今朝のスワンリバー

雲が多いながらも晴天。無風。

 

湿度が高いせいなのか、遠景が霞んでいる。

 

 走る人走る人走る人走る人

 

先日、いつものように人様のブログを読み漁っていて、気になる記事を発見した。

 

書いていらっしゃるのは、ニュージーランド在住の「コッパゲオヤジ」さん。

 

コッパゲさん(勝手に省略してすみません土下座)のブログにお邪魔するたびに、PCの前で大笑い ゲラゲラしたり、ニヤリニヤとしたりしているのだが、この記事を読んだ後は、離れて暮らす息子たちのことを思わずにいられなかった。うーん

 

なぜなら、昨年の初夏から今年9月の日本に帰国した時まで、私と息子たちの間で交わされた会話の多くの部分を占める話題だったから。

 

 

これ(上記のリブログ記事)を読んだら、去年の夏休み前、当時大学4年(大学院進学希望 ニコニコ)と大学3年(できれば4年で卒業希望 ニコニコ)の愚息たち相手に、彼らの「就活」に対する姿勢を問いただしてみた時の記憶が鮮明に蘇った。

 

 ・・・・・・・・

 

真顔「一時期と比べると、大卒の求人倍率は上がってきているようだけれど、10社以上から内定もらっている人もいれば(マナー違反のような気もするが・・・えー?)、100社近くエントリーシートを送ってすべて玉砕する人もいる(都市伝説?うーん)とか言うじゃん?

だから、君たち、そろそろなんらかのアクションを起こした方が良いのではないかね?

特に ニコ は、この夏休み企業にインターンに行ったらどうだろうか?」

 

びっくり「え〜、そんな必要ないんじゃね?」

 

えー「そうそう、インターンてバイトと違ってタダ働きでしょ?何が悲しくて夏休みに採用してくれるかどうかもわかんない会社に無料奉仕せんといかんの?」

 

ぶー「だってさぁ、どんな会社が自分に合うかなんて入ってみるまでわかんないじゃん。そういう意味で、インターンて「敵(じゃなくて就職先)を知る」ためのいい機会じゃないの?」

 

キョロキョロ「・・・(鼻ホジホジ)・・・」(やる気0)

 

ムキーッ「態度悪っっ!来年夏「お祈りメール」ばっかもらって泣いても知らんからねっっっっ!!!!」

  (1年後に後悔するとも知らず、不吉な「言霊」を吐き捨てる母・・・・笑い泣き

 

 ・・・・・・・

 

コッパゲオヤジさんのブログを見ると、あの時 ニヤリが言ったことは、まんざら的外れではなかった模様?

 

でも、おかげで「あの企業は近づいたらいかんやつや!」と確認できたとも言える?

 

インターンするにせよしないにせよ、要はその功罪を理解した上で「自分がその体験から何か少しでも得るところがあればよしとすべし。」ということなのか?うーん

 

まあ、彼らの人生なんだから、親としては見守るしかできないのだけれど。

(嘘・・・余計なお世話の助言しまくり・・・)

 

 ・・・・・・・・

 

ともあれ、上記の回想から1年経った今年の夏、母の「呪いの言葉 ニヤ」のせいか、髪の毛が薄くなり ガーン ストレス太りしていくもぐもぐ を横目で見ながら、ガーン (大学院1年)は、せっせと企業インターンに通いましたとさ。ぼけーやれやれ

 

来年夏には、インターンが就活に与える影響を検証できることだろう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パース情報へ
にほんブログ村

  上矢印

是非こちらもポチッとお願いします。

  下矢印


パースランキング