帰ってきた!!女☆魁どアホゥ日記

2018年


3.11大久保水族館(S.A.S.F)


3.18目黒LIVE STATION(SeRafiL)


4.28蕨PINK CADILLAC(生カラオケバンド)


5.19蕨PINK CADILLAC(生カラオケバンド)


6.30蕨PINK CADILLAC(生カラオケバンド)


7.8目黒LIVE STATION(SeRafiL)


7.21蕨PINK CADILLAC(生カラオケバンド)


8.3蕨PINK CADILLAC(生カラオケバンド)


9.22渋谷La.mama(S.A.S.F)


10.8吉祥寺シルバーエレファント(SeRafiL)


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

チビ子がかわいい

土曜日はチビ子のダンスレッスンに行く日。
 
レッスンの帰り、チビ子とランチして買い出しをしてから家に帰るのが、最近のルーティーン。
 
チビ子リクエストのオムライスを食べに。
 
※肝心なオムライス自体の写真を撮るの忘れました
 
チビ子がオムライスとたこさんウインナーを嬉しそうに食べていて可愛かった。
 
帰りに寄ったスーパーで、焼きチワワ買って(焼きチクワの事だった)と言ってきたのが可愛いかった。
 
行き帰りの電車で、ずっとわたしに抱きついていたのが可愛いかった。
 
チビ子が大好き。
 
子供嫌いだったのに、子供を産んでから、すっかり変わってしまった。
本当にびっくりだ。
 
でも、生意気なガキと、公共の場で騒いだり、土足で電車の椅子に乗るような子供と、注意しないそのバカ親は嫌い。
 
つまり、まとめると、チビ子が大好き。
 
また2人で旅に出よう。
 
 
 
 

資格ノイローゼ

1つ前の記事で書いたWebデザイン技能検定2級。 

合否が出るまでに、1ヶ月あったので、実は、その間、もう一つ試験を受けていて。
 
Webリテラシーという資格。
 
これは、即日合否がわかるもので結果は。
 
合格。
 
前にこんな本を買っていた。
 
この本に書かれている勉強法は、教科書やテキストを、ある方法で7回読みこむというもの。
まとめノートなども作らない。
ただ読むだけ。
 
今回、この勉強法を、Webリテラシーの勉強で実践してみた。
 
この試験は、難易度が低めだったという事もあり、わたしが実際にテキストを読んだのは2回。
 
でも、いつもよりは、テキストの内容が頭に入った気がした。
 
今度、もっと難しい本で試してみよう。
 
 
 
 
ところで、どうして、最近のわたしが、こんなに短期間で資格を色々取っていたのかと言うと。
 
うちの会社の規則で、入社後1年半以内に、会社が認定する数々の資格の中から、3〜4つ(資格の種類による)を取らないと減給。
取った場合は手当が付く。
というのがある。
 
 
つまり、全ては手当の為。
 
 
1年半も資格の事を考え続けるのは面倒なので、早く片付けたくて、短期集中した。
 
結果的に
 
5月6月の2ヶ月間で取ったのは
 
①グーグルアナリティクス個人認定資格
 
②Webデザイン技能検定2級
 
③Webリテラシー
 
の3つ。
もともと『Webクリエイター能力認定試験エキスパート』を持っていたので、これで全部で4つ。
 
ノルマ達成となった。
 
フルタイムで働いて、子育てして、資格3つ取るのは、時間的に結構大変だったので、自分なりに色々工夫が必要だった。
 
それは次の記事で。

試験の結果

先月受けたWebデザイン技能検定2級。

→その事について書いた記事はこれ

 

学科に関しては、手ごたえがなく、受かった気が全くしていなかった。

 

この資格、試験から発表まで1ヵ月もあり、落ちた場合は、また半年後とかに再受験しなければならない。

 

だから、勉強した内容を、試験が終わったからと言って頭の中から葬ってしまう事もできず、毎日、頭の中に留めておかなければいけなかったので、それがとてもとても、もどかしかった。

 

そして一か月経ち。

 

まさかの。

受かっちゃったの。

一発で。

超ギリギリ。

 

受験料も安くないし、何しろ半年後に再試験とか、ほんとにめんどくさいから、受かって良かった。

 

image

 

ところで、試験前、過去にこの試験を受けた人のブログをいくつか見てみたんだけど、

当日の試験会場の様子とか、その日食べたランチの事とかなど...

役に立つ情報が得られなくて困った。

 

なので、これから受験をする人の為に。

今度、勉強方法や試験内容についてなどを整理してまとめて書こうと思う。

母親が笑っていると子供は嬉しい

子供の頃、わたしの母親はあまり笑っていなかった。

機嫌が悪い事が多くて、それに対して、わたしは凄く悲しい気持ちになったものだ。

逆に、たまに母親が笑っていると、とても嬉しかった。

そして、両親の曲がった愛情からなのか、「かわいい」と言って貰った記憶がない。

自分の容姿や能力を、いつも貶されてばかりだった。

当時は、それはそれは凄く悲しかった。

だから、反面教師なのかも、わたしはチビ子に毎日、何十回も「可愛いね」と「大好き」を言う。

しつけは厳しくしてるつもりだけど、それ以外は、可愛い、大好きを連発する。

ところで、小さい子供がいながら、働いているママの平日の朝は戦争だと思う。

とにかく時間との戦い。

毎朝、何かしら子供が無茶振りをしてくる。

今朝もあと15分で家を出なきゃとバッタバタの時。

チビ子が泣きそうな声でわたしに言った。

「ママ、、あのね、ウンチしちゃったの」

「どこに?」

「パンツのなか」

わたしに怒られるのかと思って泣きそうな顔をしていた。

明け方クーラーを強めにしたから、お腹がくだってしまったみたいで。

わたしのせいだガーン

チビ子がはいていたパンツを捨てて、風呂場で
お尻を洗いながら、

「朝からウンチたくさん漏らして可愛いね。あんた可愛い事してくれるわね」

わりと無意識に、口から出た言葉だった。

でも、「何やってんの‼︎ムキー」と怒るよりも、自分的にも凄く穏やかな精神状態でいられた事に気がついた。

最近、自分的に余裕がないと思ったけど、まだわたしは大丈夫‼︎

と思えた朝だった。

わたしが悲しい顔をすると、チビ子が傷つくから、なるべくチビ子の前では笑っていよう。

買ってよかった専門書系

ここのところ忙しくて、 あまり小説は読めていない。
でも、専門書系は読み漁っている。

普段、デザイナー仕事以外に、ライター仕事を貰って、書いたりしているんだけど、ここで、一度自分の知識の整理をしようと思って、Webライティングの本を買ってみた。

紙媒体に載せる文章と、Web媒体に載せる文章は、そもそも書き方のルールが違う。

そこら辺の意識が曖昧で、何となく書いてきてしまっていたところもあったので、ここらで一度足元固めに。

ていう事でこれ。


分厚い本だけど、ちょっと漫画っぽくストーリーになっていたので、すぐに読めてしまった。

『沈黙のWebライティング』松尾茂起 著

この本は2000円だけど、(普通に考えれば少し高め)わたしは10000円出してもいい内容だったと思った。

ライティングを勉強したい人にはおススメです。

因みにあずさブログは、一筆書きで、めっちゃいい加減に書いてます。

ただの日記帳だしね。

そもそも、わたしのブログでは敬体と常体が混在してしまっているので。

それはわかっているけど、その方が、ニュアンスが伝えやすいしね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>