ハイハ~イ、皆サマニヤッ

B級ご当地グルメ保存委員会の椿椿でございま~すハート

 

夏休みに台湾へ行く人も多いだろうなぁ。

ブームのタピオカミルクティーをはじめ、お茶文化のイメージが強い台湾だが、実はコーヒー文化が根付いていて、美味しいコーヒーやユニークなカフェがたくさんあるコーヒー

コーヒー業界の方の話では、過去に日本でも話題になったサードウェーブ系のコーヒーブームは、なんと日本よりも先に台湾に上陸していたのだとか波

  


まずはFika Fika Cafeという北欧スタイルの人気カフェ。

“Fika”は、休憩というか、コーヒーブレイクって意味なんだってー。

image

1号店は中山区伊通街にあるが、こちらの2号店は最新式のエスプレッソマシンなど設備が充実している。

image

過去にノルディック・バリスタ・カップで焙煎・エスプレッソのダブルチャンピオンに輝いたジェームズ・チェンさんがオーナー。

台湾コーヒー業界では知らぬ者はいないくらい有名で、カフェ文化を牽引している人。


image

黒糖ラテ(台湾産の黒糖使用)とジェームズさんが手淹れしてくれたコーヒー美味しかった。

もちろん自家焙煎。


image

キューブラテは、こうやって凍らせたエスプレッソ氷にミルクと追いエスプレッソを注ぐスタイル。

これなら氷が溶けても薄くならないもんね。

どうやら最近は韓国でも流行っているらしいよ。

image

木目調のゆったり広々とした店内には、電源も完備されている。

これは長居したくなるよなぁ・・・

image

北欧スタイルにのっとって、朝ごはんがてら、スコーンとコーヒー食べに行くのもいいかもね。

 

■ Fika Fika Cafe
【住 所】 台北市內湖區陽光街321巷40號
【営 業】 月/10:30 ~21:00 火~日/8:00~21:00
【公式サイト】https://www.facebook.com/FikaFikaCafe/




さて、台湾産の中国茶は質が良くお土産としても人気。

だけど台湾産のコーヒー豆が存在するのを知っている人は、なかなかの台湾マニアかも!

近年注目なのが、台湾産のコーヒーだ。

{F862130B-FAA8-4FEE-8C67-459D2786FABB}

この森高砂珈琲館は、2011年オープンの台湾産のコーヒーが飲めるカフェ。

コーヒー豆の産地といえば、中南米とかアフリカが有名で、アジアだとインドネシアやベトナム産は飲んだことあるけど、台湾って聞いたことがないっていう人も多いのでは?

コーヒー豆は、寒暖差も必要だし、降雨量なども関係しているわけだが、地図をちゃんと見てみると、台湾はコーヒーベルトの中に入っている。

{ED431A3B-5AD8-4956-902B-75AA67326788}

ここに並ぶのは、全て台湾各地の提携農園で採れるコーヒー。

南投、雲林、嘉義、台南の他、花蓮や屏東などで栽培された豆が扱われている。

個装のドリップパックも購入できるので、お土産にもばっちり。

{C583826F-9FF2-4463-B35D-D15BF1E77ECB}

台湾コーヒーの栽培の歴史がなかなか面白いのよ。

長くなるので端折るけれど、日本統治時代には、天皇陛下への献上用として栽培されていたようだ。

その後、時代の流れと共に衰退してきたのだが、徐々にその存在と味が知られ始めて、現在では世界中で注目を集めるようになった。

1999年の台湾の大地震をきっかけに、政府がコーヒー栽培を推奨しはじめたことも大きかったようだ。

 

・・・とはいえ、大量に栽培できるわけではないので、年々高騰しているらしい。

最近は、香港などでも注目されていると聞いている。

{E0CE7409-A401-44A5-A273-A6CF2FE21E0F}

クラシカルな純喫茶風の雰囲気の店内には、カウンターもあり、まるでオーセンティックバーみたい。

落ち着いた雰囲気のお店なので、迪化街の街歩きに疲れたらゆっくりとこちらで休憩してみたら?

東門に支店もあるようなので、そちらにも是非。

 

■ 森高砂珈琲
【住 所】 台北市大同區延平北路二段1號 
【営 業】 12:00~21:00
【公式サイト】http://www.sancoffee.com.tw/index.html

 



台湾には300店舗以上スターバックス(星巴克保)がある。

中でも注目は、こんな赤レンガの重厚感あるバロック建築のビルをリノベーションした店舗。

{E728485E-918E-4E6A-B15A-228B366CFD88}

台北の西北に位置する大稲埕にあり、台湾で一番最初にできたスタバがココだって。

最近人気のエリアで、古い町並みが残る迪化街からも徒歩圏内。

{6003C6DF-B36C-4816-8A60-85B953B4DC37}

そして、ここは「★/R」のマークがある、STARBUCKS RESERVE(R)なの。

世界のスタバでも、限定店舗でしか提供していない特別なコーヒーが飲めるお店ね。

{DDBCBFCB-C7FE-426F-AFD9-2D2367CB63E5}

2階と3階は店舗から一度外へ出て上がるという不思議な作り。

中はシックで広々していて、街を散策した後にのんびり休憩するのにいいスペース。

万国共通、コーヒー飲みながらノートPCを広げている人たちをあちこちで見かけた。

そんな中、おじいちゃん達が4,5人で楽し気にお話していたのだが、テーブルの上には、明らかにお店のドリンクではない、持ち込みのボトルというか水筒が並んでいる。

彼らはフツーにそれを飲んでいて、誰一人コーヒー飲んでないんだけど・・・www

まー、エアコン効いてて涼しいからね。

(さすがにスタッフにときどき怒られるらしいが、これも珍しくない風景だとか。平和ね)

 

{B8A36C45-44A8-48C7-ABB9-C193A6A90F86}

お茶やスイーツなど台湾限定メニューもあるし、もちろん皆さんご存知のオリジナルのタンブラーやマグカップも販売されているので、お土産としてもおすすめ合格

 

■星巴克保安門市( STARBUKS COFFEE 保安店)
【住 所】 台北市大同區保安街11號
【営 業】 7:00~22:30




さて、今度はカフェではなく、小さなコーヒースタンド、雨田先生手沖飲品吧へ。

ここはインスタ映え抜群のめっちゃ可愛いラテ類を出してくれる。

女子人気が高くて行列店だけど、テイクアウトのみで、イートインコーナーはないから気をつけて!

お邪魔したのが今年3月だったので、桜モードで季節感なくてごめんなさいw

これはホットのラテだけど、冷たいドリンクもあるよ。

 

一連の動作を見ればわかるんだけど、どのドリンクも本当に丁寧に1杯ずつ作ってくれるの。

コーヒーは作り置きせず、ハンドドリップで、流れるような所作が素晴らしい。

 

・・・ので、1人分作るのにけっこう時間がかかる。

そこは覚悟が必要。

柴犬はマシュマロ製。

ドリンクが出来上がってから上にのせる。

温かいドリンクはマシュマロが溶けるので、のせたら急いで写真を撮らないと!

カウンター下に撮影ブースが備えられていて、ちゃんと季節ごとに仕様が変わるという気遣いが素敵!

完全に1人で作っているので、さっと撮影して後の人に譲りましょう。

フクロウとかリスとかシロクマのマシュマロで出すカフェもあるみたいだねー。

 

 ■ 雨田先生手沖飲品吧

【住 所】 台北市大安區忠孝東路四段223巷69號
【営 業】 12:00~21:00 (日月は19:00まで)
【公式サイト】
https://www.facebook.com/MrRdrinks/

 


 

 

また不思議な名前のお店にやってきた。

店名のGabeeは、公式サイトによると、韓国語で「コーヒー」のこと。

現地では通訳さんから台湾語と聞いた気がしたけど、韓国語がルーツの台湾語なのかな。(謎w)

ま、とにかく、オーナーさんが韓国でコーヒーの焙煎機を輸入する会社で働いていた人らしい。

100%オーガニックコーヒーを使用しており、2004年度の台湾バリスタ大会で優勝の実力派。

スタンダードなコーヒーやラテの他、こんなチェリーなどもあるよ。
日本のタピオカドリンクブームでお気づきの人もいるかもしれないが、お茶やコーヒーをベースに他のドリンクやフルーツを合わせるニュータイプもとても多いのだよ。

コーヒーの種類もスイーツも充実していて、もちろん食事もあるから、お腹すかせて行きたくなっちゃう。

メニューもちょこちょこリニューアルされているみたいだから、リピートする楽しさもある。

 

街中の屋台や食堂で安く食事ができる台湾の物価を考えると、どのお店のドリンクも食べ物も、日本のカフェと値段はそう変わりなく、そこそこのお値段なの。

最低消費金額が決まっているお店が多いので、2人でドリンク1杯とかは無理なんだけど、わざわざカフェに来るからか、みんな飲み終わってもゆっくりのんびりしている人が多い。

エアコンもしっかり効いてて、フリーWi-Fi飛んでたりするしねー。

 

・・・・というわけで、皆さん、台湾旅行に行ったら、休憩は素敵なカフェへGO!!

是非のんびりとコーヒーを楽しんでみてね~。

この他にも注目のカフェや美味しいコーヒーに出会えるから照れ

 

 

椿Twitterもやってるよ。

 

「台湾でコーヒーって初耳」 「コーヒー大好き」と思ったら、コチラをぽちっとお願いします。

 にほんブログ村 グルメブログ ローカルフードへ ブロぐるめ! 食べ歩きポータル