Jazz@Saku

会社員でジャズベーシストのJazz Man "Saku"の日常を暴く!(笑)


テーマ:

気がついたら、今月も最終日なんですね。


そういえば、今月のブログのタイトルは、「もう秋♪」でした。

そして、締めが「もう10月?」


ブログ、しばらく書いてないなぁ・・・。

と思ってPCに向かった途端、他の事をしてたりして・・。


つまり、やるべき事がたくさんあった1月だったんだな。

しかも、やりたい事が3つも並行していたから、大変(汗)


もとい!今も2つは並行中だ。


竜宮城の浦島太郎のように、なんだかアッと言う間に過ぎて

しまうものなんでなぁ。。。楽しい時間は。



まずは、昼間のお仕事の大詰めです。

(おかげさまで10月は死にそうなスケジュールです・・・)

リスタートを切って丸1年、ようやくサービスインです。

皆さんの笑顔を見るのが楽しみです!

Jazz@Saku Jazz@Saku

そして、母校の50周年イベントの裏方が今も大詰めです。

CDの素材の入稿ラッシュです。

音源、レーベルデザイン、ジャケット、ライナー・・・云々。

諸先輩方に助けられて何とか、漕ぎ着けました。

10月の本番でいい演奏ができるようにがんばります!





Jazz@Saku


一番は、結婚式!(と、そのパーティ(汗;))

入籍は約1年前ですが、しっかり区切りをという思い・・・

親からの強い支援を受けて、9月20日に挙式をあげました。

その後は近所の懇意のお鮨屋さんで貸切パーティ。

(英さん!本当にありがとうございました。)

Jazz@Saku
Jazz@Saku

ということで、何もかもが佳境な感じの9月だったのです。


ということで、Pat Martinoの記事が延々とトップにあったん

です。。


リスタートして1年、皆様のおかげで新たな区切りをつけました!


では。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

一部のお勧めに入手困難なものが含まれているとのことで、

せっかくこの記事に掲載しても「買えないんだけど・・・」となって

は誰も幸せではなく、私も不本意なので。。


私が高校時代からずっと聴いている愛聴盤を紹介します!

(最初は友人の佐藤大介がJBハウスの塚田マスターに録って

もらったカセットテープ!)

Jazz@Saku

El Hombre / Pat Martino


SideA

1.Waltz for Geri

2.Once I Loved

3.El Hombre

4.Cisco


SideB

1.One For Rose

2.A Blues For Mickey-O

3.Just Friends


Pat Martino(g)

Trudy Pitts(org)

Danny Turner(fl)

MItch Fine(ds)

Abdu Johnson(Conga ds)

Vance Anderson(bongos)

Jazz@Saku


大理石のピックでの早弾き奏法、マイナーペンタトニック奏法

などで有名な?!Pat Martino師匠のレコードです!!

そんな有名な人とはツユ知らず、なんかカッコいいレコードでした。

(今もか。)


当時はPaul ChambersやRay Brownなど雑誌で取りざたされるベース

が入っているジャズじゃなきゃジャズじゃない!位思っていた中で、

ベースの入っていないレコードはなかなか聴けないというアマちゃんの

僕がいました。


でも、これはとにかく格好良い。


1曲目のワルツのイントロが聴こえて来た途端に、その世界に引き込まれ

ます。間違いなく。


そして、太いギターの音色で、ラドミレ♪と入ってくる瞬間がたまらん!


最後のジャストフレンズまで、快調に続きます!


黒いジャズBGMがほしいな、と思っているかたに最高のアルバムです。


間違いない!


さぁ、僕もき~こおぉおっと♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の午後は仕事(昼間の)で松戸へ出かけた。

人生で初の松戸駅下車。


計画的な開発ではなさそうな東口駅前から、1Km

ほど国道6号方面に向かった。


緑の多い郊外に出る。


東京から江戸川をわたると本当に別の街に来た事を

実感する。


所要を終えて、帰り道に


「国指定重要文化財」という看板が目に入った。


これは見ておかねばいけない!


ということで、少々立ち寄り。


Jazz@Saku

戸定(TOJOと読む)邸 というらしい。


何でも江戸の水戸藩松戸別邸ということで、

15代将軍慶喜の弟昭武が住居として使用していた邸宅

らしい。

要するに廃藩置県がそのタイミングで行われていなければ

16代将軍になっていた人が住んでいた邸宅である。


豪華なつくりである。明治時代に自治体が譲りいて以来大規模な

修繕はしていないというから、すごい。

木造建築特有のきしみや曲がりが最小限である。


重要文化財であるが故の保守であろうが、もともとのつくりが贅沢

である。


庭も素晴らしい。
Jazz@Saku
奥に向かって丘になっており、その面積に比べて広く見える。

パースペクティブの技法を使っている。


梁や屋台骨には贅沢にも一本ものの丸太を使っている。

柱の木目もすごい綺麗だ。


Jazz@Saku

ただ、風呂は狭い。
Jazz@Saku

コンクリートと浴槽はあとからつけたものとのことだが、

解説には実際に使っていた浴槽も小さいものが多かった

そうな。


確かに、写真で見る徳川の方々は小さい。



Jazz@Saku


29歳の若さで水戸藩主の地位を捨て、隠居生活にはいり、

写真をはじめ、生きることを楽しんだというその生き方に一昔

前の日本のアッパークラスの様態や権力争いの渦中に生き

る方の生き様が垣間見れた気がした。


都会の喧騒を忘れ、さまざまに思いをはせた小一時間だった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっぱり、好きになる女(の子)には、素敵な寝顔を見せてもらいたい


と思うのが男心ではなかろうか。


逆もまた然り。



親心としても、やはり愛娘には将来、目が覚めたら男は消えていた

ということにならないようにしつけをしたいものだ。。


なんのこっちゃ(笑)


~~~


さて、そろそろ丸5ヶ月を迎える娘も、だいぶ大きくなってきました。


人まねをするのか、


寝相はこんな感じです。

Jazz@Saku


これは、いわゆる「大の字」になって寝るということで、まぁ元気な証拠

でしょう。


しかし、

Jazz@Saku


これは、遺憾な(汗)


ほぼ一緒だな。


#胴が長いという意味ではなく・・・。


これは、イカン!と思いましたが、40年弱の無意識下の寝相は今更

直せそうになく。


まぁ、自分もなんとか育ってきたわけだし。

寝返りを打つと背が伸びるという話も聴いたことがあるし。


と自分に言い聞かせつつ、今日も夜が更けていくのでした。

(娘を抱っこしながらの久々の更新でした!)


#ちなみにBGMは、Miroslav VitousのUniversal Syncopation Ⅱ

まったく泣かずに聴いているのはさすがわが娘!(親ばかですね)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リーズナブルな生活を送っているので、一昔前のようにラーメンを

ガンガン食べなくなって久しいですが。

最近ブログのアラカルトさが失われているような気がしたし、今月か

らは9月!秋!


秋といえば食欲の秋!


ということで、食べ歩記を書こう!

Jazz@Saku

今日は築地の500円カレー!


香草が入っていて香りがいい。

生姜がたくさん入っているので、ピリピリと舌をつく。

味も生姜の香りの強さからかさわやか感が同居した

珍しい味だ。


Jazz@Saku

さらさらカレーなので食べやすく、おいしい。

専門店程のうまさではないけど、値段相応ですな。

築地警察署の斜向かい、電通恒産第2ビルの裏のお店です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。