国立科学博物館
国立科学博物館

日本で唯一の総合科学博物館。館内には「日本館」と「地球館」の2つの常設展示場があり、「日本館」では、フタバスズキリュウの実物化石標本や忠犬ハチ公で有名なハチ公の剥製標本や南極観測犬のジロの剥製標本が展示されています。「地球館」では、世界で最も保存が良いと言われているトリケラトプスの実物化石標本や大型の哺乳類や鳥類のはく製が数多く展示されています。また、体験コーナーもあり大人も子どもも楽しむことができます。さらに、迫力の全球型シアター36○なども備え、独特の浮遊感を味わうことの出来る施設もあります。

\口コミ ピックアップ/
テーマ選定や展示物の配置、光の使い方などいろいろな面で参考になるスポット。飽きさせないのは、すごいといつも感心します。
(行った時期:2018年3月)

恐竜や絶滅哺乳類の化石標本など、古代生物好きにはたまらない施設です。歩き疲れたら地球館屋上のハーブ園へ。
板張りのテラスになっていてベンチもあり、東京の街やスカイツリーなどが見渡せるとても癒される場所です。
(行った時期:2017年5月4日)

 

国立科学博物館
住所/東京都台東区上野公園7-20
「国立科学博物館」の詳細はこちら