七五三 と 七草  | 本土最南端 の 貸衣裳専門店 tsuruya ブログ

本土最南端 の 貸衣裳専門店 tsuruya ブログ

tsuruyaブライダルサロンのイベントや代表の出来事についてのブログ


テーマ:
日本の伝統的な儀式で、子供が無事に成長したことに感謝し、

今後の健やかな成長を願う

「七五三」詣り と 「七草」詣り があります。



七五三と七草については以前よりお客様から よく問い合わせがあります。

「どっちをすればいいですか~?」


いろいろな説があるようですので、それぞれをちょっと

まとめてみます。



「七五三」
   もともとは朝廷や貴族の間で行われていた儀式。昔は乳幼児が病気で死んでしまう
   ことが多く、子供が七歳になるまでに無事な成長を祈る様々な儀式の一つ。
   江戸時代には、裕福な商人や武家の間でも行われるようになり、
   明治時代には三歳・五歳・七歳の三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼んで
   庶民にも広まりました。  ~七五三どっとコムより~

   年齢は数え?何歳? もよくある質問ですが、一般的には満年齢(女の子は
   満三歳・満七歳、男の子は満五歳)でお祝いするのが一般的です。

   最近では、近い兄弟姉妹がいる場合、上の子の満年齢に合わせて一緒に祝う
   方法もあります。


「七草」
   鹿児島を中心とした南九州で、七歳の子が正月7日に着物や袴で着飾り、七草祝いの
   祈願を神社で受ける風習。その後七軒の家を廻って七草粥をもらいます。
   子供の無病息災を祈るを薩摩藩時代からの伝統行事。

   


 なんとなく、ご理解頂きましたか?

 子供の厄払いの儀式では鹿児島では、「七草祝」(ななとこいわい)が一般的でしたが、

 2005年の頃より、転勤族の方より「七五三」の問い合わせが増え、

 それに合わすように「子供写真館」もできたので、鹿児島での「七五三」の普及が

 早くなったと思われます。

 

 最初に書いた「どっちをすればいいの~?」は、鹿児島の人にとっては当然の疑問ですよね。

 

儀式に関する仕事に携わる者としては、それぞれの方がお子さんの今迄の成長への感謝と

今後の無病息災を願って祝う気持ちを持っていればどちらでも OK だと思います。


どちらかでまよってらっしゃるお客様へ、お客様の実例を上げてみます。

 ①兄弟姉妹に合わせて写真だけ残しました。(数えや満年齢を気にしない)

 ②昨年する予定(七五三や七草)だったが、病気でできなかったので 
  翌年することにしました(秋から冬は流行の病気も多いです)

 ③秋は運動会や行事も多いので、夏場に前撮りを済ませ、当日は別の着物で
  お詣りしました。 

 ④七草祝いを町内会で合同で行っている。

などなど、いろんなパタ-ンがありますので ぜひ参考になればと思います。




お子さんの成長段階を感謝しながら、「七五三」「七草」を迎えられれば

いいと思いますよ。 



tsuruyaブライダルサロン

婚礼衣裳


 

tsuruyaブライダルサロン

成人衣裳・七五三、七草衣裳・卒業式袴衣裳


 

tsruya店内にコ-ナ-を設けてます

オ-ダ-ス-ツ NEO-MODA 鹿児島


 





 Tsuruyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ