連覇ならず、清水の初優勝で幕を閉じました。

でも、当時のVerdyは、5分あれば2点取れたんですよねぇ。それに引き換え、現在は・・・しょぼん


そして、今年の試合は、大分カメナッチオイタリア代表の守備をカデナッチオ(鍵をかける)と呼ぶのを元に大分のマスコットキャラクターのカメのニータ君と引っ掛けてこう呼ぶ)に対して、清水の超攻撃的な3人がどう得点するかという試合でしたが、結果2-0で大分の初優勝でした。


大分の凄い所は、ユニフォームを見て分かるのですが、胸にスポンサーの広告が入っていません。スポンサーがいないんです。ユニフォームの胸スポンサーと言えば、億単位の收入だったはずなんで、それだけお金が無いんです。

それでも、ちゃんと優勝できるのです。


もちろん、しっかりと収入を確保するのが経営の基本です。でも、managementという単語は、受験でも教わるイディオム"be managed to~"(なんとかして~する)というのでも分かるように、「なんとして上手くやる」という意味があるそうです。


結局、上手く行ってないのであれば、マネージができていないんです。これは、サッカーや企業経営だけでなく、日常生活でもいえることですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。