スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-RS


 この映画はずっと見たくて、NHK BSプレミアムでやることを知って、一カ月以上前から楽しみにしていた。

 放送一週間前、レコーダーの番組表に載るやいなや録画予約を行った。

 

 安っぽいメーキングフィルムのような冒頭のシーンが終わった後に現れるのはビル・クリントン元米大統領、シーンはニューヨークのとある小さなクラッシックなホール、クリントンのチャリティーショーを丸ごと映画にしてしまうというなかなか洒落の効いた企画だ。・・・・・・ったはずだった。


 映画が始まって1時間40分ほど経った頃、ミック・ジャガーが名曲、ブラウン・シュガーを歌いだした。

 クリントンの招待客のお上品なオニイちゃん、オネイさん達が腰を振り、腕を振り回し始めたその時、・・・・・♪ピロリロリン ピロリロリンという音が鳴り響き、画面には緊急地震速報の表示が・・・・orz

ああ・・・・・ああ・・・・・ああ・・・・・・・


 NHKに苦情のメール出しました。

 緊急地震速報で救われる命もあるでしょう。その重要性は理解できます。しかし、映画です、一か月前から楽しみにしていたのに台無しです。せめて再放送をお願いできないでしょうか?


 N様。

 緊急地震速報でご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。残念ながら再放送の予定はございません。今後ともNHK BSプレミアムをよろしくお願い申し上げます。


 ああ、私、カードの違法改造などせずに、真面目に料金払ってますけど・・・・・orz





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月17日のフォーミュラニッポン第3戦の決勝後、富士スピードウェイで東日本大震災の復興支援ライブが行われる。

 しかも、ホームストレート上。

 えー!どこでやんの?まさか地べた?やっぱりステージ用のトレーラーを使うのかなあ。それをレースが終わった後、1ゲートからストレートに入れるのか?

 リハーサルは土曜日にやるのか?サウンドチェックはどうすんだ?いきなりぶっつけ本番か?



ほぼ週刊チョロQ通信-earthshaker

 出演は、どことなくエアロスミスっぽいラウドネス・・・じゃなくてアースシェイカーと、


ほぼ週刊チョロQ通信-showya


 うぉ!すんご!KISS+ランナウェーズ+ゴスロリ、のSHOW-YA。

 本当にこんな格好でやるのか?暑いし、照り返しが強いからTシャツが良いと思うよお。

 しっかし、すごい衣装だね。最初、なんか違うなと思ったんだけど、プリプリと間違えてたんだよね、オジサンは。

 俺は洋楽専門だったから、このあたりの日本のバンドはまったくわからない。ドラムの子、かわいいね。


 当日はもう1バンド。

 ヴァンヘイサンというヴァンヘイレンのコピーバンドなんだけど、これがすごい!

 工務店の二代目(専務)みたいなおっさんが、エディー・バンヘイレン・モデルのストラトキャスターを弾きまくるんだけど、これがもうバカウマ。へたしたら本物よりも上手いかもしれない。ビジュアルとサウンドのギャップがすごすぎ。

 なんでも横田基地の友好祭の常連なんだとか。下手したらこいつらが・・・・・・

 

 バンヘイサンはともかく、アースシェイカーとショーヤはかなりコアなファンが多いらしい。しかもこれがレースの入場料だけでみられるという太っ腹。

 

 翌週のS耐はカーズ2のタイアップだし、ここの所富士スピードウェイの営業はすごく頑張ってるなあ。

 次の日休みだし、最後まで見ていくかな。


 みんな、フォーミュラニッポン見に来てね!

 

フォーミュラニッポン第3戦のお知らせ

東日本復興支援ライブのお知らせ


Earthshakerのオフィシャルサイト

Show-yaのオフィシャルサイト

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



Goats Head Soup/The Rolling Stones


¥4,595

Amazon.co.jp




 先日の富士スピードウェイ・モータースポーツ・ドリーム2009では、いつもより役務に余裕があったので、いつもはなかなか耳に入らない場内放送を聞いていた。


 ローリングストーンズのスタートミーアップが何回かかかって、気分が良かったのだが、帰りの野猿街道のマックのトイレでAngie(邦題、悲しみのアンジー)がかかっていて、今日は何という日だろうと更に気分が良くなった。


 


 このAngieという曲は、僕が始めて買ったローリングストーンズのシングル盤。そう、あのころはレコードだったんですね。


 その曲が入っていたのが、この「山羊の頭のスープ」という、ちょっと変わった名前のアルバムで、シングル盤のジャケットも同じデザインだった。



 Angieというのは、エリック・クラプトンの奥さんの名前で、ミックジャガーとクラプトンの奥さんが浮気をしているだの(原因はわからないがその後クラプトンは離婚した)いろいろ噂があったっけ。



 ちょっと気持ち悪いストーンズが見られます(*v.v)。↓



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 グッバイ・イエロー・ブリック・ロードの記事で、レコード屋でジャケットを見て買ったと書いたが、記事をUPした後で思い出した。

 当時、中学生向けの新聞(たしか毎日中学生新聞だったと思う)をとっていて、週に一回、最終ページで洋楽の新譜のジャケットや歌詞、譜面などを紹介していた。

 英語の学習のためのページだったのだが、この新聞とAMラジオのおかげで、当時の最新の洋楽に親しむことが出来た。当時は今と違って洋楽全盛、今のジャニーズと同じくらい洋楽のポップスターがもてはやされていたのです。

 グッバイ・イエロー・ブリック・ロードもやはりこの欄で取り上げられていて、たしか最初シングル盤を買って、あまりの良さに奮発してアルバムも買った、というのが真相だったようだ。



 さて、このベスト盤はグッバイ・イエロー・ブリック・ロード、カリブ、の後に出たものだったと思う。

 この頃のエルトンジョンの曲は、音のヌケた、明るいサウンドが多いのだが、このグレイテスト・ヒッツのCDを初めて聞いたとき、音がこもっているように聞こえて、不快感を感じた。輸入盤だったのだが、どうもCD用にリミックスされていなかったようだ。

 アフェリエイトを貼り付けておいてこう言うのも何だが、安い輸入盤はLP用の音源でそのままCDを焼いているものがあるので要注意。

 エルトンジョンの場合演奏がどうこうと言うより、録音技術の問題のように思う。オリジナルの音源が、LPで聞いたときに最高の音になるように、高度な録音・ミキシング技術が用いられていたと言うことだろう。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 中学時代、これもレコード屋でジャケットのデザインに引かれて買ったもの。

 二枚組みで当時確か3600円して、中学生にはかなり高かったはずだが、お年玉ででも買ったのか?

 

 趣味の悪いハイヒールを履いた不細工な男が黄色いレンガの道に踏み出そうとしている。タイトル通りの何のヒネリもない絵だが、ジャケットの中を開くとパステルカラーの繊細な世界が眼に飛び込む。


 エルトンジョンといえば、ホモだとか、ダイアナ妃の葬儀で鎮魂歌を歌ったことぐらいしか日本で知られていないが、欧米ではビートルズ、ローリングストーンズと並ぶ位の大スターだ。

 欧米ではすっごく有名なのに、日本ではそれほどでもないという例は、サ・フー とこのエルトンジョンぐらいか。フーなんてビートルズと同じ位の頻度でFMで曲がかかっているのにね。


 ダイアナ妃と言えば、あの日、彼女のために涙を堪えて歌った鎮魂歌の原曲、Candle in the Windもこのアルバムに入っています。もともとはマリリンモンローを偲んだ歌で、当時この曲を原曲とすることに英国王室が難色を示したというエピゾートが伝えられました。

 葬送曲からバラード、アップテンポのロック、レゲーまで、飽きることがありません。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 このアルバムを買ったのは高校生の時、レコード屋であてもなくレコードを見ていて、このジャケットに引かれて買ってしまった。

 一曲めのイントロのギターのアルペジオの美しさにすっかり参ってしまい、以来一時期はギターバンドばかり聴いていた。

 今でもギターのうまいバンドが好きだ。


 CDになって、このバンドがアメリカに渡って失敗作ばかり出していた頃の曲が一番最後に一曲ボーナスで入っている。

 ただうるさいだけの曲で、アルバムの雰囲気を見事にぶち壊している。

 もしこのCDをiPodにダウンロードするなら、最後のこの曲は削除することをお勧めする。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Rage in Eden/Ultravox
¥983
Amazon.co.jp

 もう30年以上前、カナダの田舎町でウルトラヴォックスのコンサートに行かないかと友達から誘われたのだが、その時は名前さえも知らず、断ってしまった。

 後日、すっごく良かったとその友達が興奮してコンサートの様子を話すので、そんなに良いのかと半信半疑で買ったのがこれ。当時はLPでした。

 なぜかジャケットのデザインがオリジナルとは違っていますが、中身はお勧め。

 TSUTAYAやHMVを捜しても見つからなかったのに、アマゾンであっさり購入。

 アマゾン恐るべし。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


chabo


 大御所にチャボと言うのも失礼なようだが、この人の場合このチャボという呼び名がいまだにピッタリくる。

 

 いわずと知れたRCサクセションのメンバー。今でも忌野清志郎とは音楽的に密接な関係にあるようだ。


 先日清志郎の記事を書いたので、チャボも書こうと思っていたら、『仲井戸麗市が機材盗難被害 』というニュースが・・・。


 横浜の駐車場に停めてあったハイエースごと盗まれたそうで、全く気の毒なのだが、犯人の目的は多分ギターなどの機材ではなく、クルマ。

 ハイエースは今一番盗難の多い車種なのだ。


 犯人は西アジアか東南アジアに密輸出する目的で”ハイエース”を盗んだのだろう。ところが中にはぎっちりギターだの、何に使うのか判らない機械が詰め込まれている。

 日本でこの荷物を処分するなら、売ることはしないだろう。クルマ目当ての窃盗犯にとって、古いギターや機材は全く価値の無いもの、山の中や河川敷などの人目に付かないところに捨てるか、それも面倒くさいと思ったら、車ごと密輸先に運んで、その国で売るなり捨てるなりして処分する。


 チャボや関係者は必死になって機材を捜しているだろうが、捜すならまずハイエースを捜した方がいいと思う。

 関東近郊のスクラップ置き場、貨物船がやっと入れるくらいの小さな港。あるいは場違いなところにある大型のコンテナ。

  何も出来なのがもどかしいが、早くハイエースごと見つかるように心から祈る!



チャボのオフィシャルサイト 被害にあった機材やハイエースの写真も載っています

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

imawano


 忌野清志郎の声を初めて聞いたのは高校生の時。

 当時フォークグループだったRCサクセションのリードボーカルの清志郎の声がラジオから聞こえてきた。

 

 大学に入ると、今度はそのRCサクセションがパンクバンドになったというので、半信半疑で日比谷の屋音にコンサートを見に行くと、そこにはビリビリに破いた服を着た清志郎がいて、あまりの変貌振りに頭の中が真っ白になった。

 しかし思えば『変身』の前に、発売→すぐに廃盤→ファンの署名活動で限定再発売(後にメジャー発売)という数奇な運命を歩んだ名盤、『シングルマン』にはすでにその変身ぶりの片鱗があちこちにちりばめられていた。

 恥ずかしながら当時軽音楽のサークルに入っていたのだが、そのサークルの中での一番の人気バンドはRCサクセションだった。ほとんどテレビに出ていなかったもの関らず。


 屋音、渋谷公会堂、日本青年館と初期のロックバンド・RCサクセションのコンサートを何回見たことか。

 一番奇妙だったのが当時銀座にあった東芝のショールームでのライブ。

 西銀座デパートの、今はHMVがあるあたりに東芝のショールームがあり、ミニライブが出来るステージがあって、その前には客席ならぬミキサーがずらりと並び、予約をした人がそのミキサーで自分でライブのミキシング・録音をしてテープを持って帰れるという仕組みだった。

 そりゃー異様でしたよ。

 『ヨーコソーぉおー!』なんて叫んでいる清志郎の前にはエレクトーンみたいなミキサーの前に座ってヘッドフォンをつけたおたくっぽい若者がずらり。ノリもなにもあったもんじゃない。しかも西銀座デパートの構造上、通路との境も無く、丸見えで音も筒抜け。


 就職してコンサートに行くことも極端に少なくなったが、幸か不幸かこのころからRCサクセションは奇跡のように売れ始め、テレビの歌番組でバックダンサーの女の子を羽交い絞めにしたり、ガムを吐き出したりして、エンターテーナーとしての真面目さを遺憾なく発揮するのだ。


 野音でRCを見たのがもう20年も前とはとても信じられない。スリムな清志郎は下唇の下のちょび髭以外、当時と全く変わっておらず、その感を一層強くさせる。


 忌野清志郎が癌に侵されたと聞いたのはいつのことだっただろう。

 喉頭癌。

 手術をしなければなるまい。当然歌は歌えなくなる。

 しかし、才能のある人なので、今後はプロデューサーや作曲家として活躍してくれればと思った。


 忘れられないシーンがある。

 忌野清志郎が初めて『笑っていいとも』の『テレフォンショッキング』に出たときのことだ。

 スタジオから紹介者(誰だったか忘れた)が電話をするのだが、何度電話をしても、『うるさい』『寝てるんだよ』とすぐに電話を切ってしまう。最後には『後でまた電話してくれよ』でタイムアウト。

 翌日、番組に出演した清志郎は『午前中に起きたことはほとんど無い』という意味のことを言っており、それを聞いた時、ジミ・ヘンドリックスやジャニス・ジョプリンの姿が頭に浮かんだ。


 何年かが過ぎ、また清志郎がテレビに出ていた。

 なんとレーサータイプの自転車に乗っている。

 何という変貌ぶり!フォークからロックに変節(笑)したときより激しい変化ではないか!

 一日に何十キロも自転車で走るだって・・・・、何が彼を変えたのか?家庭を持ったこと、子供が生まれたことが世界で一番健康的なロックミュージシャンに彼を変えたのか?(ロッククライミングが趣味のデヴィット・リー・ロスとどっちが健康的か?)


 そして癌。

 せっかく健康的な体になったのに、何ということだろうか。しかし、声を失っても、生きていればこそ。なんとか生き延びてほしい・・・・、と思うのは浅はかな凡人だけらしい。

 彼は手術で癌細胞を取り除くのではなく、温存、つまり癌細胞とうまく付き合い、ともに生きる方法を選んだ。


 そして復活。

 二年間の闘病生活の後の復活ライブ。

 残念ながら武道館のライブには行けなかったが、NHKのスタジオライブを見て涙が止まらなかった。

 20年前の清志郎がいる。20年前に僕がいた屋音の空気がそこにある。


忌野清志郎がビッグイベントの開会式で君が代を歌っている夢を見た。

正夢にはなるまいが。


忌野清志郎のオフィシャルサイト”地味変”



シングル・マン/RCサクセション
¥1,899
Amazon.co.jp


ラプソディー/RCサクセション
¥1,899
Amazon.co.jp


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 キャノンのEOS KISSというカメラは、ファミリー・ユースの普及型一眼レフとして、量販店などで手ごろな値段で売られている。
 このEOS KISSがデジタル化を機にロック・グループのKISSとCMでコラボレーションを実現!
 といっても画像を見てのとおり、実際のKISSのメンバーではなくKISSのメークをした子供達が登場、しかしKISSのロゴや曲を効果的に使いつつ、しかもファミリー向けという商品の特徴を強烈に印象付ける、最近まれに見る秀逸なCMである。
 ああ、KISS・・・メンバーが老け込む前に一度見たかったなー。
 やっぱりKISSとチープトリックはライブが一番!
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。