Jazz@Saku

会社員でジャズベーシストのJazz Man "Saku"の日常を暴く!(笑)


テーマ:

これから、高校の同窓会総会に行ってきます!


卒業時の先生に20年ぶりに会います!


楽しみですな。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

鉄道マニアな僕は、車で移動していてもつい・・・。


「おぉっ!餘部鉄橋です、社長!!」

Jazz@Saku

と、声をあげてしまうわけで・・・。


まったく関心のない方には、本当にナンセンスなのかもしれませんが。


忌まわしき事故の後、付替えプロジェクトが動いて以来、単独での姿は

見れなくなってしまったが、この期間限定の姿も貴重だ。


鉄橋の下では、お祭りが開催されていた。


そして、なんと札幌ナンバーの車が・・・!
Jazz@Saku


「列車は、何時ごろの予定ですか?」

>「後、10分後位かな?」

「いやー、ついてますね、社長!」

>>「・・・」


と、ひとり、空気を読まずに、撮影場所探し。


こっちか?
Jazz@Saku
こっちか?
Jazz@Saku
社長は、タバコ・・・。

Jazz@Saku

で、とうとう、やってきましたぁ!!


Jazz@Saku

Jazz@Saku

中学生時代に、さようなら国鉄、こんにちはJR北海道!ってのとか、

さようなら勇網(ゆうもう)線とかは数多く体験したけれども、建造物の

建て替えは初めてかもしれない。


いろんな人の夢とか、運んでいたんだろうなぁ・・・。

いろんな人が見送られていったんだろうなぁ。


感慨深いものだ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「好きな音楽は?」


と、最近聴かれることがなくなったので、あまり考えたことはなかったのだが

このテーマのブログを書こうとする時には、実は結構考えてしまったりする。


<好きなリソース(レコード、映画、など)>


と自分で冠しておいて、なんだというかも知れませんが、そんな感じ。


結論、最近なかなか気持ちを落ち着けて聴く時間が少なくなっているので、

間違いなく、たった今書庫から引っ張り出して聴いているのが、好きなリソース!


ということで、


卒論を書くときに、ヘビーローテーションで聴いていたのが、このアルバム。


当時、ドラムのタッピーに、「Bサク、Django Batesなんて聴いてるんだ、いいよね♪」
(※Bサクとは、大学当時の呼び名です。先輩に佐久間さんがいたので、ベースの佐

久間ということで。。)


さて、かなり前置きが長くなりましたが、紹介します。
Jazz@Saku

メンバーはかなり多いので、省略気味に書くとして。


JMT/Bamboo レーベル自体は、かなりの最先端のアートを産み出していた。


CDのブックレットを6つ折にして芸術としているという点も面白い。

レコードのジャケットのような体裁がなきゃいけないということはまったくない

わけで。


拡げると、こんな感じ。


※全部は我が家のスキャナーでは取れませんので一部欠落しております。
Jazz@Saku

Jazz@Saku

こんなことも、中身の音も大好きで、聴いていた。


なんか、前にも書いたことがあるような。気がしてきましたが、、、、まぁいいか。


10曲目のLittle Petherickが大好きで。


そしたら、北海道の高校から上京したての松本圭司さんが、


「僕もIain Ballamyのサックスが好きなんですよ♪」


と部室で話をしてくれた。のを鮮明に記憶している。


もう18年も前のレコード。

いやー、なかなかです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「前世」って何だった気がする? ブログネタ:「前世」って何だった気がする? 参加中

「お前、もたもたすんなよ!前の後 ついていけば いいんだよ!!

「余計な事考えないで、歩けよ!」

そう言われて、もうどれ位歩いただろう。

無我夢中に歩いていた、

その時!

突然、大きな影が!!


一瞬のうちにして、前を歩いていた隊列が消えた・・・。


触覚を一所懸命動かしても、何も感じない。

後続のみんなも慌てふためいている。

とその時、また、後ろのほうで、仲間が・・・・!


どすん!どすん!!

という振動と異常な音のパルスだけが伝わってくる。

そうだ、これが異常事態だ。

これが、非常事態宣言だ。

僕は、もうこれで終わるのか。。。。


とその時、僕にも暗闇がやってきた。

「あり?」


と思う間もなく死んでいたとさ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHKの新日本紀行という番組が好きだった。


70年代の経済成長期の日本各地の特徴に満ちた風土を

人と文化と経済と自然で語る。


ドキュメンタリーとしてすばらしい番組だったと思う。

(当然か。)


そんな昔見た風景の2010年版を最近体感しているような

気がする。


鳥取県鹿野町に訪れた
Jazz@Saku
菜の花と、川の水の美しさ


こういう時は


「あぁ・・・」


という言葉しかでない。


東京の 底の見えない川ばかり見ていると、こちらの方が自然だということを忘れる。
Jazz@Saku

生まれ育った北海道とはまた違った山並みと緑の在り様
Jazz@Saku
芽吹く時の 土と草の 息 が感じられる瞬間だ。


いいねぇ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。