今日は不育症検査に行ってきました。


受付で番号札を渡されて、看護師さんとの面談、先生との面談・経膣エコー、採血という流れでした。



〜看護師さんとの面談


受付で今までの検査結果を渡していたので、それを見ながら、これまでの妊娠と妊娠の経過について聞かれました。


36w5dでの分娩でしたが、2102g33w相当で小さめとのことでした。


今日の流れを説明されて、一旦終了。


病院が違うせいか、1か月検診よりは泣かずに済みました。




〜先生との面談・エコー


紹介状と今までの検査結果から使えるところを抜粋していました。


面談した看護師さんが先生の隣に立っていて、情報を捕捉してくれていたので、特にしゃべることもなかったので、まじまじと噂のネクタイ見てました。


ネクタイは朝顔、ひまわり、ビール、風鈴とか夏らしい柄でした。


んん?と1回言われましたが、私の血液検査ではなく臍帯血の結果だったそうで、今までの結果からは特にコメントはありませんでした。



でも、「小さめだねー。何か原因があって、繰り返すかもしれないから全部検査しましょう。」と言われました。


分娩した病院では特別な所見なしって言われてたのに

いや、でも原因が分かるかもしれないってことだもんね!いいこと!


と、心の中で葛藤してました。



その後にエコーです。


「力向いててねー」以外は無言。


説明がなかったので、よく分かりませんでしたが波波を何回か取っていたり、赤と青の色が付いてたりして、高性能なんだろうなと思いながら見ていました。


最後にもう1回面談。


子宮の形は問題なしと言われ、検査結果説明の予約を取りました。




〜採血


あ、さっきので先生と会えるの終わりだったのか!気になること少しでも話せばよかったと思い、採血されながら看護師さんにいくつか質問しました。


分かったことは2つ。


・妊娠は治療方針が決まるまで待つのがおすすめ

(私の場合、何か問題がある可能性が高そうだから)


・検査結果次第では、分娩病院は選べない

(NICUがある大学病院とか)




採血が終わり、お会計で終了でした。


受付から会計まで1時間もかかりませんでした。病院革命。画期的。




要するに検査結果が出ないことにはなんともなーという状態になりました。


そりゃそうか、そうなんだけどねなんか少し拍子抜けました。


検査結果は3週間後、早く来い!待ち遠しい!