Jazz@Saku

会社員でジャズベーシストのJazz Man "Saku"の日常を暴く!(笑)


テーマ:

45歳以上の転職はその人のそれまでの軌跡が如実に反映される。


「終身雇用の崩壊と雇用流動化」なんてテーマが騒がれてもう30年

近く経つのだろうか。

それでも転職せずに終身で働き続けるのがマジョリティを占めるの

が今の雇用情勢ではあるけれど、流動化は着実に進んでおり、20

代~30代の転職市場ではなく、セカンドキャリア形成ニーズは5年

前よりも着実に進んでいることからも明らかだ。早期退職(リストラ)

のニュースがメディアに載らない週はない。


仕事柄、45歳以上の転職はその人のそれまでの軌跡が如実に反

映される様を目の当たりにし「明日はわが身」と襟元を正している。


会社役員をいくつも駆け抜け、実業界でどんどん名声を掴んでいく

金銭と地位が裕福なタイプ。

業界での実績が実を結び人脈や人材BKからハンティングされ得意

分野で積んでいく転職地位アップタイプ。

早期引退を見込んで地道にセカンドキャリアに向けての勉強を休暇

にされて年収は下げても家族と自分と地域のために歩むタイプ。

真に外部環境の失敗で所属組織から離れることを余儀なくされて、

同業界へ移動していく実力派タイプ。

どのような職種にも通用できるスキルを身につけておき、憂時には

ワークライフバランスをとり、最低限の収入で収める割り切りタイプ。


所属組織にいつまでも居続けられると妄信して仕事への邁進を忘

れて、ついぞ社会に放り出されてしまう・・・茫然自失タイプ・・・。


今、私はこのタイプの意識変革に取り組んでいる。

目下の課題はこのタイプの方の転職成功ではあるが、悩んでいるの

は、これからこのようなタイプの方をいかに少なくするかである。


これからの人生の捉え方を少しだけ変えると、少しだけ幸せになれる。

でも人は年をとると、固まっていく。



間違いなく生活の水準は高くなくていい。

収入の高い時はたまに贅沢、ちょっと自分投資、未来の家族に貯金。

仕事は熱心に、自分の体のために適度に手を抜き、成果は100点。

仲間は大切に、家族はもっと大切に。



この仕事からはいつも人生の基本的な価値観を学ばせてもらう。



「みんなの夢アワード2010」での渡辺美樹氏の半生の語りからは52

歳になる今まで20代から熱心に自分の人生に取り組んでいた姿を

感じとった。常に夢に取り組んで、つらいことも悲しいことも真正面か

ら受けとめてきた強い姿を。しかも今だかつて「やわらかい」。

自分はああいう道は歩まないんだろうなと思いつつ、多少迷いの時期

があっても邁進している時期とのバランスを取れる強い力をつけてい

きたいと思った。そのバランサーのひとつが「夢」なのかもしれない。

この「夢」が「やわらかさ」をたもつ秘訣かとも思う。


・・


やっぱり「どこにいるか」よりも「なにをなしているか」


それよりも「なにをかなさざらん」か!


(自己解決ですみません・・・)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年以来、圧倒的にお酒を飲む日が減っているんですが、さらに最近は

さらに減っています。


いいことだ♪


昔は毎日かかってくるストレスをお酒で何とか誤魔化していたつもりになって

いたんだなといまさらながら自覚しています。


一瞬一瞬の判断や言動に対してストレスを軽減するようにしていくことで

別にお酒を飲む必要がなくなってきました。

あとは家に帰る理由ができたことも大きい。


お酒を飲まなければ異常に集中力があるし、がんばれる。

(当たり前か・・・)

おそらく、喉越しのシュワシュワ感と塩気、苦味があれば、なんか代替でき

てしまう気がします。



ただ、プロジェクトの終了時や、仲間と楽しい時間を過ごす時、そして、

ライブの時! は思いっきりお酒を飲んで楽しい時間をすごします!

それに日常でも相変わらず気を抜くといろいろと溜め込むので、酒が必要に

なってしまうこともままあります。


でも、昔のように暴飲はしなくても大丈夫な自分に変わった気がします。


酒の代わりに、一昨日は仕事から帰宅して3時間ほど楽器の練習もしたし。


プラスに転じるいい動きだと。。


「家計簿」ならぬ、「酒量簿」でもつけてみるか。


そんなのやっている人いるのかなぁ・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事に出る前に

「あっ、額に『しわっす』か!」


って思って、お、そういえば師走じゃないか。

月日の経つのも早いもので、38歳になってもう7ヶ月が過ぎていた

のか・・・。去年の師走はどんな感じで忙しく過ぎていったんだろう

?なんて考えてみた。


で、カレンダーをめくって、今月も「金太夫」の言葉を読む。


Jazz@Saku

「まっすぐな道が好きだけど 回り道にも福がある よろこびがある」


僕は回り道が好きなちょっと変わった人だから、この言葉を100%共感

することはできないけど、世の中の比較的多くの人が共感するだろうと

思う。


庭園の小路の設計では感動を来客に提供するために敢えて曲線と起伏

建物、植栽を利用し死角を用意する。

都市の設計では機能性を提供するために平地に朱雀状の街路を利用し

見通しを用意する。


「『人生』はどうだろう?」  これは、私の命題だ。



僕は、あきらかに中学のあるきっかけから真直ぐな道は好きじゃなくなっ

っている。


鉄道で旅をさせてもらっていた子供の頃、時刻表で20日間以上にわたる

長期的なプランを書き出すのが大好きだった。

中学になってそのいくつかのプランの実現を試みる機会をもらった。


完璧な九州1週旅行のプランだった。


しかし、5日目でプランは狂った。門司港駅前の銭湯で地元の方を交えて

ゆっくりと寛いでしまい時間を忘れ乗るはずの急行「かいもん」の出発時刻

の10分前で、まだ湯船・・・。

焦って一緒にいた人に車で送ってもらってぎりぎり走って乗り込んだ!

よかったぁ。と客車のデッキでホッと一息つき、さぁ喉が渇いたからジュース

でも買おう!と財布を捜したが、「ない!(汗)」リュックを逆さにして全部みて

もない!


次の停車駅の小倉で引き返し、戻った。駅にその旨を告げ、駅員の方に探し

てもらう。そのまま、銭湯に引き返し、送ってくれた人もいたので、一緒に探し

てもらう。ない。警察に来てもらう・・・・。


てな顛末があり、結局は見つからず、警察で一夜を明かし、親に電子為替

なる入金方法でお金を送金してもらい、計画は立て直すことになった。


完全な自分責任の話だが、親に迷惑をかけ、計画通りに行かなかったことで

とても悔しい思いをした。


でも、その変更のおかげでたくさんの貴重な人との出会いとハプニングに

遭遇し、結果滅茶苦茶に楽しい思い出が出来て、価値観を形成するきっかけ

になった。


この経験以降、人生は「いかにどんな状態にでも対応していくかだ。設計なん

て儚いものさ、設計どおりにいかないものなんだから人生設計なんて無駄さ」

などと切り捨ててこれまでの大半を生きて来た。考え方を人に押し付けたりし

たこともあった。



でも、38歳の僕は少し違う。


自分自身の人生への多数のハプニングと10年以上のキャリアカウンセリング

を通じての他人の人生の疑似体験とを通じて、変わりつつある。



人生は「将来的には変更があるかもしれないので、柔軟性のある設計をしなが

ら、いろんな考え方を楽しみながら送ろう。大好きな鉄道旅行も、例えば都市で

は時間通りに過して、庭園では自由時間として余裕を持つことにしよう。なんて

考えながら・・・。出会った人と意気投合したら千載一遇、一期一会、計画を変

更してでもとことん付き合う!」ものだ、と思っている。


だから、


「まっすぐな道も好きだけど 回り道には福がある よろこびはたくさんある」


だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「スキマスイッチ」って

歌はもちろん、、バンド名が、好きだ。


なんかいいな、という感覚だけがあったので、調べてみた。


~~~

スキマスイッチという名称に深い意味は無く、響きを重視して付けられた。

名前を決める際、常田の部屋で偶然目に入った窓の「隙間」、電気の「ス

イッチ」からユニット名が誕生。カッコイイと思う名前にすると後々ダサくな

るから、あえて初めからダサくしてしまおうという2人の考えで「スキマスイッ

チ」となった。


他の候補には「タタミスイッチ」や「コタツスイッチ」、「フスマスイッチ」なども

あった。

~~~(引用:Wiki)


Wikiが正しいかはわからないが、偶然目に「隙間」が入るセンスと、他の

候補からこれを選び出したセンス、そのものがすばらしいと思う。



今週は久々の連続面談。

僕の仕事は初対面の相手の方に心の「隙間」をあけてもらうことから始まる。

言い換えると、スキマスイッチを探しているのかも知れない。


でも、僕の面談相手の大半の、その隙間から垣間見れる心は、ドラえもんの

のび太が独裁スイッチ で経験した世界のようだ。


そこには荒涼とした風景が拡がっている。

純白の上下不覚の空間ではなく、火星の地表・・砂漠のような。


そんな感じを覚えることが多い。



僕のできることは、一瞬のオアシスを提供すること、そこで脱出のための休憩

を取ってもらうことかも知れない。

あるいは、砂漠を歩いているのではないか?!どうしよう?と悪夢にうなされて

いる人の目を覚ますことかもしれない。

目を覚ました後に、ゆっくりとその疲れを一緒に癒すことかもしれない。


「悪夢は見た夢で、これからは作れるんだ」ということをゆっくり知ってもらう。


全力で走った後には休憩を取る。

次の走りに備えて食事から栄養を取る。

十分に寝て筋肉やホルモンを整える。

そしてまた走る・・・。


そして、好きなペースで自分の心の窓を開けて隙間を作っていいんだよと伝えて

いきたい。



肝心の僕は・・・その日久々に、ケネスクラークの「絵画の見方」を手にして、

ティツィアーノの「キリストの受難」の解釈を確かめた。


BGMはCarla BlayとSteve SwallowのGo Together♪



こんな風に僕自身はいつも好きなペースで僕の隙間スイッチを入れる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昼食時にテレビから衝撃的なニュースが聞こえてきた。


「北海道北見市で、頭と胸に釘を打って59歳の無職の男性が

死亡した。警察では自動くぎ打ち機を使った自殺として捜査し

ている。大工として働いていたが、このところ仕事がなかった

模様。」


まずは、北見市の事件ということで、もしや知り合い?かと

口元に運んでいた箸の手が止まったまま注視した。


知り合いではなかったが、その「釘を打って自殺」ということに

寒気を感じた。


自殺なのか?という疑問も浮かぶが、自殺としても自分の生業

の釘を使って頭に3本、胸に1本って、どんな心境だったのか?

職人としての誇り、これまでの自分をおそらくは助けてきた道具

での自害。その生業で生きていく見通しが立たなくなって、足元

を掬われたという恨みなのか。自分の心に楔を打ちたかったのか?


キャリア開発の仕事をしている身として、非常に心が痛む事件だ。


生業


それに生かされ、それで終止符を打つ。その気持ちが職人気質

を思わせたり。


他殺だとしても、釘を刺した犯人の気持ちはなんなのか。

機械を使ったことのあるひとだろうから、同業、下請、かもしれな

い。


なんだかやっぱり心が痛む。


心からご冥福をお祈りします。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。