テレビ

テーマ:
最近よく観ているテレビ番組、
クレイジージャーニー。

今回の取材地は、マダガスカル。
お墓に入っているご先祖様を外に出して浄める儀式を取材したもの。

集まった大勢の親戚が、派手な音楽を演奏し、ノリノリでお墓に向かう様子には、少し違和感があった。
何でパーティーみたいな雰囲気でお墓に向かうのか、それが知りたかった。

でも、お墓に入って、布に包まれたご先祖様を前にすると、涙する人々。

ご遺体を外に出し、外気にさらし、腐敗を防ぐための新しい布を上から巻きたし、またお墓に戻す。
という儀式。

亡くなって3年後、7年後など、奇数年数に儀式はある。
日本でもある3回忌、7回忌とかと同じ感じなのかな、、、と思った。

死者をそのまま残しておく。
なんだか、羨ましかった。
私の祖母が亡くなった時、
このままの姿で保存したいね。と話したのを思い出した。
また会いたい。
ばーばに会いたいという思いが強くなった夜でした。

おやすみなさい。

AD