スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:
 松本楼にカレーを食べに行った。

 "たいめいけん"のカレーについてAJPさんとブログでのやり取りが落ち着いた頃、たまたま仕事で日比谷公園の近くに行く機会があり、「そういえば松本楼のカレーをずいぶん食べていない」ことに気が付いた。なかなか忙しくていけなかったのだが、月末にも関わらず、このブログのために決行。
 日比谷公園の木立の中の閑静な建物。一階がカジュアルなグリル、上の階がレストランという造りは”たいめいけん"と同じである。
 場所柄もあってか、”たいめいけん”よりちょっと気取った雰囲気である。"たいめいけん"が「いまカレーが出来たからさ、食べてきなよ。ウチのカレーは美味いよー。」と言う感じなら、松本楼は「今丁度カレーができました。良かったら食べていきませんか。」という感じ。
 このレストラン、10円カレーで有名である。今から35年ほど前、過激派の学生の火炎瓶によって炎上し、その後再建した松本楼は、その感謝の気持ちとして毎年一日だけカレーを10円で提供する。テレビなどでもよくとりあげられるので、ご覧になった方も多いかと思う。
 ここのカレーはビーフ。"たいめいけん"よりもだいぶ褐色が強い。一口口にすると、辛さはかなり控えめで、小麦を使ったことをあえて主張するようなトロッとした食感。個性が強い香辛料は感じない。
 ビーフカレーと言っても735円という値段ではステーキ肉のような高級な肉は望むべくも無い。ルーの中に転がる大き目の肉は筋がべっとりと付いている。しかし、アクを取りながら丁寧に煮込まれているらしく、非常に柔らかくしつこさが全くない。さすがとしか言いようの無い仕事である。
 充分満足をして外に出ると、入り口に並ぶ列の最後に元ブラックエンペラー総長、俳優の宇梶剛士が一人で並んでいた。でかい・・・
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。